PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第23回八ヶ岳野辺山高原ウルトラマラソン(1)~前日観光、選手受付

001_convert_20170522143532.jpg
御嶽山  ※国道361号より
002_convert_20170522143547.jpg
木曽駒ヶ岳(中央奥)  ※道の駅 日義木曽駒高原より

板山露頭(いたやまろとう)。この存在を知る人はほとんどいないだろう。南アルプスジオパ-クの中央構造線を形成する露頭の一つ。西南日本を縦断する中央構造線は日本最大級の断層で、日本海側を内帯、太平洋側を外帯と呼んでいる。内帯はマグマが地下で固まった花崗岩、外帯は鉱物が変化した結晶片岩から成り立つ。先月富士五湖に向かう際、高遠桜を見に寄った時、偶然この存在を知った。その時は『板山露頭』と聞いても何のことだかさっぱり分からなかったが、後々調べてみたら興味津々。断層の違いは見るからに明らかで、日本列島の構造を知る上で一見の価値はある。遊歩道や看板など整備はされているが、断層の保護はされていない。崩れてもきっと金太郎飴みたいに、同じものが出てくるからだろうか。
004_convert_20170522143605.jpg
駐車場の周辺案内図  ※画像クリックで拡大
007_convert_20170522143618.jpg
板山露頭
012_convert_20170522143641.jpg
西南日本を縦断する中央構造線
014_convert_20170522143651.jpg
内帯と外帯の境が見える板山露頭
015_convert_20170522143704.jpg
内帯(左)は花崗岩、外帯(右)は結晶片岩
018_convert_20170522143732.jpg
中央構造線板山展望台  ※画像クリックで拡大
017_convert_20170522143718.jpg
板山展望台からの眺め

野辺山へと向かう道中、素晴らしい山並みに何度も心踊らされていた。岐阜県から長野県を経て、山梨県へ。北アルプスから中央アルプスを経て、南アルプスへ。眺望に満足した総仕上げに現れたのは、富士山の雄姿。しかし残念ながら、写真は撮り損ねてしまった。道の駅では山菜が高値で売られていた。タラの芽が1パック500円。コシアブラもそれくらい。先日採ったコシアブラはこうして見ると、軽く数万円の値が付きそうだ。遠征での一番の楽しみが、道の駅での園芸巡り。白州花壇では寄せ植えに一目惚れし、手持ち金がなくなることを承知で衝動買いしてしまう。珍しいハ-ブも多かったが、値段は高め。ここではラムズイヤ-のみ購入。道の駅南清里では、ハ-ブの品揃えが多く値段も安かった。時間はないが、もう少しゆっくり見たい。おかげで選手説明会の2回目すら危うい時間になってきた。それに車の助手席足下は、既に植物で一杯になった。
023_convert_20170522143753.jpg
硫黄岳(左)、横岳(中)、赤岳(右)の八ヶ岳連峰  ※杖突峠無料展望台より
025_convert_20170522143803.jpg
車山(右)
026_convert_20170522143820.jpg
甲斐駒ヶ岳  ※道の駅 白州より
017_convert_20170522213544.jpg
白州花壇(道の駅隣接)  ※品揃えが豊富で、来る度に何かしら買っている
002_convert_20170522213634.jpg
寄せ植え(風知草、エリゲロン)、ワイルドストロベリ-、ク-ルミント、ラムズイヤ-、ブル-キャットミント


第23回 星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン。明日の大会に向け、今日は前日受付にやって来た。会場となるのは、南牧村社会体育館。歴史あるこのウルトラマラソンは、国内屈指の難コ-スと言われている。コ-スは南牧村、小海町、北相木村、南相木村、川上村に跨り、最高地点は標高1908mの横岳中腹。コ-ス上には稲子湯、八峰の湯、滝見の湯の3つの温泉が組み込まれ、レ-ス中に入浴することが出来る。しかし足場不安定な林道が延々と続き、終盤に現れる馬越峠等、ランナ-は随所で苦しめられる。選手説明会で大会プロデュ-サ-のお馴染み坂本雄次氏も言っていた。野辺山を制する者はウルトラを制する・・。飛騨高山も結構辛いし、白山白川郷(昨年までの)なんてもっと壮絶だ。そんな屈指と言われる大会を経験しているだけに、このフレ-ズは少し大袈裟に聞こえた。実際に走るまでは・・。
041_convert_20170522143948.jpg
会場となる南牧村社会体育館
033_convert_20170522143856.jpg
選手受付
034_convert_20170522143909.jpg
荷物袋配布所  ※野辺山では受付とは別に配られるので要注意
032_convert_20170522143845.jpg
演奏するスパイダ-マン
039_convert_20170522143936.jpg
選手説明会  ※今年の漢字『げき』は、坂本雄次プロデュ-サ-が選択、揮毫したそうだ
042_convert_20170522144010.jpg
会場近くの芝生には多くのテントが張られていた  ※今日だけは黙認されているのだろうか

高原に佇む小さな鉄道駅も、この日ばかりは大変な賑わいを見せていた。日本一高い鉄道の・・。そう聞くと、どうしてもボリビアを思い出してしまう。世界一高い・・町ポトシ、首都ラパス。このスケ-ルの違いが、きっと野辺山の長閑さの指標でもあるのだろう。八ヶ岳グレイスホテルでは今日か明日選手は無料で入浴が出来る。植物にお金を使い過ぎていたので、このサ-ビスは有り難かった。
044_convert_20170522144024.jpg
JR最高駅 野辺山(標高1345m)
050_convert_20170522144115.jpg
鉄道最高地点(標高1375m)  ※八ヶ岳グレイスホテルの前
048_convert_20170522144044.jpg
最高地点を通過する1両列車
052_convert_20170522144133.jpg
世界最大級の45m電波望遠鏡  ※国立天文台 野辺山宇宙電波観測所


つづく・・
スポンサーサイト

| 2017 | 22:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは。
野辺山までの行程もしっかり楽しんでますね。
糸魚川-静岡構造線(フォッサマグナ)は一応知ってましたが、中央構造線というのは知りませんでした。
でも、以前から四国を東西に走る山脈が紀伊半島まで連なっているなと思ってました。あれって北と南で地層が異なるんですね。

こうやって終わったレースのことを振り返るのは良いですね。まだ、レースは始まってませんが(笑)

| サンサン | 2017/06/17 10:28 | URL |

Re: タイトルなし

下道でゆっくり行くと、毎度新たな発見があって楽しいです。
気になる看板があれば、たいてい立ち寄って見てきます。

だけど僕が一番楽しいのは植物巡りです。
道の駅や園芸店に寄り出すと、どれだけでも居れますし、きりがありません。
おかげで野辺山の時は2回目の説明会に遅れそうになりました。

南清里の道の駅にはもう一度行きたいので、来年の野辺山も出るかもしれません。

| 夢追人 | 2017/06/19 10:01 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/891-1c310eb9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT