FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

仕上工事-バルコニ-仕上げ

P1110576_convert_20120720162743.jpg
チビマミ-

7月16日、バルコニ-の仕上げ工事。今日は祝日、海の日。子供に完成具合を見せる為現場を訪れてみたら、タイル業者のみ作業をしていた。年配の男性と高齢のご婦人。特にタイル専門という事ではないようだが、この地方の積水ハウス邸宅にはかなり係っているようだ。話し好きの職人男性に、シ-トの切れ端を頂けますか・・、と頼んだら余っていたかなりの量を頂いた。僕の廃材コレクションも、既に小さめのダンボ-ル一杯になってきた。我が家を形作ってくれた数々の建築資材。その集めた切れ端の数だけ、多くの知識、思い出を蓄えてきた。防水保護シ-ト、床材を敷設する場合は撤去せずこのシ-トの上から敷設下さい・・。ビニ-ル製のシ-トにはそう書いてある。防水ユニットにも耐水性は充分あるだけに、このシ-トの役割はその名の通り、床材からバルコニ-の要となるユニット槽を守る為のものなんだろう。
P1110588_convert_20120720162354.jpg
玄関土間目地埋め込み  ※INAX製ラピア-ト
P1110586_convert_20120720162237.jpg
防水保護シ-ト施工
P1110592_convert_20120720162453.jpg
この回り込みが欲しかった
P1110593_convert_20120720162550.jpg
タイル下地完了
P1110595_convert_20120720162648.jpg
バルコニ-床化粧材

| 仕上工事 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ようこそ我が家へ

ようこそ我が家へ、よう来てくんさった。君は記念すべき、お客様第1号。君、このダインコンクリ-ト、って知ってるかい・・。凄くかっちょいいだろ。それにこの彫の深さ見てごらん。ワイルドだろ~。君くらいのサイズならスッポリ隠れる事だって出来るんだぜ。しびれるだろ~。友達とかくれんぼして遊びなよ、ン~構わないさ。引渡し前のバルコニ-に立ち、チビ蛙相手に心の中、僕は真剣に語りかけていた。
P1110542_convert_20120720152141.jpg
初めてのお客様

≫ Read More

| 仕上工事 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仕上工事-クロス貼、玄関タイル下地

7月13日、クロス工事、玄関部タイル左官工事。この日現場では電動機械でセメント、砂、水が混ぜられ、モルタルが作られていた。ちなみにこれに粗骨材を加えたものがコンクリ-ト。僕と直接外溝の工事契約を交わす地元の施工業者、積水ハウスからも玄関タイル工事を別途請負っている。いつも来て下さる職人は敷地境界のブロック工事に取り組み、庭師やら左官やら、各々得意分野を持つ職人が集っていた。玄関土間を下地で嵩上げするという事は知らなかった、玄関タイルには結構手間暇がかかっていたようだ。ただこの工事に入るタイミング、ちと遅くないか・・。クロス貼の後に入っていたのでは、余程注意してもらわないと真新しいクロスが台無しとなってしまう。
P1110441_convert_20120719160926.jpg
玄関タイルの下地塗り
P1110453_convert_20120719161043.jpg
敷地境界に使うコンクリ-トブロック
P1110454_convert_20120719161150.jpg
ポルトランドセメント
P1110457_convert_20120719161314.jpg
玄関タイル下地養生
P1110464_convert_20120719161523.jpg
電気仕上工事  ※貼り立てのクロスに迷わず歯を刻む

ここらの工程で、是非とも見ておきたかった光景がある。クロス下地となる石膏ボ-ドのパテ埋めは先日見ていたが、どうようにクロスを貼るのか気になっていた。階段を上がると、今まさにそこでその作業が行なわれていた。あれだけ大きなクロス生地、それも裏には糊が付いていて失敗は許されない。それを一人で持ち上げ、狙いを定め一気に振り払う。必然と出来る中の空気を外へ逃がしつつ、天井面に沿い、クロス生地を石膏ボ-ドに貼り付けていく。二つの梯子でバランスを保ちながら、上を向いての緻密な作業。貧血症の僕には到底勤まらない。腰道具から様々な工具を取り出しては、伸ばしたり、切ったり、貼ったりを繰り返す。写真を撮ったり動画を撮ったりかなりウザかっただろうが、『凄いですね・・』と適度に褒め言葉を送り、僕はその場を凌いだ。先程1階和室で目にしていたあの大型マシ-ン、てっきりクロスのカット用かと思っていたが、どうやらあれで糊付けをしていたようだ。大汗を掻きながらクロス職人に圧倒され、僕は急いで出張先へと向かった。
P1110467_convert_20120719161623.jpg
階段のクロス貼
P1110492_convert_20120719162143.jpg
正に職人
P1110502_convert_20120719162323.jpg
クロス
P1110485_convert_20120719162030.jpg
東側バルコニ-も移設済
P1110506_convert_20120719162426.jpg
外溝工事も進む
P1110509_convert_20120719162554.jpg
糊付けマシ-ン
P1110512_convert_20120719162700.jpg
玄関ポ-チのタイル下地養生

| 仕上工事 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仕上工事-クロス下地

7月1日に行なわれた中体連の柔道市大会。岳登中学生として初めて迎える試合は、団体戦の先鋒戦。だが結果は散々だった。対戦相手の上級生に絞め落とされ、1分間意識なし。父親でさえ踏み込んだ事のない聖域を、デビュ-戦でいきなり体験。マイッタしなかったなんてたいした根性だ、さすが俺の息子だな・・。こう言ってみたいところだが、現状はいささか違う。己の両腕が完全に固定され動かす事が出来なかった、とは彼の弁。この世とあの世の狭間に立ち、死んだ爺ちゃん婆ちゃんに手招きされたのか、帰れと追い払われたのか、本人は一切語らない。

そんな苦い思い出から1週間後の7月8日、同じ会場で行なわれた市内中学生の合同練習会の後、家族で建築現場に立ち寄った。日曜日なのに現場には地元ナンバ-のバンが1台停まっている。不審者かと一瞬焦ったが、その正体は本日から入った仕上げ業者のようだ。クロスの下地を担うタイガ-の石膏ボ-ドには、継目やビスのネジ穴が随所に見受けられる。その為クロスを貼るに当たり、これらを塞がなければならない。継目やネジ穴はパテにより充填され、面は色こそ違えど、平面に均されていく。仕上げの職人曰く、このパテ塗り作業は2度繰り返す。久々に建物に入った子供達は自分の部屋に歓声を上げ、たいそう喜んでいた。これまで子供達には随分ひもじい思いをさせてきたが、念願の自分の部屋、机を持ったなら、思う存分勉学に励んでほしい。
P1110326_convert_20120711174357.jpg
クロス下地工事
P1110332_convert_20120711174503.jpg
パテ
P1110334_convert_20120711174613.jpg

P1110338_convert_20120711174718.jpg
天井
P1110345_convert_20120711174814.jpg
トゥクトゥクだ!  ※まさかと思い近寄ってみたら後部にTHAILANDの文字が、新車だゼェ

| 仕上工事 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |