≫ EDIT

只今、成長期真っ盛り!

この時期のレッドロビンは成長が驚くほどに凄まじい。容赦なく上に伸び横に伸び、2週間も放っておくと、それはもう大変なことになっている。つい先日剪定したばかりだと油断していると、剪定前にも増してヤバイ状況に。ロビンは手をかければかける程、必ずしや世話人の期待に応えてくれる。異常なまでに単純明快なこの植物は、理想の形に仕上げることは実に容易い。余所のロビンを見ていると、羨ましい程立派なものもあれば、可愛そうなくらい葉の付いていないものもある。この盛りの時期に真っ赤な新芽を付けているか否かは、春先の農薬散布に尽きる。この土地に越してきて、ロビンを植えて間もなく6年。最初の頃こそ僕も病気のことなどいざ知らず、周りの立派なロビンを見かけては嫉妬ばかりしていた。しかし一度失敗を味わってからは、僕も少なからず樹木の病気について学び、今では春先になるとトップジンとベンレ-トを半月ごと交互に、2ロ-テンション程散布している。レッドロビンに褐斑病はつきものだが、対策としては手間をかけるしかない。町で細々としたロビンを見かけると同じオ-ナ-として悲しくなり、手入れの無さを想像してしまう。
DSC04682_convert_20180528205345.jpg
発育旺盛な我が家のレッドロビン

ロビンはゴミ(剪定後の枝木、落葉)の量がハンパではなく、その処理にいつも困っている。畑や庭の雑草や台所で出る生ゴミは畑の一画で腐らして土に返しているが、さすがに枝木までは枯れないだろうし、結局は細かくして可燃物に出すしかない。燃やせれば楽だが、住宅地では消防署に通報されるのが関の山だ。落葉拾いは特に深刻な問題で、まともに一人で拾っていたものなら、毎週の休日はそれだけで終わってしまう。生育が著しい為、ご近所さんにも気を遣う。もし今後、新たに垣根を作りたいと考えている人がいたとすれば、住宅地でのレッドロビンは僕はあまり勧めない。赤芽はとても美しく、垣根としての役目は満点だが、剪定と落葉拾いには相当な覚悟が必要である。この先梅雨を迎え、夏を過ぎた頃にはきっとロビンとの押し問答も一段落ついているだろう。もしロビンを人間に例えるならば、『成長期真っ盛りの腕白坊主』といったところだろうか。頑丈で逞しく、成長を見守るのは本当に楽しいが、常に心配を抱え冷や冷やし、目を離すと何をするか分からない。だけど、それだから愛着が湧き、人間と植物以上の関係が成り立っている。
DSC04680_convert_20180528205311.jpg
どれだけ伐っても追いつかない
DSC04681_convert_20180528205332.jpg
落葉拾いも大変  ※珍しく妻が手伝ってくれた
DSC04687_convert_20180528205356.jpg
花が咲いた
DSC04690_convert_20180528205412.jpg
家庭菜園
DSC04697_convert_20180528205425.jpg
水路で遊ぶ下2人(第6子と7子)
DSC04706_convert_20180528205439.jpg
子供の落葉拾いは半強制

| レッドロビン | 09:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

再びシャトレーゼ白州工場

4月の富士五湖から始まったウルトラ3連戦。富士五湖での借りを返す為、この日再び甲州へと向った。2戦目の舞台は、国内屈指のハ-ドさを誇る野辺山。その大会場へと向う前に先ず僕が目指したのが、シャトレーゼ白州工場。先月初めて訪れ、すっかりファンになってしまった。そんな超穴場的な夢のアイス工場は、今日も大勢の欲張りさんで賑わっていた。前回はアイス5種を計8本食べた。それが要因となったのか、翌日の大会では胃の調子が優れず補給が疎かになり、中盤以降大失速し敢え無く撃沈。そんなこともあり今回はあまり食べ過ぎないよう心掛けていた。試食会場に入ると、アイスケ-スの配置が変わっていたことに気付かず、種類が増えたのかと喜んでしまった。しかし実際に種類は1ヶ月前と同じ5種類で、コ-ンポタ-ジュモナカとソ-ダバ-が入れ替わっただけだった。それでもどれも美味しく、その全てが無料だなんて相変らず申し訳ない。
DSC04631_convert_20180524162756.jpg
再び夢の舞台へ

先ずはチョコバッキ-から・・とかぶりついたが、これが失敗だった。あまりにも美味し過ぎて、僕の思考回路が一瞬で飛んでしまった。バニラとカリカリチョコの絶妙なハ-モニ-に脱帽し、どうしても次も次も食べたくなってしまい気付くとチョコバッキ-だけで結局4本も食べていた。牛乳バ-のお代わりを諦めて数合わせしたつもりだったが、あまり調整にもなっていない。結局前回の計8本を上回る、計9本も食べてしまい猛烈に反省。この場での自制はかなり難しい。本当は後2、3本チョコバッキ-を食べたかったけど、さすがに明日が心配なのでそれだけは止めておいた。今度は是非とも妻や子供らを連れて来たいと思うが、片道4時間かけて来るくらいなら、高山のシャトレーゼで死ぬ程食べた方が明らかに安上がりと言う話もある。
DSC04651_convert_20180524163023.jpg
先ずはチョコバッキ-から
DSC04633_convert_20180524162849.jpg
チョコが堪らなく美味い  ※調子に乗って4本食べてしまった
DSC04635_convert_20180524162907.jpg
しぼりたて牛乳バ-
DSC04650_convert_20180524163012.jpg
十勝あずき
DSC04640_convert_20180524162935.jpg
製造者 シャトレ-ゼ白州工場
DSC04641_convert_20180524162945.jpg
温州みかんバ-
DSC04649_convert_20180524163003.jpg
アイスキャンディ- ソ-ダ  ※1本当たり22円

≫ Read More

| 2018 | 17:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

料亭にも勝ると痛感した山菜尽くし

DSC04516_convert_20180518191535.jpg
家なら勿論食べ放題  ※5/8の夕食

最近やたら山菜が目に付き、その気もないのに採ってばかりいる。僕が採った山菜は、毎度実家で母が調理してくれ、皆で有り難く頂いている。自然の恵みに感謝して、自然の食材に毎回感銘を受けている。そしてこんなにも美味しい料理が、当たり前のように食べられることを心の底から幸せだと感じている。先日、僕の所属する土地家屋調査士会の支部総会が町一番の老舗料亭で行われた。おそらく出された宴会料理は、店が有名店だけにかなり値の張るものと容易に察しが付く。ところが目の前に並んだ御品書きの品々は、どれも僕には馴染みの料理ばかりだった。ホタルイカや春の山菜、それに笹の子など。飛騨牛と刺身以外、普段僕が食べているものと何ら変わりはなかった。食材が食材なだけに当然美味しいに決まっているが、新鮮味や感動はない。当然量は少なく(ホタルイカで言えば1匹か2匹。家なら100匹でも200匹でも好きなだけ)、春を経験的に味わう程度。味に差はないし、料亭では好きなだけ食べられない分、軍配は自ずと母の方に挙がった。しかしこれは、季節の旬の食材を使った紛れもない高級料理。普段食べている我が家の山菜料理が如何に贅沢なものか・・。嫌と言うほどそれを痛感した、料亭での宴会であった。
DSC04519_convert_20180518175438.jpg
炊き込みご飯  ※淡竹、ワラビ、しめじ
DSC04553_convert_20180518175450.jpg
味噌汁  ※ワラビ、なめこ
DSC04550_convert_20180518182344.jpg
ワラビと淡竹の煮付け
DSC04544_convert_20180518175607.jpg
ゼンマイの煮付け
DSC04546_convert_20180518180454.jpg
ワラビのたたき
DSC04543_convert_20180518175619.jpg
淡竹のハンバ-グ
DSC04541_convert_20180518180359.jpg
天婦羅盛り合わせ  ※上からリョウブ、ワラビ、タラノメ、コシアブラ、ハリギリ
DSC04545_convert_20180518180027.jpg
タラノメのバタ-炒め
DSC04542_convert_20180518175744.jpg
ワラビのお浸し
DSC04539_convert_20180518180345.jpg
リョウブの白和え
DSC04552_convert_20180518191524.jpg
折り菜のお浸し

| 料理 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

笹の子山でコシアブラ

年に一度は笹の子(ネマガリダケ)も採っておきたい。知人へ配る分も確保する為、平日の昼休みに急遽事務所を抜け出した。さすがに笹山ともなれば、移動に時間がかかる。車で約30分山道を上り、ここ数年通っている山に到着した。今日は平日なので、見かけるのは軽トラに乗った地元の爺様くらい。まだ時期が早いのか、果たして採られた後なのか、笹の子の姿はほとんど目に入らなかった。汗が滝のように流れ落ち、Tシャツ姿の二の腕はいつしか傷だらけ。今年はズボンが破れなかっただけマシだが、正に総合格闘技の如く、滑っては転び、斜面を流され、行く手を藪に阻まれ、全身を容赦なく痛みつけられた。その気になって何時間でも居れば確実に収穫は見込めるが、あの凄まじい戦場で闘う気力は既に持ち合わせていない。他の山菜だったら、あるだけ採って帰るのがいつものことだが、笹の子だけは全部取り尽くす前にこちらからギブアップしてしまう。
DSC04558_convert_20180518123042.jpg
あった、あった

トボトボと車に戻り、ふと辺りを見回したらコシアブラが目に付いた。さすがは標高が高いだけはあり、この山のコシアブラは丁度今が旬のようだ。何度か車で場所を変え、コシアブラやリョウブを沢山採った。高級食材のコシアブラは、道の駅に行けば大概1パック500円程で売られている。林道沿いにこれだけあるのに、何故誰も採らないのか不思議だった。僕がまだタカノツメを判別出来ていないように、意外とコシアブラを分かる人は少ない。今回のお配り分はコシアブラに変更し、袋一杯採れたところでいざ下山。車で走っていてもコシアブラだけは瞬時に見つけることが出来る僕の目は、完全にコシアブラ仕様なのだろう。笹の子採りでコシアブラ・・。今日はどっちがメインだったのだろうか。
DSC04559_convert_20180518123053.jpg
天を貫くコシアブラ
DSC04561_convert_20180518123106.jpg
リョウブ
DSC04567_convert_20180518123124.jpg
笹の子少々と大量のコシアブラ  ※どっちがメイン?
DSC04569_convert_20180518123134.jpg
山の住人
DSC04572_convert_20180518123146.jpg
本日(5/16)の収穫分  ※移動含め3時間20分
DSC04579_convert_20180518123226.jpg
笹の子は美味しいんだけど大変
DSC04575_convert_20180518123205.jpg
丁度食べ頃のコシアブラ

≫ Read More

| 笹の子 | 14:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

竹の子のシ-ズンは淡竹から

今年も竹の子のシ-ズンがやって来た。
3月のホタルイカから始まって山菜、竹の子と僕もそれなりに忙しい。
先ずは簡単な淡竹(ハチク)から・・

DSC04344_convert_20180430172337.jpg
4/30収獲分
DSC04343_convert_20180430172327.jpg
不味そうで美味い

まだほとんど出たばかりだったが、この時期としてはまずまずの収獲だろう。
淡竹は成長が尋常でない程早いので、これからは頻繁にチェックが必要となる。
この日は嶺花が大変な皮剥き作業を手伝ってくれた。

DSC04401_convert_20180507213748.jpg
5/3収穫分

淡竹は採るのが超簡単でストレスゼロ。
ケガや遭難の心配はないし、自己主張が強過ぎるので、こちらから探す必要もない。
正に、竹の子界のダ-クホ-ス的存在。

DSC04511_convert_20180507213459.jpg
5/7収穫分

ただ、ある日母が言った。
『お願いやで、もう採らないで・・』
それが母の偽りのない本音で、竹の子全般に共通して言える悲しい性(さが)。
採る側以上に調理する側の手間が相当な度合いでかかってくる。

DSC04555_convert_20180518123347.jpg
5/12収穫分

だけど、僕もあえて言い返した。
笹の子に比べたら淡竹は楽勝やで、お願いやであと一回だけ採らして!
そしてこの日の収穫を最後に、今年の僕の淡竹は終わった。


笹の子編に続く・・

≫ Read More

| 淡竹 | 17:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT