FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

最高傑作ガル・ヴィハ-ラを前にして~スリランカ編(11)


・・前回の続き


064_convert_20170214134101.jpg
ガル・ヴィハ-ラ  ※ポロンナルワ遺跡を代表するスリランカの最高傑作


ガル・ヴィハ-ラ (Gal Vihara) 。
一つの岩に彫られた4体の石像は正に最高傑作と呼ぶに相応しい、そんな巨大なオ-ラに包まれていた。
向って左から瞑想にふける大きな座像、高さは4.6m。
その右には屋根付きの小さな座像、ここには花が添えられ、多くの人々が祈りを捧げていた。
そしてその右にはハスの台座に建つ立像、高さは7m。
仏陀が涅槃に入ったことで悲しみにくれている一番弟子ア-ナンダの姿だという説もある。

一番右には横たわる巨大な涅槃仏(ねはんぶつ)、全長は14m。
涅槃仏とは、釈迦が入滅する様子を表したもので、寝仏、寝釈迦像とも呼ばれている。
どの仏像も表情に特徴があり、実際に実在するモデルがいたと思える程、とても表情豊かな顔つきをしていた。
この大作を造り出すのに幾年もの歳月を要したのかは定かでないが、一目見た時の衝撃はぺトラにも匹敵するものがある。


047_convert_20170214133654.jpg
見た目はえげつないが、性格は臆病

感動の一枚岩との対面は突然だった。
それが”ガル・ヴィハ-ラ”だとは知らずにここに辿り着き、どおりで手前にチェックポイントがあった訳だと頷けた。
ガル・ヴィハ-ラのような分かり易い遺跡は僕が最も好むものであり、滞在は必然的に長いものとなっていた。
眺めの良い大岩に登り、ガル・ヴィハ-ラ全体を見渡す。
感動のあまり、この場所で先程買ったポストカ-ドをナナに書かせた。
065_convert_20170214134113.jpg
ガル・ヴィハ-ラ全貌
050_convert_20170214133712.jpg
座像(高さ4.6m)
052_convert_20170214133730.jpg
屋根付き座像
055_convert_20170214133845.jpg
彫は深く
057_convert_20170214133902.jpg
足裏まで繊細
058_convert_20170214133915.jpg
寝仏(全長14m)
059_convert_20170214133926.jpg
立像(高さ7m)
061_convert_20170214134029.jpg
062_convert_20170214134039.jpg
063_convert_20170214134049.jpg
表情はどれも豊か
060_convert_20170214134019.jpg
大岩のビュ-ポイントから

名残惜しいがいい加減に見切りをつけ、ガル・ヴィハ-ラをようやく後にした。
遅めの昼食にと、道端に自転車を停め、パンをかじる。
道迷いにも、少々の雨にも負けず、何とか最奥の北院へと辿り着いた。
ここには13世紀の壁画が残っているが、内部には係員が常駐し、写真撮影は厳禁となる。
しかしそれではあまりにも悔しいので、外から望遠で撮影を試み、何とか撮影に成功。
来た道を戻り、ゲ-ト付近で見落としていたシタデルを一通り見学し、遺跡地区を後にした。
066_convert_20170214134341.jpg
ハスの池  ※かつては僧の沐浴場だった
071_convert_20170214134357.jpg
ティワンカ・ピリマゲ寺院(北院)の壁画  ※外から望遠で
073_convert_20170214134431.jpg
閣議場跡
074_convert_20170214134441.jpg
王子の沐浴場
075_convert_20170214134452.jpg
宮殿跡  ※かつては7階建てで、部屋が50室あったという

一旦町に戻り、遺跡地区とは反対方向の少し離れた所にある石立像へと足を延ばした。
この像はスリランカの旧紙幣にも印刷されており、一般にはポロンナルワに君臨した王パラ-クラマ・バ-フ1世の姿だと言われている。
両手で貝葉というヤシの葉に書かれた仏典を持っていることから、哲学者プラスティが本を持っているという説や、インドの宗教家アジャスタヤだという説もある。
076_convert_20170214134503.jpg
スリランカ・アカマング-ス
077_convert_20170214134549.jpg
水浴びする若者
081_convert_20170214134604.jpg
石立像
082_convert_20170214134616.jpg
ポトグル・ヴィハ-ラ(図書館の遺跡)

最後の見学を終え広場に戻ってくると、今日何度か遺跡で見かけていた日本人男性とバッタリ会い、少し雑談を交わす。
彼とは年齢、航空会社、空港泊、日程、ル-ト等何かと共通する部分が多く、直ぐに意気投合し仲良くなった。
ここでの見学をパスし広場で一人待っていたナナであったが、その間マンゴ-売りのオバちゃんに捕まり、随分可愛がられていたようだ。
売り物の剥いたマンゴ-を2個分と、剥いていないマンゴ-を6個ちゃっかり貰っていた。
083_convert_20170214134627.jpg
マンゴ-売りのオバちゃんら

再び自転車に乗ってパラ-クラマ・サムドラ(貯水池)沿いを延々と走り、宿方面へと戻る。
昨日と同じ湖畔で先程知り合ったばかりの日本人石上さんを交え、今年最後の夕日鑑賞。
しかしスマホで方角や日没時刻を調べていた石上さんの努力虚しく、太陽は一時も姿を見せてはくれなかった。

そして約束の19時半。
僕らの宿で石上さんと合流し、年越しディナ-の舞台を探し、しばらく町を探し歩く。
しかしポロンナルワは結構ド田舎のようで、選択肢は無いに等しい。
仕方なく、高そうだけどレストランに入った。
店の一番奥のテ-ブルに座り、僕はチキンヌ-ドル、ナナはフライドライスを注文。

スリランカと日本との時差は-3時間半、間もなく日本時間での年越しを迎える。
石上さんの粋な計らいで、その瞬間を跨ぎ2度、日本の家族の許へ国際電話をさせてもらった。
年越し1分前に突如電話が来た家族は、さぞかし驚いたことだろう。

そして現地時間の20時半、日本は新たな年2017年を迎えた。
タダ水(水道水)すら出ていないので、慌ただしくペットボトルの水を合わせ、強引に乾杯!
今年も無事、1年が終わった。
まずはそのことに感謝したい。
087_convert_20170214134731.jpg 088_convert_20170214134741.jpg
年越し直前に実家へTEL                   日本時間で年越し(スリランカは大晦日20時半)
085_convert_20170214134707.jpg 086_convert_20170214134717.jpg
チキンヌ-ドル                          フライドライス


ポロンナルワ・THISAL GUEST別館泊-Rs.1700


宿(朝食付Rs.1700) 遺跡入場料(大人Rs.3625、子供Rs.1812.5) 貸し自転車(Rs.200×2) ポストカ-ド(10枚セットRs.200) スリランカ地図(Rs.300) 水(1.5㍑Rs.75) 夕食(チキンヌ-ドルRs.300、フライドライスRs.250)  計Rs.8662.5
スポンサーサイト



| '17スリランカ編 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/861-1152904e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT