FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

プロとの差を痛感した夜

4月12日(木)の夜、新月を3日前倒しして堪らず海に出かけた。一度大漁を味わうと、その時の楽しい記憶がいつまでも頭に残り、翌月が待ち遠しくて仕方ない。新月の日を基準に、満潮時刻、天気、都合と折り合いをつけ、出陣日を熟慮しなければならない。今日は日中天気も良く、来週は予定もある為、今月は今日くらいしかないだろうと思っていた。遥々足を延ばすからには、絶対に成果は挙げておきたい。ただ前日は天気が悪かったこともあり、半分ダメもとの覚悟で出かけた。自宅から1時間半車を走らせ、いつもの浜に到着。車の台数は多いが、前回と比べると断然に少ない。ここ数日の状態が悪いからだろうが、それでもこれだけの人が深夜にも関わらず集まってくる。トイレ脇に駐車し、一度偵察を経て、22時半頃に入水。

波はやや高く水面は揺れ、海の中は見難い。それでも数分おきに目に付いたものを掬いつつ、最低限の確保へと励む。前回の反省から砂付きのイカは持ち帰らないようにと、獲物は奥瀬で泳いでいるものを掬い、底で捕まえたものは捕獲後網の中で少し泳がせて砂を吐き出させた。常連組の集う奥瀬にしばらく立ち、獲物を待つ。しかし一向にイカの姿はない。それなのに誰よりも前に立つプロ級(もしかして本当のプロ?)の男性は、一人だけひっきりなしに網を動かしていた。この男性のヘッドライトは当然明るいが、何やら口にも強力ライトをくわえていた。この男性の独り勝ちは終始続き、何故彼にだけホタルイカが見えるのか、その差をまじまじと見せつけられた。

最低100匹は捕りたかったが、この高波の中、今のライトでは対応しきれない。それに折角捕った数匹のホタルイカさえも腰カゴでは逃がしてしまうおそれがあり、奥瀬に立ち続けるには限界があった。周りを見るとほとんどの人が自作の浮きカゴを使用しており、その必要性も今夜は痛感した。体験組の若者も多く、裸足(ウェ-ダ-なし)、素手(手袋なし)の、ワイルドな井出達には驚いた。覚悟はしていたが次第に体は冷えてきて、長くは海に入っていられなかった。この日の満潮は23時59分だったが、やはりその前後が比較的捕れていた。波は一向に緩むことはなく、寒さにも耐えられなくなり、イカもいなくなったところで潔く撤退とする。先程までかなり多くの人で溢れていたが、この頃を境に皆帰っていった。これから海に入る人もいたが、今日は期待出来ないだろう(やはり、その後は出なかったらしい)。
DSC04141_convert_20180413102108.jpg
2時間半(22時半から1時)で30匹  ※寒いし、波が高く水面が見難かった

1時過ぎには駐車場を発ち、家路を目指す。珍しく早く切り上げたので今回くらいは家で眠りたかったが、危ういフラフラ運転の末、今宵も倒れ込むように細入の道の駅にて車中泊。何とか4時間眠れたが、朝方寒さで目を覚ます。無事帰宅し、実家での朝食。今回の捕獲量は参加賞程度だったが、満足のいく豪華朝食と、妻や子供らへの少しばかりの土産にはなった。やはり捕りたてのホタルイカは格別で、ス-パ-に並んでいるものとは全く比べ物にならない。茹でたてはふっくらしていてサイズも大きく、身がぎっしりと詰まり最高に美味しい。今日捕った分は全く砂を噛んでおらず、これは多少の進歩。今回のように捕獲量が少ない時は、やはりフライがベストだろう。数匹でも充分なおかずになるし、存在感が際立っている。
DSC04149_convert_20180413102122.jpg
帰宅後の朝食  ※捕りたては身もふっくらしていて、味も格別
DSC04151_convert_20180413102309.jpg
ホタルイカとノカンゾウの酢味噌和え
DSC04156_convert_20180413102324.jpg
ホタルイカのフライ  ※牡蠣フライに似ている
DSC04157_convert_20180413102334.jpg
茹で上げ  ※生姜と醤油で
スポンサーサイト



| ホタルイカ | 13:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/964-d9888a57

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT