FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

只今、成長期真っ盛り!

この時期のレッドロビンは成長が驚くほどに凄まじい。容赦なく上に伸び横に伸び、2週間も放っておくと、それはもう大変なことになっている。つい先日剪定したばかりだと油断していると、剪定前にも増してヤバイ状況に。ロビンは手をかければかける程、必ずしや世話人の期待に応えてくれる。異常なまでに単純明快なこの植物は、理想の形に仕上げることは実に容易い。余所のロビンを見ていると、羨ましい程立派なものもあれば、可愛そうなくらい葉の付いていないものもある。この盛りの時期に真っ赤な新芽を付けているか否かは、春先の農薬散布に尽きる。この土地に越してきて、ロビンを植えて間もなく6年。最初の頃こそ僕も病気のことなどいざ知らず、周りの立派なロビンを見かけては嫉妬ばかりしていた。しかし一度失敗を味わってからは、僕も少なからず樹木の病気について学び、今では春先になるとトップジンとベンレ-トを半月ごと交互に、2ロ-テンション程散布している。レッドロビンに褐斑病はつきものだが、対策としては手間をかけるしかない。町で細々としたロビンを見かけると同じオ-ナ-として悲しくなり、手入れの無さを想像してしまう。
DSC04682_convert_20180528205345.jpg
発育旺盛な我が家のレッドロビン

ロビンはゴミ(剪定後の枝木、落葉)の量がハンパではなく、その処理にいつも困っている。畑や庭の雑草や台所で出る生ゴミは畑の一画で腐らして土に返しているが、さすがに枝木までは枯れないだろうし、結局は細かくして可燃物に出すしかない。燃やせれば楽だが、住宅地では消防署に通報されるのが関の山だ。落葉拾いは特に深刻な問題で、まともに一人で拾っていたものなら、毎週の休日はそれだけで終わってしまう。生育が著しい為、ご近所さんにも気を遣う。もし今後、新たに垣根を作りたいと考えている人がいたとすれば、住宅地でのレッドロビンは僕はあまり勧めない。赤芽はとても美しく、垣根としての役目は満点だが、剪定と落葉拾いには相当な覚悟が必要である。この先梅雨を迎え、夏を過ぎた頃にはきっとロビンとの押し問答も一段落ついているだろう。もしロビンを人間に例えるならば、『成長期真っ盛りの腕白坊主』といったところだろうか。頑丈で逞しく、成長を見守るのは本当に楽しいが、常に心配を抱え冷や冷やし、目を離すと何をするか分からない。だけど、それだから愛着が湧き、人間と植物以上の関係が成り立っている。
DSC04680_convert_20180528205311.jpg
どれだけ伐っても追いつかない
DSC04681_convert_20180528205332.jpg
落葉拾いも大変  ※珍しく妻が手伝ってくれた
DSC04687_convert_20180528205356.jpg
花が咲いた
DSC04690_convert_20180528205412.jpg
家庭菜園
DSC04697_convert_20180528205425.jpg
水路で遊ぶ下2人(第6子と7子)
DSC04706_convert_20180528205439.jpg
子供の落葉拾いは半強制
スポンサーサイト



| レッドロビン | 09:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/978-2209bf45

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT