FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ピラミッドピ-ク直下

【山域】西穂高岳独標
【日時】平成21年10月18日
【天候】晴れ後曇り
【岳人】岳登(小4)、僕

西穂高口駅(7:33)  先週で岳登との今シ-ズンは終わろうかと思っていた。しかし日曜は天気が良さそう、紅葉も終盤を迎え観光客も少ないだろうと急遽山へ。早朝自宅発、新穂高の無料駐車場に車を置く。さすがにガラガラだ。新穂高温泉駅7時発のロ-プウェイ始発に乗る。ここも比較的空いており、時期的に大正解。以前、西穂から槍までテントを担いで縦走した時に車の鍵を失くし大変な目に遭い、結局この駅に落としていた。今回はしっかりと指差し点検、これでバッチリだ。ロ-プウェイを2機乗り継ぎ西穂高口駅に到着。笠ヶ岳や穂高連峰が白く染まっている。少し嫌な予感・・・。森の陽射しを浴び、整備された登山道を歩く。
森林浴_convert_20091019130233
森林浴
神秘的_convert_20091019125357
神秘的

西穂山荘(8:23、8:32)  少し休憩した後、稜線歩きが始まる。やがて雪がちらほら顔を出す。目指す独標、ピラミッド、西穂高岳のピ-クが白く輝きとても綺麗だ。さすがにこの時期、稜線に出ると寒い。雪の量も多くなってきた。行けるかな、少し不安になってきた。独標までは難無く到着。
目指す頂_convert_20091019125931
目指す頂

西穂独標(9:39、9:53)  今日の登山者はほぼここで引き返している。西穂高岳まで行った登山者も数人いたようだが、既に自信がなくなっていた。結局先を目指す事にしたが、心境は西穂から奥穂に足を踏み入れる第一歩に似ていた。雪がなければ少しの緊張で済む岩場も、岩は雪で薄く覆われ、ひとつのミスが命取りになる。滑ったら終わり。慎重に岩場を下り、痩せた稜線を歩き、再び岩場を登る。それの繰り返し。独標の登山者は誰も歩んでこない。静まり返る稜線で緊張の時間、今年の登山で一番緊張した。
西穂独標_convert_20091019125549
西穂高岳独標
穂高連峰_convert_20091019125827
穂高連峰
痩せ尾根_convert_20091019132031
痩せ尾根
冬の到来_convert_20091019130026
冬の到来

ピラミッドピ-ク直下  独標を背に小さなピ-クを2つ踏み、迫るピラミッドを間近に仰ぎ見る。どうせ西穂は無理だし、無理してピラミッドへ行っても危ないだけだな・・。撤退を決意。2人だけの景色を楽しみ、最大限の緊張を強いて独標へ折り返す。
独標を背に_convert_20091019125727
独標を背に
ピラミッドピ-ク_convert_20091019130402
ピラミッドピ-ク

西穂独標(10:50)  無事戻ってきた。独標に岳登がヘルメット頭を突き出した瞬間、多くの登山者から歓声が沸き起こった。たぶん北鎌尾根から槍の穂先に姿を出した時もこうなんだろうな。せっかくなので雪だるまを作り遊ぶ。朝方良かった眺望は既に雲に包まれている。
雪だるま_convert_20091019125633
雪だるま
もう安全_convert_20091019130500
もう安全

西穂山荘(11:31、12:00)  基本的に山でお金は使わないのだが、気になっていた西穂ラ-メンを記念に食べてみる。しょうゆ、とんこつ各800円。味、量は良くも悪くもない。大盛況の山荘レストランで皆食べていた。日本酒を飲んでいる羨ましい人もいた。越の寒梅までありビックリ。
西穂ラ-メン_convert_20091019125444
西穂ラ-メン

西穂高口駅(12:38)  早々と戻ってきた。だけど、2人共無事だったから良しとしよう。新穂高温泉駅ではこんな天候、時間にも係らず、未だに上ってくる観光客が実に多い。大儲けのようだ。今日はお金を使いすぎたので、温泉は無料のアルペン浴場へ。初めて入ってみたがこれが凄くいい。客は誰もいなく貸切、泉質も非常に好みで焼岳の匂いに白みがかかったお湯。ひらゆの森の昔の内風呂に浸かっている気分だった。来年はリベンジに中尾から焼岳、西穂高岳の日帰りをしようと心に誓った。
紅葉_convert_20091019125259
紅葉
アルペン浴場_convert_20091019125148
アルペン浴場



ブログランキングに参加中。1日1クリックのご協力をお願い致します。→にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



| '09山行記録 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/93-f3166844

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT