FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

白山白川郷(0)~タッちゃん、どら焼きについて語る

DSC01136_convert_20190909105817.jpg
道の駅・飛騨白山にて前夜の宴会  ※波ちゃん持参の豪華カップ麺が並ぶ


これは4年前に思いついて、ずっと頓挫していた計画である。2週間後の佐渡(208㌔)に向けて、ある程度の距離は走っておきたかったし、重荷を背負っての長時間行動もしておきたかった。そんな時今度の週末はどこを走ろうかと考えていたところ、机の上に積んである地図の中から、ふとこの計画が蘇った。道の駅・飛騨白山を起点とし、県道白山公園線(14.2㌔、上り640m)を走り抜け、先ずは大白川登山口へ。そこから室堂を経て、名峰白山(御前峰)に登頂。そして中宮道、念仏尾根といった長い稜線を縦走し、妙法山、野谷荘司山を経て、白川村馬狩に下山。大白川からここまでの標準CTは16時間50分で、その5割ペ-スで考えている。その後は世界遺産の白川郷合掌集落を抜け、国道156号を走り、道の駅・飛騨白山にてゴ-ルを迎える。下山後のランは17.5㌔あり、ト-タルで50㌔を超える長丁場となる。

丁度明日は第7回白山白川郷ウルトラマラソンが開催されるようだが、僕は前日波ちゃんに教わるまで知らなかった。当初の計画では遠回りとなる白川郷の集落は避けて、馬狩から近道を抜ける予定だったが、同日開催の本家(大会)に対抗すべく急遽合掌集落もコ-スに盛り込むこととし、それに併せタイトルも『白山周回』から『白山白川郷』とした。前日の道の駅は翌日の大会参加ランナ-の車で一杯だった。果たして本家白山白川郷と、僕らの白山白川郷はどちらがきついのか・・。僕はコ-スが厳しい頃の大会(今は片道だが、以前はホワイトロ-ドを1往復した)にも出たことがあるので、明日の夜にはその答えが判明しているだろう。ただ実際、本家は『白山白川郷』と謳っていながらも白山市は通るが名峰白山は通らない。そんなこともあり、『僕らの方が、ある意味本当の白山白川郷だ!』と、仲間(僕だけ)の鼻息は荒い。
025_convert_20190909145842.jpg
第4回白山白川郷ウルトラマラソン 2016.9.11

前夜、道の駅・飛騨白山に集まった僕らは、早速17時から車の脇で宴会を始めた。当初計画では日曜決行(雨天中止)だったが、目まぐるしく変わる天候が読めなかった。僕はどうしてもこの週で片付けておきたかったので、快晴間違いなしの土曜に一人で行うか、日曜の天候に懸けるか金曜夕方の直前まで決めかねていた。しかしこうして仲間と前夜飲んでいるだけで充分楽しかったし、予定そのものを変更してこれがメインでもいいかもな・・とは皆共通した意見だった。それでは今日はとことん盛り上がり、明日は三方崩山にでも登るとするか・・。半分冗談だが、今度はそういう企画でも面白いかもしれない。明日は2時起床3時スタ-トと早いので、当初宴は3時間でお開きとするつもりだった。しかしあまりにも心地良い空間は、誰からともなく自ずと延長された。キャンプ派のほっしゃんがホットワインを作ってくれ、やがて酔ったタッちゃんの力説が始まる。なんでも明日の荷物を軽くする為に、あえて今夜寝る前にどら焼きを全部腹に詰め込んでおくのだと言う。そんなんで明日一日持つわけがない!お前ドラえもんか!と皆に突っ込まれるが、本人曰く、これで完璧!と自信満々。傍から見たら僕らも明日の大会参加ランナ-にしか映らないだろうが、僕らだけ駐車場の中で異様に浮いていた。
DSC01140_convert_20190909105844.jpg
夜の部に突入
DSC01143_convert_20190909105855.jpg
タッちゃん、どら焼きについて持論を展開


つづく・・


| | 13:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

急遽、笠ヶ岳(2)~心地良き稜線


・・前回の続き


貸し切りの笠ヶ岳山頂で存分に寛いだ後は、祠にお参りをしてから帰路へと向かう。山頂での長居が効いたのか、先程まで深い雲に覆われていた峰々が、ここぞとばかりに競うように顔を出し始めた。穂高連峰のごちゃごちゃしたピ-ク以外は、大概どの山も特定出来る。3週間後の佐渡(208㌔)で両脚の故障が悪化しなければ、是非とも今年こそは赤牛と笠南は終わらせておきたい。今日はその赤牛がよく望め、『早くおいでよ・・』と言わんばかりに僕を手招きしているように見えた。波ちゃんは先日仲間のほっしゃんと魚津~高山を数日かけて駆け抜けたらしいが、その際に辿った峰々を今こうして別の場所から俯瞰的に眺めてみて、感慨も一入だったはずだ。存分に眺望を味わいながら、ゆっくりと稜線を歩く。今日唯一のご褒美なので、走っていては勿体ない。少しでも長く稜線に留まりたいという、ごく当たり前の心境だった。
DSC01077_convert_20190905123917.jpg
笠ヶ岳山頂
DSC01080_convert_20190905124052.jpg
双六岳(中央)、鷲羽岳(右奥)、水晶岳(左奥)
DSC01081_convert_20190905124106.jpg
赤牛岳(左)、水晶岳(右)
DSC01084_convert_20190905124127.jpg
黒部五郎岳(左)、薬師岳(右)
DSC01086_convert_20190905124209.jpg
帰路の稜線は、この日一番の眺望だった
DSC01090_convert_20190905124238.jpg
大キレット

笠新道へと右折する分岐標柱はそのまま直進し、一先ず双六方面へと進む。しばらく巻くように進み、適当な辺りで登り易そうな岩場を登っていく。そうすると大概いかにも山頂っぽいピ-クに出るが、実はここは偽ピ-ク。知らないとここが抜戸岳だと勘違いしてしまうだろう。何度も登っている僕ですらうっかり騙されそうになったが、その先には山頂標柱の建つ抜戸岳があった。何を隠そう、この抜戸岳は『日本百高山』の第59位に君臨する。メジャ-な『日本百名山』とは違って、百高山は始めから目指す人はまずいないだろう。僕は、ある個人の視点に過ぎない百名山には全く興味はないが、標高1位~100位という明確な指標のある百高山には興味があった。何年も登山を重ねていくうちに、『これ登った』、『あれも登った』となり、気付いた頃にはそれなりに百高山の幾つかは埋まっている。百高山は日本アルプス(北、中央、南)を中心に固まるが、登山道の無いピ-クも多く、登山の難易度は百名山とは比較にならない。そして百高山を初めて意識した時、これまで訪れた山域で通り過ぎていたと言う衝撃の事実を知る。その一つが、この抜戸岳である。下山方面に黒い雲がかかり出した。雨は御免なので、早々に下山にかかる。帰路は飛騨側を高い位置で巻くように進み、やがて本来のル-トへと取り付いた。
DSC01091_convert_20190905124250.jpg
抜戸岳(左)、槍ヶ岳(奥左)
DSC01092_convert_20190905124301.jpg
槍ヶ岳(左)、大喰岳(右)
DSC01094_convert_20190905124313.jpg
抜戸岳(標高2813m)  ※一応、日本百高山の59位に入っている

笠新道の登りは大好きだが、ここの下りは大嫌い。従って笠新道を使うなら決まって往路に使うことになるが、ピストンだとそうはいかない。ただでさえ下りが嫌い(苦手)なのに、今日は左足裏に故障を抱えている為、下山時全く踏ん張りが効かなかった。岩の凹凸に土踏まずが当たったものなら、耐え難き激痛が走り、思わず何度か悲鳴を上げた。どこかで休みたかったが、予定していた往路のベンチは一向に現れず、つい休みそびれてしまった。結局杓子平から一度も休まず下り続け、ようやく林道に出合い待望の休憩タイム。以前の僕ならここから先の林道歩きにも一苦労したが、ランナ-となった今では、右俣にしろ左俣にしろ林道は無いに等しい。万が一のライト替わりに急遽スマホを持って山入りしたが、ここまで来ればもうその心配はなくなった。ちなみに僕はガラケ-派なので、スマホはWifiがないと繫がらない。iPhoneからお気に入りの音楽を流し、二人颯爽と林道を駆け下りた。
DSC01096_convert_20190905124337.jpg
新穂高

≫ Read More

| | 15:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

急遽、笠ヶ岳(1)~乗鞍を目指したはずなのに

高山市開催の、”『山の日』自然公園ガイドツア-”に併せて、僕も乗鞍へと向かった。本来妻とナナがこのツア-に参加し(結局ドタキャン)、畳平から剣ヶ峰を登頂する。そして僕は平湯峠(スカイラインゲ-ト)から剣ヶ峰を往復する。以前も一度行った、そんな計画である。しかし予定通り9時スタ-トをゲ-トで迎えるも、スカイラインは通行止のまま。これは昨夜の大雨規制によるもので、その規制が未だ解除されていないのだ。駐車場では東大観測所の男性が『これでは仕事にならない・・』と嘆き、ゲ-ト前では自転車乗りが一人いつ開くか分からない中、地べたに座り込んでいる。車や自転車は当然無理だろうが、登山者(ランナ-)には関係ないだろう・・と何ら問題視していない僕。しかしゲ-トを抜けようとすると、係員の男性がのっそり小屋から出てきて、一方的に進入を阻止。事態は予期せぬ方向へと急変した。この係員はおそらく委託だろうが、全く融通が利かず、教科書通りのことしか言わない。その機械的な口調も余計に腹が立ち、僕は猛烈に抗議した。車両と歩行者は違うだろ!では春や冬に山スキ-で入るのはいいのか!同じ通行止だろ、どう違うんだ!しかし回答はなく、困り果てた挙句、『では警察に訊いて下さい!』 お前子供か・・。これ以上話していても時間の無駄だと、乗鞍を諦めた。空は快晴、絶好の登山日和である。

さて、ではどこへ行こうか・・。幸いにもここは山岳天国、代替えの山くらいいくらでもある。そんな中、今日の相棒波ちゃんがまだ行ったことがないと言うので、笠ヶ岳に決めた。この山域は自分の庭みたいなものなので、地図はなくてもル-トや時間的な感覚は身についている。ヘッドライトがないのが心配だったが、ペ-スが遅ければ途中で引き返せばいいと腹をくくった。登山の最盛期は過ぎたのか、新穂高の無料駐車場は珍しく最奥でも空きがあった。登山届を提出し、仕切り直しのスタ-トを切る。笠新道登山口まで颯爽と走り、そこから急登が始まる。しかし急登は僕が最も好むところ。一気に高度を稼げるし、時間的にも大幅に短縮出来る。久々の登山に息が切れるが、何とか踏ん張る。波ちゃんは後ろでへんな掛け声を吐きながらも頑張ってついてきた。中々強い子だ。
DSC01045_convert_20190903185156.jpg
新穂高
DSC01046_convert_20190903185207.jpg
左俣林道ゲ-ト
DSC01048_convert_20190903185218.jpg
笠新道登山口  ※水は涸れることもある
DSC01049_convert_20190903185229.jpg
穂高連峰  ※左から、北穂高岳、涸沢岳、奥穂高岳~ジャンダルム、天狗岳
DSC01053_convert_20190903185257.jpg
槍ヶ岳(左)、奥丸山(手前)
DSC01054_convert_20190903185307.jpg
森林限界を抜けた

そして杓子平に到着。開けた大地に立つと本来正面に笠ヶ岳が見えるはずだが、雲がかかっていて今日は生憎見えない。ここでは先客が数名寛いでいたが、僕らは休憩も程々に先へと急ぐ。誰しもここまで来れば稜線は近いと感じるが実はそれはトリックで、実際はここから稜線までが行程の中で一番辛い。飛ばそうとするからなのか毎回息が切れ、立ち止まる回数も多くなる。稜線は直ぐ目の前に見えているのにな・・。しかし振り返ると先程までいた杓子平は遥か彼方に遠ざかっており、これでも結構進んでいるのだと多少は安堵する。下山者を何度か迎え、ようやく稜線へと登り詰めた。ここから抜戸岳へは尾根伝いに進めるが、時間があったら帰りに寄ることにする。
DSC01056_convert_20190903185429.jpg
杓子平  ※以降、標柱が新しくなっていた
DSC01058_convert_20190903185440.jpg
この登りが一番辛い
DSC01060_convert_20190903185504.jpg
稜線到着  ※最奥の大笠(笠ヶ岳)は見えない

今日は一応笠ヶ岳(大笠)を目指しているが、メジャ-な大笠を取ろうか、超マイナ-な緑の笠にしようか、ここまで歩きながらずっと迷っていた。大笠くらいなら、今後波ちゃん一人でも充分来れるだろうが、おそらく緑の笠は今僕が連れて行かないと、おそらく一生行くことはないだろう。そこを頭の中で天秤にかけていたが、結局緑の笠は説明だけして、横目に通り越していた。キャンプ地を抜け、笠ヶ岳山荘に到着。ここの水場は大変有り難い。小笠を右に従え、目の前の大笠目掛けて最後の登りにかかる。20代半ばの頃、僕はここで極度の高山病にかかった苦い思い出がある。雨の日にカッパを着て、大汗をかきながら、水も飲まずに一気に登ったことがその要因だった。山荘から目の前の山頂まで1時間以上かけ、ガンガン波打つ頭痛に気遣いながら、牛の歩みで進んだことを今でも覚えている。それ以来高山病には縁がないが、今ではいい教訓となっている。
DSC01062_convert_20190903185515.jpg
緑の笠
DSC01064_convert_20190903185526.jpg
笠ヶ岳山荘
DSC01065_convert_20190903185539.jpg
いざ山頂へ

ここは笠ヶ岳、標高2898m。飛騨人の誇り、と言っても大袈裟ではないだろう。山頂標柱も真新しくなっていたが、何だか貫禄に欠ける。貸し切りの山頂でFMラジオを流し、しばらくのんびり寛いだ。ここまでほとんど休まず登って来たこともあるが、笠くらいで疲れている自分が本当に情けない。ここからなり、南なり、更には奥穂へと日帰り周回することを考えると、笠の山頂如きは、単なる準備運動に過ぎない。珍しく山頂で長居したことが幸いし、ガスがかかっていた穂高方面の視界が突如開けた。杓子平から延びる尾根の先には穴毛槍が見える。ずっと気になっているピ-クだが僕の実力では明らかに無理だろう。
DSC01072_convert_20190903185553.jpg
笠ヶ岳(標高2898m)  ※貸し切りだった
DSC01073_convert_20190903185604.jpg
焼岳と中尾集落
DSC01075_convert_20190903185658.jpg
双六へと延びる稜線
DSC01076_convert_20190903185709.jpg
穂高連峰  ※手前稜線右端に穴毛槍


つづく・・

| | 19:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鮎の塩焼きと仲間の存在

資源リサイクル打ち上げ・・という訳の分からぬ名目で、いつもの仲間が数人集まった。実際のとこ、日中資源リサイクルに奉仕したのは地区委員の瀧さんくらいだろうが、呑兵衛な僕らにとって、酒を飲む理由なんてどうだっていい。今回は釣り人ほっしゃんが持ってきてくれた、イカや鮎などの海鮮BBQが宴の主役となった。飛騨の川ではそこら中で鮎釣りをしている姿を見かけるが、釣りをやらない者にとっては、鮎は食べたくても食べれない高級食材の筆頭とも言える。鮎の塩焼きなんて贅沢な物は、僕もここ数年食べた記憶がない。そんな中、ほっしゃん自ら串に刺し、塩を振り、炭火で丁寧に焼いてくれた。久々に食べた鮎の塩焼きは正に格別だった。僕も波ちゃんを真似て、骨も頭も一切残さず、全て有り難く頂いた。

ところでほっしゃんと波ちゃんは何を目指しているのか、はたまた何を血迷ったか、先日ミラ-ジュランド(魚津)から馬場島、上高地を経て、自宅まで数日かけて走って帰ってきたそうだ。ヘルメットを持っていたのに、何故唯一被るべき剱岳で被らなかったのか・・。波ちゃんに口うるさく説教をしたが、つい先日登山者がジャンダルムで滑落死した新聞記事を見ていただけに、その熱に一度釘を刺さねばと思っていたからだ。波ちゃんはようやく地元の里山を卒業し、今では毎週のようにアルプスに通っているようで、とても生き生きとしていた。

タッちゃんは相変わらず強いのか弱いのか今一分からないが、練習時間等いくつかの問題をクリアすれば、康介を脅かす存在になってくれると僕は信じている。それに僕同様、康介に対する嫉妬心は相当強い。宴も終盤、富山の男性(TJARファン)の話で場はかなり盛り上がった。その男性はとにかく頑張っている方が好きらしく、ほっしゃん達は先日の挑戦を現地で応援されたそうだ。来月僕は瀧さんと佐渡(208㌔)を走ってくる。両脚に故障を抱え欠場も考えたが、出ると決めたからには最善を尽くしたいと思う。こうした仲間の存在が、今の僕のモチベ-ションになっていることは確かだ。そして波ちゃんは深夜23時、清見の自宅まで15㌔走って帰っていった。
image1_convert_20190827175047.jpeg
2019.8.24 瀧さん宅

| 国府ウルトラ | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨の焼岳周回と12時間の宴

4年前に走った、焼岳周回コ-ス。この周回コ-スは岐阜県と長野県を跨ぎ、ロ-ド26km、登山7時間(標準タイム)の総距離36.3kmから成り立っている。内容的には少し物足りないが、シ-ズン前の足慣らしにはもってこいのコ-スと言えるだろう。そんな北アルプスの入門コ-スに、低山しか知らない仲間の波ちゃんを誘った。低山しか知らないとは言え、シ-ズン問わず山には入っているようだし、100㌔ウルトラも普通に走り切る彼女。ただ単に、せっかく飛騨に住んでおきながら行く機会がないというだけであり、そんな彼女に是非とも里山以外の景色を見せてやりたいと思っていた。

朝6時前、中尾橋をスタ-ト。同じく仲間のホッちゃんも急遽現れるが、脚の故障で走れないらしく、『いいことを思いついた!』とニコニコし、一人焼岳へと向かっていった。今日は雨に当たる覚悟でいるが、何とか午前中は持ってくれそうな予報ではある。1時間以上淡々と走り、先ずはクマ牧場に到着。国道向かいの空き地に腰を下ろし、おにぎりの朝食を食べる。その後も上り一辺倒の国道を走り切り、ようやく平湯温泉街へと到着。波ちゃんに温泉卵を勧めるが、生憎まだ茹で上がっていないようだった。ここで水筒を満タンにし、いよいよ本日のロ-ド核心部へと向う。
003_convert_20190702160239.jpg
奥飛騨の名水 山椒水
WMND1168_convert_20190702162619.jpg
奥飛騨クマ牧場前
004_convert_20190702160251.jpg
平湯温泉街  ※この時間、温泉卵はまだ茹で上がっていなかった

さて、ここからが本番だ。安房峠へと至る8kmもの長い上り坂は高低差533mとなっている。車の往来はほぼ皆無で、新緑眩しい中、小鳥のさえずりがやけに心地良かった。安房平辺りから小雨が降り出してきたが、これくらいの雨なら逆に気持ちいいくらいだ。いつも決まって一人で山に入っているが、やはり相方がいると気が紛れ、峠までの道のりは意外と楽しく進めた。随分前に建物は取壊され峠の印象はガラリ変わったが、この裏手へと藪を漕いだ安房山が心に残る。正面に見えるはずの穂高の山並みも今日は見えないが、後は下るだけだから、ロ-ドは終わったも同然だ。
006_convert_20190702163246.jpg
国道158号線
008_convert_20190702160311.jpg
安房平
009_convert_20190702160328.jpg
小雨舞う山中ロ-ド
010_convert_20190702162233.jpg
安房峠  ※ここから長野県(松本市)

そして難なく、長野県側の”新中の湯登山口”に到着。中尾を同時に発ったホッちゃんはまだ来ていないようだ。ロ-ドを走り終えそのまま入山しようとした矢先、かなり勢いのいい熊鈴の音が上の方から鳴り響いてきた。明らかにホッちゃんだろうなと察し、僕と波ちゃんは待ちくたびれた振りをして、しらじらしくホッちゃんを迎えた。見るからにくたばっているホッちゃんは、自分でひらめいた”いいアイデア”を既に後悔していた。疲れているホッちゃんには悪いが、休憩も程々に早速3人で入山。最後尾を追っていたホッちゃんだったが、いつしか熊鈴の音は聞こえなくなっていた。
011_convert_20190702160344.jpg
新中の湯登山口  ※ここでホッちゃん合流

天気のいい日であれば、広場まで来ると目の前に焼岳が聳えて見える。しかし今日は予想通り展望は全くなかった。更に高度を上げると右手の斜面に雪が残っていたが、登山道には一切雪は残っていない。今日はどの方向も眺望は叶わず、ただひたすら上を目指すしかすることがなかった。僕の登りのペ-スはかなり早い方だと思うが、波ちゃんは多少遅れながらも頑張って後ろを付いてきた。時折、高山植物のイワカガミに癒されながら、終に稜線らしき目標物を見つけた。周囲には硫黄臭が漂い、焼岳に来たんだと実感する。稜線に出ると、直ぐ下にあるはずの火口も火口湖さえも確認することは出来なかった。
013_convert_20190702160358.jpg
広場
STHK2467_convert_20190702160905.jpg
眺望は何もない
015_convert_20190702160412.jpg
波ちゃん初めての北ア

右に回り込み肩に出て、そこから一登りで焼岳北峰に立つ。こんな悪天候の中、韓国人を含め先客が数人いた。山頂は寒く、ゆっくり寛ぐことなく早々に下山にかかる。先程も感じていたが、焼岳の噴煙が無くなっているように思えた。以前はよく噴煙箇所に卵をセットし、温泉卵ならぬ硫黄卵をよく作っていた。しかしこの状態ではそんな楽しみ方すらも出来なくなってしまう。肩に戻るとホッちゃんの姿があった。思ったより差はなかったようだ。この先3人で中尾を目指し、一気に下山する。
016_convert_20190702161926.jpg
焼岳北峰(標高2444m)
017_convert_20190702160437.jpg
中尾峠

さすがは僕と違ってトレイルランナ-の二人だけはあり、下りは僕より余程強そうだった。ヒカリゴケは見損ねてしまったが、濡れた登山路で転ぶことなく、何とか本降りになる前に山を抜け出した。走れないホッちゃんはそのまま直進し山の中を進むが、僕らは舗装路へと迂回。その後しばらくして、遠越しに登山者駐車場で下山届を出すホッちゃんを発見。僕らの方が早いと思っていたが、ホッちゃんもムキになって走ってきたようだ。中尾集落手前でホッちゃんを捉え、抜き去り一足先にゴ-ル。本降りになる前に、無事山行を終えられた。今日は雨なりにも周回コ-スを存分に楽しむことが出来た。対してホッちゃんは、焼岳を二度登る(中尾~焼岳肩~新中の湯~焼岳肩~中尾)という、ただの修行のような辛い山行となったようだ。
018_convert_20190702160450.jpg
この先舗装道へと迂回  ※登山道は直進
019_convert_20190702160517.jpg
中尾温泉口  ※着替えていると土砂降りが始まった


中尾温泉口(標高970m) 5:57
奥飛騨クマ牧場(1054m)  7:10、7:18
平湯温泉(1257m) 7:47、7:52
安房平(1500m) 8:31
安房峠(1790m) 9:00
新中の湯登山口(1620m) 9:24、9:34
合流広場(2000m) 10:14
焼岳北峰(2444m) 10:56、11:05
中尾温泉口 12:39

令和元年6月29日 天候曇りのち雨 僕、波




≫ Read More

| 国府ウルトラ | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT