FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

雪の燕岳(2)~神々の山嶺へ


・・前回の続き


いよいよこれから、燕(つばくろ)の山頂を目指す。風は吹き荒れているが、完全防寒で、寒さは全く感じない。夏はコマクサの可憐な花が咲き乱れるこのトラバ-ス道も、今は雪の斜面と化している。所々雪が深く積もり、腰まで落ちるような箇所もあった。ナナは歩きに難儀し、ペ-スは一向に上がらない。前後を歩く登山者はほぼ皆無。中々厳しいトレイルに若干弱気になったが、ここまで来て引き下がる訳にはいかない。天気さえ良ければ何の不安もないのだが、この悪天が気に追い打ちをかけている。
042_convert_20151105204250.jpg
いざ山頂を目指す
043_convert_20151105204302.jpg
雪が深い
046_convert_20151105204314.jpg
山頂か

見たこともない景色に何度も手袋を外し、僕は撮影に忙しい。おかげで手が冷たい。先に進んでもらっているナナを余所に、僕は一人興奮の真っ只中。何気ない燕の街道が、こんな風に化けるなんて。黒い空、白い雪、切れ立った岩々、轟々と唸る風・・。これらがここを異次元の世界へと変えている。何だか凄いぞ・・。それ以外言葉が出てこない。冬の山を知らない僕にとっては、とても神懸り的な光景に映っていた。勿論エベレストには登ったことがないが、8000m級の空も黒いと何かで見たことがある。標高こそ違えど、まさにそこにいる感覚になった。
050_convert_20151105204531.jpg
何だか凄いぞ
051_convert_20151105204557.jpg
黙々と進むナナ

[広告] VPS


055_convert_20151105204620.jpg
イルカ岩
057_convert_20151105204646.jpg
先に行け
058_convert_20151105204714.jpg
何処だここは
059_convert_20151105204837.jpg
振り返ると青空が
062_convert_20151105204946.jpg
暗黒の空

そして、ついに燕の懐に入った。最後の登りが始まる。深い雪に何度か沈みつつも、岩場を回り込み最高部に踊り出た。ここが山頂、燕岳(つばくろだけ)。何気ない山が、雪と空によって最高の舞台となった。お疲れナナ、よく頑張ったな。この先、北燕岳、東沢岳の方へと縦走するつもりでいたが、ここまでの道を考えるとそれは無謀だと諦めた。ここは来た道を戻るのが無難だろう。山頂は寒く、あまり呑気に休んでいられる状況ではないが、少しだけ余韻に浸りたい。こんな景色、中々見れたもんじゃないからな。
067_convert_20151105205340.jpg
登りにかかる
068_convert_20151105205005.jpg
最後だ
069_convert_20151105205355.jpg
お疲れさん
079_convert_20151105205409.jpg
燕岳頂上(2763m)


つづく・・

| '15山行記録 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雪の燕岳(1)~健脚ナナ、急登に泣く

晩秋笠ヶ岳の前哨戦(・・結局雪で行けそうにない)として、娘ナナと燕岳に向かった。燕岳(又は焼岳)は我が子の初登山の対象となる山で、非常にイ-ジ-な印象が僕の中で根付いている。その為、来年年少になる大志に是非とも日帰りを挑戦させたいとずっと思っていた。年長で常念岳を日帰りした健脚のナナには明らかに物足りないとは思ったが、東沢岳も含めることでヨシとした。しかし、考えが少し甘かった。さすがは合戦尾根、北ア三大急登(異論あり)と呼ばれるだけのことはある。大人からすれば別に大した登りではないが、小さな子供には段差が壁となり大きく立ちはだかっていた。滅多に根を上げないナナでさえ、合戦尾根後半涙を流していたのには驚いた。2000m以降雪が現れ、稜線には暗黒の空。何という神秘的な世界なんだ。ここはエベレストか、ヨ-ロッパアルプスか。これまで何度も登ってきた燕で、見たこともない光景に僕は息を呑んだ。

030_convert_20151104125853.jpg
ベンチ



平成27年11月3日 天候雪後晴れ ナナ(小2)、僕


第一駐車場 5:06
中房温泉 5:18
第一ベンチ 5:55、6:05
第二ベンチ 6:28
第三ベンチ 7:01、7:11
富士見ベンチ 7:41
合戦小屋 8:12、8:25
燕山荘 9:35、9:50
燕岳 10:40、11:05
燕山荘 11:42、12:05
合戦小屋 12:58、13:03
第二ベンチ 13:55、14:00
中房温泉 14:26
第一駐車場 14:34


前夜長野県に入り、道の駅ほりがねの里にて車中泊。そして翌朝、中房温泉へと向かった。かなり人気の高いここ燕岳だが、さすがにこの時期駐車場はガラガラ。闇の中、準備体操をし、早速行動を開始した。駐車場から中房温泉登山口までは少し歩かなければならない。この余計な行程にナナは納得出来ないようで、一人愚痴っていた。登山口のトイレに寄り、いざ山へ。空が明るくなる前に、どれだけでも上がっておきたい。まずは1時間、或いは300mのアップを念頭に黙々と歩く。時折中房温泉の明かりか眼下に望め、人の気配にホッとする。5時半になったが、夜はまだ暗い。そして、まずは一つ目のベンチに到着。ヘッドライトはここで撤収。ここに水場があるようだが、用はない。
001_convert_20151104125439.jpg 002_convert_20151104125452.jpg
登山者第一駐車場                       中房温泉までの距離標識
003_convert_20151104125501.jpg 004_convert_20151104125511.jpg
舗装道を歩く                           中房温泉登山口
006_convert_20151104125522.jpg
第一ベンチ  ※ここでヘッドライト撤収

この合戦尾根は急登として有名だが、よく整備されており、大変歩き易い。グットタイミングで登場するベンチは休憩の目安になり、子連れには心強い。第二ベンチに着いたがまだ休む時間ではないので、ここはパス。第一ベンチから1時間程歩き、第三ベンチに着いた。先程から、何かがゆっくり舞っている。それが雨ではないことは薄々感じていた。ベンチには薄っすらと雪が積もり、木と木の間を、大きな雪の粒がせわしく行き交っていた。朝食は第一ベンチから摂っているが、休憩の都度小まめに食べているので、朝昼の区別はない。  
008_convert_20151104125540.jpg
第二ベンチ
012_convert_20151104125609.jpg
第三ベンチ
015_convert_20151104125620.jpg
粉雪にイタズラ

次第に冬らしくなってきた。ナナは急登に苦戦している。段差が大きい分、子供の短い脚では筋肉に負担がかかるようだ。脚が痛い痛い・・を繰り返すも、娘なりに頑張っている。明け方は視界も利いていたが、陽が昇るにつれ、遠くの景色はなくなった。ナナに富士山を見せてあげたかったが、富士見ベンチからその雄姿は見れず残念。ナナに疲れが出てきた頃、”合戦小屋まで10分”の標識が登場。まだ10分もあるの・・と嘆くナナ。どうやら10分でも長いようだ。少しの辛抱で、合戦小屋。心配していたが小屋は閉ざされておらず、中の板間で少し休憩。毛糸帽、スキ-手袋をザックから取り出し、雪に備える。
017_convert_20151104130512.jpg
急登に喘ぐ  ※急過ぎて脚(筋肉)が痛いらしい
020_convert_20151104125725.jpg
富士見ベンチ
021_convert_20151104125736.jpg
急登(たぶんこれ、コ-ス外)
023_convert_20151104125755.jpg
合戦小屋まで10分
024_convert_20151104125804.jpg
合戦小屋

合戦小屋以降、雪は確実に増している。柔らかい新雪の登山道を、サクサクと音を立て気分よく歩く。合戦沢の頭に出ると、一気に眺望が広がった。三角点は雪で埋まりそうだ。この先雪は更に増え、ナナの登山靴に雪が入り込んできた。慌ててカッパのズボンを穿かせ、雪の侵入を防ぐ。急なステップは登りはいいが、下りは滑って危なそう。上から登山者が、バラバラと下りてくる。本格装備の子供も一人いた。ナナのペ-スが一気にダウン。アメいるか・・。いらん。大丈夫か・・。・・(無言)。娘に声を掛け励ましているが、相当疲れているらしく機嫌が悪くなってきた。やがて泣き声が後ろを歩く僕まで届き、そのすすり泣く音は次第に大きくなっていった。恥かしいから、もう少し静かに泣いてくれ。しかし父の願い虚しく、泣き声は一向に治まらない。ようやく燕山荘の屋根が見えてきた。僕は先回り稜線に上がり、上から声援を送る。お~い、着いたぞ!ナナも最後の踏ん張りを見せ、ついに稜線に出た。雪混じりの冷たい横風が吹き、体感温度は一気に下がる。ダウンジャケット、カッパ、マフラ-を身に着け、完全防寒。ナナの泣き声は既に止まっていた。
026_convert_20151104125833.jpg
心地良い新雪
027_convert_20151104125843.jpg
合戦沢の頭
031_convert_20151104125905.jpg
眺め
039_convert_20151104130058.jpg
雪は深い
037_convert_20151104130039.jpg 038_convert_20151104130049.jpg
泣きながら歩くナナ
040_convert_20151104130111.jpg
凍り付く燕山荘



つづく・・

≫ Read More

| '15山行記録 | 19:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

紅葉を求め、白山へ

2週間前の白山白川郷ウルトラマラソン(50km)以来、どうも脚の具合が宜しくない。この春から走り始めて、月平均300km前後を走れるまでに仕上げてきたつもりだったが、きっとまだ自分の脚はそのレベルにないのだと思う。今後は何キロ走っても故障しない脚作りを心掛け、日々の鍛錬に励んでいきたい。そうは言っても来月開催の能登珠洲102kmはもう1ヶ月を切り、焦りと不安しかないのが実情。しかしケガが幸いし、学べたこと、手に入れたものも多い。誰もが一度しか味わえない、初めての100km。それを完走で飾る為に、遭えてこの大事な時期にケガをしているんだ・・。そんなハッピ-エンドを信じ、因縁の白山に娘(四女・ナナ)と向かった。
082_convert_20150928103133.jpg
霊峰白山


7月にも一度白山を目指し、娘2人と来ていた。しかし全く予想していなかった、白山公園線全面通行止。そしてその後、白山ウルトラの際にもゲ-トの状況を見に立ち寄った。しかし状況は変わらず、工事関係者曰く『今年はまず無理ですよ・・』。こうして今年の白山は諦めていたが、長男が来週登山部で平瀬から白山に入るという。まさか・・。その計画を一度は否定したが、まさかは現実となった。9月18日正午長らく閉ざされていたゲ-トは開き、飛騨白山の遅いシ-ズンが始まった。

前夜、道の駅飛騨白山にて車中泊。ここでの足湯宴会はもう僕等の定番となっている。翌朝大白川へと車を走らせ、到着後ナナを起こす。ヘッドライトを付け、駐車場のトイレ脇から登山開始。見慣れない赤い標識には『ONSEN』、『Up to Mt.HAKU』の英字が併記されている。白山も国際化してきたな。まずは最初の1時間、暗いうちにどれだけ標高を稼げるかにかかっている。『あと100m登ったら休憩やぞ!』。今日一日の子供のやる気を左右する重要な滑り出し、騙し騙し後ろから執拗に追いやった。そして目標の400mを稼いだところで初めての休憩とする。1時間で400m↑なら、まずまずだろう。特大おにぎりを頬張り、赤カブをかじる。辺りは完全に明るくなっているので、ヘッドライトはここで撤収。
018_convert_20150928102822.jpg 022_convert_20150928102833.jpg
大白川登山口                         標高1660mで朝食

その後少し歩くと、左手にエメラルドグリ-ンの白水湖が姿を現した。ブナの大木も次第に増え、木が低くなると同時に展望も広がってきた。眼下には雲が広がり、僕等は雲より高い場所を歩いているんだ・・と少し大袈裟に娘に告げると、大いに喜んでくれた。次第に紅葉が現れ始め、大倉山を通過。登山道脇にふいに現れる為、山頂の感覚はないし、嬉しさもない。そこから15分で大倉山避難小屋。小屋の中は土間と板敷で構成され、トイレや水場は一切ない。
024_convert_20150928101217.jpg
岩場
031_convert_20150928101311.jpg
ガス迫る
032_convert_20150928101324.jpg
紅葉したナナカマド
034_convert_20150928105454.jpg
大倉山(標高2038m)
036_convert_20150928101442.jpg 040_convert_20150928105513.jpg
大倉山避難小屋                        稜線

この辺りから一気に紅葉が広がってくる。鮮やかな赤は登山者の足を止め、誰もが撮影にしばしの時間を割いている。急峻なガレ場を慎重に越えていくと、やがて室堂平の平原地帯に出た。歩くのが勿体ないくらいのロケ-ション、走りたい衝動を必死に抑え、室堂を目指す。
041_convert_20150928101551.jpg
趣のある道標
042_convert_20150928101605.jpg
紅葉前線まっ只中
046_convert_20150928101715.jpg 047_convert_20150928101729.jpg
紅葉のトンネル                        鮮やかな赤
048_convert_20150928101837.jpg 049_convert_20150928101854.jpg
直ぐ足が止まる                        ガレ場
053_convert_20150928101939.jpg 056_convert_20150928101952.jpg
室堂平(・・あぁ走りたい)                   室堂センタ-

さすがは、秋の白山。室堂は多くの登山者で大変賑わっていた。建物に入ると中は暖房が入りやや暖かい。鳥居脇から石畳に入り、目の前の御前峰(白山最高峰)に向かっていく。登る人、下る人、紅葉に青空・・。様々なアイテムがこの情景の主役なのだ。見上げていた岩峰はやがて目の前に迫り、終にその差を突き詰めた。霊峰白山、御前峰。ここが、いわゆる白山の頂上となる。
061_convert_20150928102207.jpg
御前峰目指し
064_convert_20150928102221.jpg
室堂から続く石畳
069_convert_20150928102236.jpg
登山者が多い
070_convert_20150928161817.jpg
青空の先に

白山には当時小4の岳登と雨の日に登ったことがある。穂乃花とは小3の時に登ったことがあり、室堂で調査士の先輩に会ったことが思い出深い。そして今日、調査士の別の先輩に遭遇し又もや驚いた。ガスに覆われ遠望は望めないが、近傍の眺めは残されている。剣ヶ峰や大汝峰のコルにある池の正体は爆発の証、火口湖。近年は鎮まっているとは言え、列記とした活火山(ランクC)。1659年(万治2年)以来噴火していないとされるが、御嶽山(富士山、焼岳等と共に更に危険度の高いランクB)のこともあり油断は出来ない。山頂部はかなり多くの登頂者で溢れているが、紅葉のシ-ズンということもあるのだろう。
073_convert_20150928102449.jpg
白山御前峰(標高2702m)
076_convert_20150928111135.jpg
山頂部  ※大汝峰(左)、剣ヶ峰(右)と火口湖
089_convert_20150928103155.jpg
軽快なステップで
092_convert_20150928103226.jpg 093_convert_20150928103238.jpg
水場                               真新しい道標(平瀬道大白川6.9km)

下山はナナも軽快だ。室堂平で調査士の先輩に再度出くわす。訊けば、山頂の3峰を周回してきたのだという。少し談笑すると、先輩は颯爽と駆け降りていった。紅葉は相変わらず綺麗だが、大気は霞み感動はない。大倉山避難小屋で昼食にもおにぎりを頬張り、休憩後最後の行程にかかる。ナナは何度も転倒を繰り返し、その都度背負うバックに助けられていた。平瀬道下部は現在、環境省発注による登山道の改修工事の最中。国、それも環境省の発注になるんだ・・。毎日ここまで登って来るのも大変だろうな・・。山の好きな従業員が要因に選ばれるのかな・・。様々な事を考えつつ、楽しかったリハビリ登山は幕を閉じた。
094_convert_20150928103434.jpg 099_convert_20150928103406.jpg
下山                               白水湖
100_convert_20150928103448.jpg
大白川駐車場  ※小2のナナには少し物足りなかった


大白川温泉 4:55
標高1660m 6:00、6:15
大倉山避難小屋 7:22、7:35
室堂センタ- 9:05、9:23
白山御前峰 10:00、10:39
室堂センタ- 11:00、11:05
大倉山避難小屋 12:13、12:28
大白川温泉 14:00


平成27年9月27日 天候晴れ ナナ(小2)、僕

| '15山行記録 | 16:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

猪臥山

毎年驚きの健脚ぶりを見せてくれる期待の四女、ナナ。今年も幾つか候補はあるが、まずは手頃で近場の白山を目指した。前夜、道の駅飛騨白山で車中泊。さすがに狭いフィットで3人横になるのは辛かった。翌朝、3時起床。娘らを眠らせたまま大白川温泉の登山口へと向かう。そして国道から右折して直ぐ、僕は自分の目を疑った。『県道白山公園線・全面通行止』。闘わずして敗北宣言、ナナの初陣は早々と未遂に終わった。・・さて、これからどうしよう。一先ず道の駅に戻り、地図を広げる。ここを基点とする三方崩山が無難だろうか・・。しかし白山並みの行動時間を要し、娘の貴重なやる気をここに注ぎ込むのは勿体ない。ならば焼岳か双六にでも行こうか・・。しかし今からでは遅い。仕方なく帰路につき、途中、猪臥山の登山口が目に入った。子供達は白山を撤退したことをまだ知る由もない。
002_convert_20150714171009.jpg
全くの想定外  ※朝3時半、僕は路頭に迷った

既に夜は明け、起床した娘達に事情を説明。ここまで来て何も登らない訳にもいかないので、この猪臥山に登ることにした。僕とナナの登山靴は新調したて。僕の左足も完治していないことだし、靴慣らしにも手頃な山かもしれない。根性有りのナナと根性無しの嶺花。姉の弱音が妹に伝染し、この二人の組み合わせはバランスが悪い。山頂までの距離を示す標識を追いかけながら、久々の山の感触を味わう。1400mを越え、突如眺望が開けてきた。嶺花も俄然元気を取り戻し、ここからは率先して先頭を小走りで進む。前方に嶺花の姿が見えなくなってしばし、彼女の叫び声が静かな森に響いた。どうやら山頂に着いたようだ。
008_convert_20150714171112.jpg
猪臥山登山口
012_convert_20150714171128.jpg 013_convert_20150714171138.jpg
四女三女の仲良し姉妹

猪臥山(いぶせやま)、標高1519m。山頂には360度の大パノラマが待っていた。立派な方位盤には飛騨から富山にかけての大概の名峰が記されている。乗鞍岳、ナナと昨年登った御嶽山、飛騨山脈の名峰、遠くは剣立山まで。皮肉にも白山は山頂柱の背後で、誇らしげに高く聳えていた。もし予定通り白山に登っていたなら、まだ半分くらいだろう。朝食に特大おにぎりを頬張り、赤カブをかじる。まぁ今日は、これはこれでいい運動になったかもな。さて下山。僕の履くシリオは2足目だが、これ以外の靴は考えられない。そんな信頼の逸品であるが、下りで中敷きがズレたのが頂けない。初履きはこうだったかな、と少しやるせない下山となった。後で知ったがこの山には嶺花も小1の時来ていた。当時は今日のナナと同じ背番号1のTシャツを着ていたが、今では昭和スタイルのズボン(山岳部だったママのお下がり)が実に様になっている。
019_convert_20150714171153.jpg
猪臥山  ※後方に悔しいかな白山が・・
020_convert_20150714171206.jpg
乗鞍岳(写真左)と御嶽山(右)
021_convert_20150714171220.jpg
大キレットと穂高連峰  ※手前の稜線左に笠ヶ岳
024_convert_20150714184718.jpg 025_convert_20150714184729.jpg
祖母に登頂報告                        御嶽山を背に方位盤
029_convert_20150714171335.jpg
下山


登山口 5:32
山頂まで2500m標識 6:35
山頂まで2000m標識 6:58
猪臥山 7:51、8:25
登山口 10:16


平成27年7月12日 天候晴れ ナナ(小2)、嶺花(小6)、僕

≫ Read More

| '15山行記録 | 19:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |