FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

七児誕生

011_convert_20160923154856.jpg
分娩室  ※歩き回って陣痛の波を誘発
022_convert_20160923155028.jpg
子宝草

平成28年9月22日(祝)9時25分、第七児誕生。身長50cm、体重3054g。激戦を終えた妻の表情は、実に晴れやかである。前回は運悪く出産に立ち会えなかったが、今回は祝日ということもあり、子供共々その一部始終を見届けてきた。女性が命を懸けて挑む大仕事、出産。鼻の穴からボ-リング玉が出る程痛い・・んだとか。その痛みは男では耐え難いこともあり、神様は強い女性の方にその使命を与えた。男の僕には、妻が味わう苦しさは分からない。しかし幸いにもウルトラをやっている今だからこそ、出産を何度も経験してきた妻の凄さにようやく気付くことが出来た。

一見辛いだけのウルトラマラソン。僕は走ることは好きではないし、目標としてしまったが故、仕方なく毎日走らされている。僕はこの『出産』というものは、ウルトラでいう『250㌔(さくら道、スパルタスロン)』に匹敵する偉業だと思う。胎児を身ごもり(大会出場を決意し)、日々耐え難い程のつわり(練習)に苦しむ。その期間1年弱。そしてその辛さに打ち勝ちようやく立つことが出来た夢舞台、出産(大会)。しかしその本番では、これまで味わったことのない辛さ苦しさが何時間も容赦なく襲い続ける。もうヤメてしまいたい・・。しかし昔から、この世の女性達はこの大仕事をいとも簡単に成し遂げてきた。そして果敢にも250㌔に挑んだランナ-達、幻覚や幻聴と闘いながらも夜通し走り続け、強い意志のみでゴ-ルの重い扉をこじ開ける。僕はまだ、何者でもない。ただ、こんなにも近くに、こんなにも偉大なランナ-がいたなんて今まで気付かなかった。

028_convert_20160923161317.jpg
命を懸けて
047_convert_20160923155135.jpg
得たもの
053_convert_20160923155122.jpg
それが、母子の絆


072_convert_20160923161249.jpg
これで大志もお兄ちゃん
090_convert_20160923155257.jpg
久々のビ-ルが美味い
スポンサーサイト



| 思い出 | 17:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/833-93c1d193

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT