FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

いい湯、それと美味い飯~インド編(39)

2011年1月21日
台湾・台北



・・前回の続き

大都会台北の町は雨。
普段はあまり好きになれないこの雨だが、何故だかとても懐かしくさえ感じてしまう。
インドに滞在していた1ヶ月、雨に見舞われたのはバラナシでのほんの一瞬だけだった。
年越しの瞬間突然雨が降り出し、それはまるで夢の中にいるかのような出来事となった。

もう何度もお世話になっている馴染みの宿、ゲストハウスあかり。
ゲストハウスの主人は、前日の予約を無断でキャンセルした僕等を易しく迎い入れてくれた。
無料のインスタントコ-ヒ-を飲みながら、居合わせた日本人旅行者と言葉を交わす。
岳登は既に漫画の本に夢中になっている。
コ-ヒ-をマグカップ2杯飲み身も心も満たされた後、歩き慣れた町へと繰り出した。
P1100585_convert_20110412132158.jpg
ゲストハウスあかり (旧おおしろ)

≫ Read More

| '11インド編 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台北最高!~インド編(38)

2011年1月21日
台湾・台北



今日この日記を書く以前から、題名だけは自ずと決まっていた。
岳登と何度この言葉を繰り返しただろうか。
”台北最高!”
それはインドを1ヶ月旅した直後だからかもしれない。

人衆の罵声と車のクラクションが鳴り響く壮絶な国インドを離れ、ここは台湾の首都台北。
ドミトリ-主体のこの宿にはフワフワの布団があり、自由に飲めるコ-ヒ-がある。
町は美味しい食べ物で溢れ、郊外には温泉まである。
メトロ駅を始めどこにでも綺麗なトイレがあり、備付けの紙も当然のようにある。
その上、バクシ-シも要求されない。

通りを歩いていても誰も僕等をジロジロ見ず、
同じ顔をした東洋人として誰も僕等を特別視していない。
良く考えてみればこれらは日本にいたら当たり前の事であり、別段特別な事ではない。
インドの後だったからこそ、余計にそう感じた事は明らかだ。

≫ Read More

| '11インド編 | 14:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最後までインド~インド編(37)

2011年1月20日
インド・デリ-~台湾・台北


いよいよ、インド最終日となった。
この別れは僕自身2度目となるが、この先再びこの地を訪れる事はまずないだろう。
岳登は大人になったらバックパッカ-として、今度は一人でインドを訪れると言っている。
本当に最後のインド・・。
悔いだけは残さないよう、気になるものは全て口に入れておきたかった。
だが時間に追われ、ただ慌しさだけが残るインド最終日となった。

≫ Read More

| '11インド編 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガ-ンディ-と肉と髪~インド編(36)

2011年1月19日
デリ-


いよいよ、インド出国も真近と迫ってきた。
明日は正午までには空港に行かなければならない、終日インドで過すのは本日が最後となる。
悔いが残らないよう、食べたいものは極力食べ歩く事にした。

起床後、メインバザ-ル入口のラッシ-屋でホットミルクを1杯づつ飲んだ後、
その近くの安食堂でデラックス・タ-リ-の豪華な朝食を取る。
デラックスと言うだけありカレ-も美味しく、フライドライスとパ-ラ-タ-が付いた。
特にこのパ-ラ-タ-は初めて口にしたが、とても柔らかくそれだけでも食べれる食感だった。
P1100467_convert_20110408143440.jpg
早く起きな!
P1100469_convert_20110408143646.jpg
朝の一杯
P1100468_convert_20110408143546.jpg
ホットミルク(14Rs)は濃厚でお勧め
P1100473_convert_20110408143747.jpg
デラックス・タ-リ-(50Rs)も美味い

≫ Read More

| '11インド編 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガ-ンディ-、ここに死す~インド編(35)

2011年1月18日
~デリ-



定刻通りにジョ-ドプルを発っていた夜行列車、その名も”マンド-ル・エクスプレス”。
これまた定刻通りに、インドの首都デリ-に到着した。
霧さえなければ、インドの鉄道はかなり時間に正確だと言っても良いだろう。
P1100406_convert_20110408121106.jpg
デリ-到着

到着した駅は、メインバザ-ルから少し離れたオ-ルドデリ-駅。
サイクルリクシャ(人力車)に乗り、ニュ-デリ-駅へと向かった。
1ヶ月ぶりのメインバザ-ル、まだ朝早く露店もまばらだが、駅前はさすがに活気がある。
以前から気になっていたホットミルクを飲んでみる。
どの町でもインド人が群がっていただけに興味はあったが、”所詮牛乳だろ”と軽く見ていた。
だが実際飲んでみると、確かに美味しい。
軒先で大きな鉄の鍋にミルクを一杯入れ、掻き回している光景をこれまで何度も見てきた。

インド最後は昔泊まったホテル・パヤルに泊まろうと、部屋を見せてもらう。
しかし同料金なら、先程客引きに連れて行かれたバジラン・ゲストハウスの方がずっと良い。
メインバザ-ルを鉄道駅方向に戻り、バジランの方にチェックインをした。
ツ-リスト向けと言うより、インド人向けの安宿であった。
P1100413_convert_20110408121224.jpg
バジラン・ゲストハウス(BAJRANG・GH)
P1100410_convert_20110408122951.jpg
部屋

≫ Read More

| '11インド編 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT