FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第23回八ヶ岳野辺山高原ウルトラマラソン(4)~完走率50%のゴ-ル


・・前回の続き


無事第4関門を通過し14:46、第20エイド(三川屋内ゲ-トボ-ル場、74㌔)に到着。エイド入口では被り水のおじさんがホ-スを持って待機していた。次に目指すは、最大の難関、馬越峠。65㌔以降、峠に向け一辺倒な上りが既に始まっている。ここまででもそれなりの高度は稼いできたはずだ。やがて峠の入口に差し掛かる。馬越峠は噂通りにきつそうだ。15:11、第21エイド(馬越峠前T字路、76㌔)。出だしこそ根性で走り続けて周囲の驚きを感じていたが、さすがにそれも半分及ばずして力尽く。先程から雨が降り出しているが、暑いよりはまだマシか。歩くにしても、せめて早歩きくらいは心掛けている。何度か堪らず立ち止まっては一呼吸おき、15:34、ついに第5関門(馬越峠、79㌔)に到着した。関門閉鎖まで後1時間26分。峠を多少は頑張った分、その差は少し開いてきた。ここで目標を12時間半に上方修正。達成の可能性は十分にあるだろう。最低でも13時間は切っておきたい。エイドの椅子に腰かけ、一休みして直ぐに立ち上がる。ここから先は、川上村。
083_convert_20170525195103.jpg
第20エイド(三川屋内ゲ-トボ-ル場、74㌔)
085_convert_20170525195120.jpg
馬越峠への辛い登り  ※頑張って少し走ってみた
087_convert_20170525195132.jpg
第21エイド(馬越峠前T字路、76㌔)  ※先程から雨も降り出している
088_convert_20170525195148.jpg
この勾配がきつい
090_convert_20170525195200.jpg
第5関門 馬越峠(79㌔)  ※関門閉鎖まで1時間26分
091_convert_20170525195211.jpg
これより川上村

峠を後にし、一気に高度を下げていく。しかし足がだるく、全くスピ-ドが乗ってこない。上りの貯金は下りで全て使い果たしてしまった。結局のとこ、ここは皆がしているように上りは全て歩き通し、下りで一気に飛ばす方が賢明だと分かった。15:55、第23エイド(馬越峠先待避所、81㌔)。そして次のエイドまでが辛かった。時折歩きを入れては、意を決して再び走り出す。意を決しないと走れない程くたばっていた。エイド間隔は大抵4~6㌔程度だが、後半は5㌔でも長く感じ、6㌔ともなるとかなり遠く感じてしまう。そしてようやく第6関門(川上村原公民館、87㌔)に到着。かなり疲れた。関門閉鎖までは残り1時間14分。既に先程立てた12時間半の目標は見込めなくなっている。悪いリズムになってきたが、せめて何とか12時間台はキ-プしたい。エイドで腰を下ろし、少し休憩。膝のサポ-タ-を下ろし、コ-ルドスプレ-を目一杯噴射。膝は若干腫れていて、触ると痛みも伴った。
094_convert_20170525195241.jpg
第6関門 川上村原公民館(87㌔)  ※関門閉鎖まで1時間14分
095_convert_20170525195306.jpg
ういろう、巻き寿司
096_convert_20170525195318.jpg
膝は何とか持ち堪えている

休憩を終え、第6関門を発つ。残り13㌔。ここまで来れば膝がどうなろうが、這ってでもゴ-ルするしかない。緩やかな上りが見えてきた。それにしても皆よく頑張るな。わざわざ2万円も出してまで、こんな辛い思いをするなんて・・。周りからは常に白い目で見られているが、これは単に価値観の問題だろう。しかし苦しいだけのこの自虐行為は、確実に人生を豊かにしてくれる。17:32、第25エイド(集出荷場、92.7㌔)に到着。既に残り10㌔を切っており、100㌔の長い旅も終焉に近付いている。17:53、あと5㌔。ついにカウントダウンが始まった。18:01、あと4㌔。ここまで来れば少々の上りも何のその。18:09、第26最終エイド(八ヶ岳牧場入口歯科付近、96.7㌔)の登場だ。どこからか会場の歓声が聞こえてきた。しかし直接その方角へは向かわず、回り込んで遠回りしなければならない。18:10、あと3㌔。3㌔くらい全力で飛ばしたいが、既にそんな力は残っていない。18:17、あと2㌔。
097_convert_20170525195329.jpg
緩やかな上りが見えてきた
098_convert_20170525195339.jpg
第25エイド(集出荷場、92.7㌔)
100_convert_20170525195352.jpg
95㌔(あと5㌔)  ※この看板を待っていた
101_convert_20170525195405.jpg
あと4㌔
102_convert_20170525195416.jpg
第26最終エイド(八ヶ岳牧場入口歯科付近、96.7㌔)  ※会場の歓声が聞こえてきた
103_convert_20170525195430.jpg
あと3㌔
104_convert_20170525195442.jpg
川上村はレタスの生産量日本一
105_convert_20170525195451.jpg
あと2㌔

18:25、そしてついにあと1㌔の看板までやって来た。さぁ、ラストだ!ここまで来れば後は気合いだけ。懸命に無い力を振り絞り、自分なりに全速力で飛ばした。タイムは遅いが少しでも順位を上げようと、目の前に見えるランナ-は全て抜く気合いで走った。そして昨日歩いたGSを見て、ようやく現在地を確認。角を左へ曲がったところでサンサンさんの声援を受けた。ラスト直線は更に勢いを上げて飛ばす。そしてついに野辺山のゴ-ルへと辿り着いた。ゴ-ル後、すかさずサンサンさんが激励に来てくれた。第1回飛騨高山ウルトラマラソンでボランティアをした時に知り合い、数年後、偶然ジョグノ-トにて再会。会うのはこれで2度目だが、ジョグノ-トではお友達をさせてもらっている。野辺山は確かにきつかった。昨日坂本さんが言っていたフレ-ズが頭を過る。野辺山を制する者はウルトラを制する・・。その通りだと思った。飛騨高山よりも白山白川郷よりも、野辺山はより一層ハ-ドだった。これを10回、20回走ろうなんて気には到底なれない。もう来年はいいや。それが完走直後の正直な感想だった。しかし今では来年も出ようと思っているのだから、ウルトラとは不思議なものだ。左膝に腸脛靭帯炎を抱え迎えた初めての野辺山は、何とか無事完走で幕を閉じた。
106_convert_20170525195502.jpg
あと1㌔  ※最後くらい㌔6分で走りたい
004_convert_20170609100046.jpg
フィニッシュ
107_convert_20170525195512.jpg
これは価値ある完走だ  ※白山白川郷のように15時間制限でもいいくらい
109_convert_20170525195523.jpg
完走証と完走メダル  ※13時間は切りたかったな


第23回星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン

距離:100km
時間:13時間12分21秒
順位:532位/1953人(男子) 
完走率:50.6%(988人)
経過:Start(0:1:35)、10km(1:05:27)、20km(2:16:38)、30km(3:27:15)、40km(4:39:57)、50km(5:48:21)、60km(7:23:57)、70km(8:51:11)、80km(10:25:54)、90km(11:46:24)


117_convert_20170525195618.jpg
視覚障害の保科さん(左)、見事ユプシロン(野辺山20回完走)達成!
スポンサーサイト

| 2017 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/894-08657c2b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT