PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

奥丸山経由で槍南(2)


・・前回の続き


槍ヶ岳山頂でしばしの休憩を終え、慎重に急峻な岩場を下りていく。ハシゴや鎖があるとは言え、1つのミスが即重大事故につながる危険極まりない槍の穂先。前も若干詰まっており、ゆっくり間を取り、落石にも注意して足を運ぶ。重大な箇所を無事クリアして一瞬気が緩んだのか、石を踏み外してしまい軽く足首を捻ってしまった。しばらくその場に座り込み、何とか回復。やはり山は最後の最後まで気が抜けないと痛感した。山荘まで戻れば先ずは一安心。デポしておいた木の杖を手に取り、縦走路を南へと進む。鞍部から見上げる次の山頂は遠そうに思えるが、鞍部、山頂の高低差は南アルプス程はきつくない。南アは一つ一つの山がデカ過ぎる為、縦走していてそのスケ-ルの大きさに時折参ることがある。
041_convert_20170809155759.jpg
下りも一切気が抜けない
044_convert_20170809155822.jpg
槍ヶ岳山荘と名峰槍ヶ岳
049_convert_20170809155953.jpg
縦走路が県境  ※右は岐阜県高山市
051_convert_20170809160010.jpg
ハシゴ登場
052_convert_20170809160022.jpg
振り返れば槍ヶ岳

槍ヶ岳を背に南下し、先ずは大喰岳(おおばみだけ)が現れるはずだった。しかし視界が薄いこともあり、全く山頂に気付かなかった。昨年もこの縦走路を通っているが、気分的には、やはり槍に向かう縦走の方が断然楽しい。槍の穂先を目指すのと、槍を背に歩くのとでは目的意識に大きな差が出てくる。縦走路脇には雪が残っており、実に涼し気だ。下界は茹だるほど暑いのだろうが、3000mの稜線はガスもかかり暑さとは無縁の世界。中岳は見落としようがなく、無事通過。その先一旦大きく下り、最後に南岳。尾根を縦走していると、今日も男女問わず単独行によく会った。山頂で食べ物を口に入れ、本日最後の景色にしばし黄昏てみた。
055_convert_20170809160324.jpg
中岳(標高3084m)  ※大喰岳には気付かなかった
059_convert_20170809160351.jpg
最奥の南岳を目指す
060_convert_20170809160405.jpg
南岳(標高3033m)

そして、いざ下山にかかる。この南岳新道も結構きつい。眼下に見えている筋は地図では点線で示されている旧道なのだろうか。上部で1ヶ所際どい雪渓のトラバ-スがあったが、通過後その上に雪渓を避けた踏み跡があることを知った。急登と呼ばれる登山道は登りに使う分には一気に高度を稼げて好きだが、下りで使うとなると飛ばせないし、ただ疲れるだけで心底うんざりする。ここは焦らず、じっくり標高を下げていく。腕時計の示す標高を頻繁に気にしているが、その減りは異様に遅かった。下る者は僕以外皆無のようだが、上を目指す登山者は何組かいた。誰しも久々に見る登山者ということもあり、必ず挨拶以上の会話を交わす。新道終盤にて谷に出て、そこで雪渓を通過。ここまで来れば、槍平は直ぐそこだ。
063_convert_20170809160433.jpg
眼下の筋は旧道だろうか  ※南岳新道は西尾根を進んでいる
065_convert_20170809160448.jpg
雪渓まで下りれば槍平は近い

槍平で水を補充し、最後の休憩とする。朝方ずぶ濡れだった靴は、いつしか靴下まで乾いていた。しかし不運にも本日初使用のザックに穴が開いていた。これはおそらく中に入れていた食べ物との摩擦によるものだろう。かなりショックで気が滅入った。見るからに薄い生地だが、背負い心地はいいし、容量的にもデザイン的にもとても気に入っていた。しかしこんなお粗末な耐久性では、仮に交換してもらっても又直ぐに破れてしまうことは目に見えている。山に限らずザックはやはり重量より耐久性の方を重視すべきだ。翌々日、直ぐにアマゾンに返品を申し出たが、快く対応してもらえた。
067_convert_20170809160458.jpg
槍平小屋  ※豊富な水が得られる

目指すは実質上のゴ-ル、白出沢。そこまで行けば後は走るだけだし、最悪這ってでも帰れる。それに万一の事態に陥ったとしても、そこまでなら救急車だって普通に来れる。勿論救急車や、ましてや救助ヘリなんて呼ぶ気は更々ないが、どれだけ完璧な人間でも何が起こるか分からないのが登山でもある。新穂高から槍平までは2時間くらいなので、下りだから1時間半くらいでは終えたいところだ。南岳新道に比べたら斜度も落ち着いているし、足場も選び易い。順調に23分で滝谷出合。そしていよいよ締めの区間という場面で、又ヘマをしてしまった。明らかに気が緩んだのだろう、左膝を岩に強打。膝に激痛が走り、しばらくその場に座り込む。痛みはやがて治まったから良かったが、ここからでは這っては帰れない。そして無事、白出沢。その後は何とか最後まで走り切れた。ウルトラマラソンをやっていると、爪が剥がれることが多々ある。春先から両足親指の爪がほぼ逝っていたが、今回の山行を終え、右足親指の爪が終に剥がれた。長い時間水気に浸されていたことが要因だろう。剥がれた爪の中には既に半分くらい新しい爪が出ていたが、それすら既に黒い。そしてその次の爪と思われる爪も同じく黒い。
070_convert_20170809160510.jpg
白出沢出合  ※後は普通に走れるので、ランナ-にとってここが実質ゴ-ル
072_convert_20170809160540.jpg
新穂高  ※県道槍ヶ岳公園線 夜間通行止(20:30~5:00)






平成29年8月5日(土) 天候曇り、僕


新穂高 5:00
笠新道登山口 5:30
奥丸山入口 5:51
中崎尾根合流 6:54
奥丸山(2440m) 7:30、7:38
千丈乗越 8:50
槍ヶ岳(3180m) 9:41、9:51
中岳(3084m) 10:49
南岳(3033m) 11:26、11:40
槍平 13:19、13:32
滝谷出合 13:56
白出沢 14:37
新穂高 15:19

標準コ-スタイム:20時間30分(昭文社・山と高原地図)
所要時間:10時間19分
距離:28.2km

スポンサーサイト

| | 18:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/908-5e5183be

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT