PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

鷲羽目指すも、鏡平で雨に泣く

2週間ぶりの新穂高。県道槍ヶ岳公園線の夜間通行止めは未だ続いているが、通行止規制が20時半に延ばされたことで、この工事区間は難なく通過。登山者駐車場は今日も混み合いながらも、少々の空きがあった。前夜駐車場で1時間半程一人宴会し、そのまま車中泊。・・そして翌朝、登山指導センタ-に登山届を提出し、いざスタ-ト。相変わらず出だしの急勾配に苦しめられたが、何とか30分で笠新道登山口に到着。今日も水は豊富に出ていた。そしてそこから6分で、わさび平小屋。ここも水は豊富。その先やがて奥丸山分岐に出て、今日はこのまま小池新道を稜線目掛け直進する。
002_convert_20170821114041.jpg
夜明け直後の新穂高  ※一応カラ-写真
008_convert_20170821114058.jpg
小池新道入口  ※橋を渡ると奥丸山方面

本日の天気予報は昨日夕方の時点では、午前中曇り、午後からは晴れの予報だった。新調したばかりのトレランザック(モンベル)は先日返品し、新しいザックは昨日注文したばかり。仕方なく今回は小さなランバックで来ている。食料や飲料を重視し、雨具は今回持ってこなかった。そして小池新道に入り、不運にも雨が降り出してきた。この予期せぬ展開にお先真っ暗になり、撤退の二文字が頭を過る。ザックカバ-も持っていないので、中の荷物にビニ-ル袋を被せてここは対処した。
009_convert_20170821114109.jpg
秩父沢
013_convert_20170821110156.jpg
走りながら足下を撮影してみたら
014_convert_20170821114122.jpg
疾走感があった

さすがにここで引き返す訳にはいかないので、せめて鏡平までは進もうと思っていた。時間はたっぷりあるし、鏡平山荘で最悪1時間、2時間雨宿りしたって構わない。鷲羽は今日は無理かもしれないが、出来れば双六くらいは行っておきたい。憂鬱な気持ちを抱えながら、黙々と高度を上げていく。前を行く者は追い越し、下りてくる者とは擦れ違う。登山者の賑やかな声が響いてきたら、そこがシシウドヶ原。ここまで来れば鏡平はもう近い。取りあえず、休まず一気に山荘を目指す。
016_convert_20170821114133.jpg
イタドリヶ原
017_convert_20170821114145.jpg
シシウドヶ原  ※休憩する登山者がたくさん

しかしこの先、不運にも雨が一気に活気付いてきた。鏡平を目前にして本格的な雨模様になり、逃げ込むように山荘の軒先に退避。今日の天気予報は完璧な晴れ模様とまではいかなかったが、雨は想定していなかった。少し粘れば昼から晴れる公算もあったが、この降りを見てとてもそうは思えなかった。寒さも出てきたので、ライトジャケットを羽織る。この雨の中、無防備姿で稜線に出るのは賢明ではない。更に稜線を奥へと進むのは、まさに自殺行為。撤退以外、選択肢はなかった。山荘玄関の軒先で休ませてもらい、おにぎりを食べ終えたところで一気に下山にかかる。
019_convert_20170821114156.jpg
鏡池  ※工事も終わり立派になっていた
020_convert_20170821110215.jpg
鏡平山荘  ※雨が止むのを待とうかとも思ったが、潔く撤退を決める
022_convert_20170821114207.jpg
水場有料(500ml 100円)

『鏡平』までだいたい2時間くらいだった。『槍平』も2時間だし、『畳平』も2時間。『何々平』と名の付く所は、大概2時間程度で行けるんだな。そんな法則めいたことに気付きながら、慎重に登山道を駆け下りる。こんな雨模様の中、登山者が続々と上を目指しやって来る。次第に雨は弱まり、いつしか雨は止んでいた。無事小池新道入口まで下りてきた。ここまで来れば、もう何の心配もない。左俣林道は右俣林道に比べ舗装部分が多少は多く、幾分走り易い。力が有り余っていることもあり、舗装路は全力で駆け下りた。擦れ違う登山者は終始点々と続き、新穂高にて早々にゴ-ル。今日は鷲羽岳登頂というより距離を稼ぎに来たのに、これでは全くの不完全燃焼だった。駐車場に着いても靴を脱ぐ気にもなれない。さて、これからどうしよう・・。まだ時間も早いので、このまま終わる訳にはいかなかった。
023_convert_20170821110228.jpg
雨は強まるばかり
029_convert_20170821114230.jpg
笠新道登山口 
031_convert_20170821114241.jpg
新穂高


平成29年8月19日(土) 天候曇り後雨、僕


新穂高 5:07
笠新道登山口 5:37
わさび平小屋 5:43
小池新道入口 5:53
秩父沢 6:18
イタドリヶ原 6:36
シシウドヶ原 6:50
鏡平山荘 7:11、7:25
小池新道入口 8:33
わさび平小屋 8:40
新穂高 9:05

標準コ-スタイム:9時間15分(昭文社・山と高原地図)
所要時間:3時間58分
距離:18.5km


つづく・・

スポンサーサイト

| | 14:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/911-b03afc41

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT