FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第26回チャレンジ富士五湖(4)~ゴ-ルの先へ

・・前回の続き


第5関門(第4関門は118㌔の部のみ)を出て、精進湖に別れを告げた。次のエイド目指し、坂道をがむしゃらに走って上る。上りになると、歩き出すランナ-も増え始めた。大概は制限時間に間に合うか微妙な黄色ゼッケン(71㌔の部)だが、中には青や紫も疲れ果て歩いている。峠まで何とか上り切り、13:51、第23エイド(赤池大橋先待避所、74.6㌔)まで戻ってきた。長くて辛い出張だった。行きに擦れ違ったランナ-は本当に凄いな、とレベルの違いを肌で感じた。飲み物を口にし、このエイドは直ぐに発つ。そして75㌔手前で嫌な音が響き、連鎖するかのように激痛が走った。先程から、足にマメが出来ていたことを少し気にかけていた。それが今、プチン!と大きな音を立て勢いよく弾けたのだ。うっ痛い、歩けない・・。倒れるように地べたにしゃがみ込み、応急処置を行った。といっても、絆創膏を貼るくらいしか出来ない。テ-ピングを持ってくるべきだったと後悔するが、今更どうしようもない。立ち上がり、恐る恐る走り出してみた。イタッ!さっきと全然変わっていない。嘘だろ、勘弁してくれよ。一瞬、無念のDNF(Did Not Finish)が頭を過った。 
059_convert_20160429122108.jpg
第23エイド(赤池大橋先待避所、74.6㌔)  ※確かにこちら側にだけ、貼り紙がある

しかし、僕は簡単には引き下がらなかった。数ヶ月前に読んでいたEAT&RUN(スコット・ジュレク著)では、確か骨が折れても走り続けていなかったっけ。痛みは無視する、とも言っていたな。それに比べればマメなんか可愛いもんだし、マメで死んだ人は絶対にいないはずだ。それにプロ野球選手だって、手のマメくらいでは素振りは止めないだろう。だから僕も痛みは無視することにした。最初は激痛に耐え切れない程辛かったが、しばらく我慢して走っていたら不思議と痛みは気にならなくなってきた。やはりマメは大した敵ではない。思わぬ敵を退けたことで、僕の意思は揺るぎないものになっていった。絶対に最後まで走り切ってやる。14:16、第24エイド(西湖野鳥の森公園[復路]、77.7㌔)に到着。吉田うどんはまだ残っていたが、ここはお腹の負担を考えパス。エイド以外でも多くの声援を受け、僕はとても勇気づけられた。14:39、第6関門(西湖公民館、80.6㌔)に到着。到着予想15:30と見積もっていたから、1時間近く早く着いたことになる。走り切っていることで、関門閉鎖までの残り時間は開く一方になっている。
060_convert_20160429122125.jpg
第24エイド(西湖野鳥の森公園[復路]、77.7㌔)  ※トイレの順番待ちで時間は潰したくない
061_convert_20160429122502.jpg
第6関門 西湖公民館(80.6㌔)  ※9時間39分、関門閉鎖まで残り1時間21分

みんな、凄いよな・・。71㌔にしろ、100㌔にしろ、ましてや118㌔なんて、とても普通の人間が走り切れるような距離ではない。僕は未だに30㌔走で根を上げてしまうことが多々ある。ここにいるランナ-は、間違いなく、人知れず日々努力を積み重ねてきた尊敬すべき人達ばかりだ。15:19、第26エイド(足和田出張所[復路]、85.6㌔)まで一気に下りてきた。ここまで85㌔走り切れたことで、絶対に最後まで走り抜くんだ、という強い覚悟に意思は固まっている。地べたに座り、本日6粒目のロキソニンを投入。僕の後ろでは、男性ランナ-が濁音を響かせ嘔吐を繰り返していた。胃が丈夫なことがウルトラの強み、一般的にそう言われている。確かに燃料(栄養)がなければ、車(体)は決して動いてはくれない。幸い僕は胃は丈夫な方で、未だ食欲はある。
062_convert_20160429122534.jpg
信玄桃  ※口が渇きそうだから、ここはヤメテおく
063_convert_20160429122545.jpg
第26エイド(足和田出張所[復路]、85.6㌔)  ※ゼリ-飲料はまだたくさん残っていた

世界遺産を構成する冨士御室浅間神社を経由し、15:54、キュ-ピ-の待つ第27エイド(河口湖遊園駐車場、89.5㌔)に到着。町全体がランナ-を応援してくれているのが、とても有り難いし、すごく嬉しい。全ての湖を通過し、いよいよ栄光のゴ-ル目掛け、町中へと入ってきた。町中は必然的に信号が多くなる。往路時は立ち止まるのが嫌で、横断歩道の信号が点滅したらダッシュしていた。しかしここまで来ると、逆に信号くらい少し休ませてほしい。自分の意思では決して走りは止めないが、信号に捕まれば堂々と休むことが出来る。この辺りの黄色ゼッケンは、相変わらず歩いているランナ-が多い。それに誘惑されることなく、僕はがむしゃらに走っているランナ-だけを意識した。そして16:38、第7関門の河口湖ステラシアタ-復路(94.8㌔)に到着。ここのパンはとても美味しかったが、さすがにもう残ってはいなかった。コ-ヒ-を飲みつつも、休憩は最小限に抑えている。さて、本当の勝負はここからだ。最後に立ちはだかるのは、ゴ-ル手前まで延々と続く4㌔以上の急な上りだ。 
066_convert_20160429122620.jpg
終盤の信号待ちは大歓迎  ※逆に青信号だとがっくり
067_convert_20160429122631.jpg
第7関門 河口湖ステラシアタ-復路(94.8㌔)  ※11時間38分、関門閉鎖まで残り1時間37分

坂道に差し掛かると、ほとんどのランナ-は歩いていた。もっと上(11時間台以上)の位置にいれば、きっと歩いているランナ-は皆無だろう。しかしこの辺りでは9割以上が走る気力を失っていた。しかし僕の脚は、何故か不思議と元気だった。これまで95㌔走って来たとは思えない程、全く疲れを感じさせない。坂に張り付く全てのランナ-を抜かし、坂道を一気に上り切った。最後の第29エイド(河口湖フィ-ルドセンタ-、98.4㌔)はパス。視界は既にゴ-ルしかない。残り1㌔を通過し、12時間半切りを確信。ここから全力疾走で下りにかかり、少しでも順位を上げようと必死で走った。既に15分差のある紫ゼッケンや30分差の青ゼッケンには用がない。緑ゼッケンはいないかと猛追を計り、終に会場内で一人捉えた。大観衆の声援を全身に受け、最後の直線をラストスパ-ト。とても楽しかった100㌔の旅路は、今ここに幕を閉じた。
007_convert_20160502131040.jpg
ゴ~ル!  ※指に意味はない

自分の脚をここまで信用していなかったので、出走前ペンライトの持参に迷っていた。制限時間ギリギリともなれば、周囲は闇に包まれく、ライトの携行が必須となるからだ。今こうしてゴ-ルテ-プを切ったが、涙は全く出てこない。特に込み上げてくるものもなければ、驚く程の達成感もない。僕にとって100㌔という距離は、さくら道へのステップでしかない。きっと、本気でそう思っているからだろう。100㌔なんて屁でもない。少しはそう思える境地に近付いてきた気はする。ゴ-ルしても疲れはあまり感じていないし、まだ少しくらいは走れそうだ。前回の能登からは、確実にステップアップしていると思う。練習で積み上げた距離は、決して期待を裏切らない。これは間違いない。と言っても、所詮は月300㌔。さくら道を本気で目指すと言うのなら、最低でも月600、700㌔は走っておかなければならない。次は2ヶ月後の、飛騨高山ウルトラマラソン。何とかここで、11時間台を出しておきたい。
070_convert_20160429122730.jpg
明るいうちにゴ-ル出来た
075_convert_20160429122758.jpg
FINISHエイド(富士北麓公園、100㌔)  ※豚汁を2杯頂いた
074_convert_20160429122744.jpg
完走証と完走メダル


第26回チャレンジ富士五湖

距離:100km
時間:12時間21分37秒
順位:498位/1363人(男子) 
完走率:74.1%(1010人)
経過:10km(0:55:29)、20km(1:56:08)、30km(2:53:04)、40km(4:07:46)、50km(5:17:28)、60km(6:43:50)、70km(8:12:14)、80km(9:35:00)、90km(11:01:01)






005_convert_20160429144039.jpg
ミツバツツジ  ※道の駅 なるさわ
006_convert_20160429143904.jpg
富士吉田の水  ※道の駅 富士吉田
013_convert_20160429144015.jpg
今日は富士山が良く見える
016_convert_20160429144027.jpg
八ヶ岳連峰と市街地
スポンサーサイト



| 2016 | 17:40 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

完走おめでとうございます!そしてお疲れさまでした。
途中の下り坂がラストの上り坂になるということですか?
頑張ったのは間違いないでしょうけどあっさり走り切りましたね。
今年あと3戦ありますが、4戦を走り切る事自体がウルトラマラソンの様でもありますね。100戦完走に向けてそしてさくら道に向けてこつこつと頑張って下さい。
私も野辺山、そして今年は初参戦のくびき野、完走目指して頑張ります。

| サンサン | 2016/05/06 23:36 | URL |

Re

色々とコメント、有難うございました。
野辺山で是非、サブテンを達成して下さい。
応援しています!

| 夢追人 | 2016/05/09 10:51 | URL |

野辺山ウルトラはゴールする度に、サブ10なんて絶対ムリ!もう狙わない!と固く誓うのですが、人間って(私だけ?)バカなもんでまた次の年には今度こそサブ10なんて考えてしまいます(^_^;)
それでも目標があるから頑張って走れるんでしょうね。
今年もゴール後、やっぱり無理!って言ってる自分が目に浮かびますが頑張ってみます(^_^;)

| サンサン | 2016/05/13 17:56 | URL |

Re:

そんな弱気なことを言わないで下さい。
サンサンさんはサブスリ-ランナ-なので、セブ9も可能だと思いますよ。
僕はフルは走ったことがないですが、フルの3倍とか聞きますよ。

富士五湖で中盤一緒に走っていた男性ランナ-がいました。
初100㌔ということでしたが、フルはよく出ているようでサブ3.5の方でした。
僕はそのスピ-ドについていけなくなりましたが、その方、結局11時間半くらいで走っていました。

だから絶対に野辺山でサブテン達成して下さい。
サンサンさんなら絶対に余裕ですって。

| 夢追人 | 2016/05/13 18:31 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/798-d0c03842

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT