FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

花火の後

[広告] VPS


8月18日、バルコニ-越の夜空に鮮やかな花火が舞い上がった。毎年この時期恒例の、サマ-イベントの最終章。是非とも新居のバルコニ-で花火鑑賞といきたかったが、手前の山が邪魔で見れそうもない。夢は諦め、リビングで山小屋のドキュメント番組にかじりつく。ひゅ~、ドッカン!突然大きな地鳴りが、窓の外で響いた。慌てて2階へ駆け上がり、バルコニ-に出てみる。バルコニ-西端の夜空では、去り行く花火が眩しい尾を引いていた。オイやった~、ここからも見れたぞ!山より花火。1年に1度きりの花火鑑賞を、妻、幼子2人と一緒に思う存分楽しんだ。打ち上げ総数はこの辺りでは抜きに出て多いが、期待負け。華やかな連発花火を最後に、夏の爆音は潔く身を引いた。
P1120096_convert_20120907194538.jpg
ひゅ~、ドッカン!
P1120102_convert_20120907194649.jpg
花火鑑賞
P1120121_convert_20120907194755.jpg
綺麗だね
P1120122_convert_20120907194840.jpg
楽しいね

花火と酒、それとダインに酔いしれている僕と妻。気分は既に最高潮。酒や食べ物、菓子を追加し、続けてバルコニ-での宴会に突入した。妻にとって初めて過す夜のバルコニ-。そのひんやり涼しい陶製タイルに腰を下ろし、ひんやり冷えたダインに背を寄せる。見て良し、触れて良し、僕にとって全て最高のダインコンクリ-ト。これがダインの正しい楽しみ方。ここで数回過しただけで、それは充分承知している。
P1120136_convert_20120907195025.jpg
たい君もご機嫌
P1120140_convert_20120907195119.jpg
バルコニ-の夜

| | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

連夜のBBQは雨だった

連日連夜のBBQ(バ-ベキュ-)。何もアウトドアやBBQが嫌いな訳じゃないが、どうもその言葉が好きになれない。しかし穂乃花にとって、BBQは夢であった。たまたま僕の下に生まれたばかりに山や外国に嫌々引き連れられ、大変な経験ばかりさせられている。彼女にとっての夢・・、それは一般的な家庭の光景だったようだ。ジジババの熾してくれた炭火で、積極的に一人肉を焼く穂乃花。その表情はとても幸せそうで、こうして食べる肉は格別に美味い。プライバシ-の全くない住宅街の借家から越してきた者にとって、ここは正に天国。土地が広い事もあり、誰にも気兼ねはいらない。叫んでも、わめいても、誰にも干渉される事はない。こうして家を建てた訳だし、当分外国や山は控えておこうかな。休日は庭造りや野菜作りに励み、ホ-ムセンタ-の常連にでもなろうと思う。妻や長女は極度に嫌がっているが・・。
コピー ~ P1110852_convert_20120814110735
BBQ 1日目
P1110865_convert_20120814112310.jpg
花火
P1110869_convert_20120814112357.jpg
穂乃花
P1110870_convert_20120814112450.jpg
中3、年中、小3、小5、中1の子供達

昨日から引越しの手伝いがてら、妻の両親が三重から遊びに来ている。頂いた養豚場の豚肉もまだ随分余っている、ここはやるしかない。昨夜に続き、今夜も裏でBBQを楽しんだ。二日連続で夢が叶い、穂乃花はたいそうご満悦。ただ昨夜に続き、今夜も途中から雨が降り出してきた。何とも運が悪いが、この季節の雨は気紛れだから仕方ない。軒の浅い我が家の邸宅は、雨にめっぽう弱い。僅かな屋根下で肉を焼き、ビ-チパラソルや傘を頼りに、雨の中ずぶ濡れになり貴重な一時を楽しんだ。
P1110881_convert_20120814112947.jpg
BBQ 2日目
P1110886_convert_20120814112703.jpg
もう、お姉ちゃんだもん
P1110889_convert_20120814112853.jpg
連夜の途中雨

| | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バルコニ-で迎える、初めての夜

P1110814_convert_20120813160707.jpg 
門柱積み上げ
P1110817_convert_20120813154318.jpg
内部
P1110816_convert_20120813154153.jpg
門柱完成間近

住宅の引渡し後、仕事もせず連日引越し作業に追われている。家を建てるなら、暇な時期がいい。これが数年前の繁盛期だったら、仕事が忙し過ぎて呑気に現場チェックやブログ整理なんて到底やってられない。7月26日、夜。開店休業状態の事務所経営はさておき、今宵は意味のある生涯の夜を、母、子と過す。選抜した子は同じ血を継ぐ落ち着きのない元気な衆、岳登と嶺花。血統を継ぐ親子三代、夜が更けた新居2階バルコニ-のタイルに座り、初めての夜を迎えた。アピタで買った半額の寿司折り、菓子、激安ビ-ル・・。ひんやり冷えた陶製タイルは大変心地良く、目の前や後のダインコンクリ-トを見ては僕の頬は緩みっ放し。広いバルコニ-ではないが、ダインに惹かれた僕にとって、ここは誰の目も引かない特別な場所。何度か子供達にダインの魅力を語ってはいるが、その魅力を感じるにはまだ幼すぎる。遠慮深く、生真面目で几帳面な一人親の母・・。嫌な部分を含め、僕はモロにその血を引いている。人生のゴ-ルとも言えるマイホ-ム、その記念すべき初夜をこうして一緒に過せた事・・。引越し前のこの段階でこうして母を招いた事は、僕の少なからずの孝行のつもりだ。
P1110822_convert_20120813154540.jpg
ささやかな宴会だが、僕等にとっては生涯の思い出
P1110825_convert_20120813154428.jpg
ワイルドな娘  ※寿司にポテチ、キャラメルコ-ンをのせていた
コピー ~ P1110836_convert_20120813155039 P1110826_convert_20120813164542.jpg
長男                           母

| | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |