FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

黄金のコレクション~南米編(41)

2016年1月20日
リマ~



043_convert_20160329163909.jpg
ウゴ・コ-エン・ゴ-ルド・コレクション  ※中央準備銀行博物館、地下別室
040_convert_20160329163415.jpg
金の面


いよいよ南米最終日を迎え、今日は昨日に引き続き、終日リマの町を歩くとする。
ホテルの目の前にはサン・フランシスコ教会があり、西側にはアルマス広場を中心にカテドラル、ペル-政庁等歴史的な建造物が集い、観光客の姿が多く目につく。
これに対し東側は中華街を中心に屋台や安食堂といったロ-カルな雰囲気が味わえ、リマの町で暮らす庶民の暮らしぶりを垣間見ることが出来る。


朝限定で路上に現れるのが、激安が嬉しい、サンドイッチ屋台。
温められた丸いバンズに大きな具材がぎっしり詰まり、料金はこれで1ソル(36円程度)と安い。
1つの屋台でも具材は数種扱っており、この手のサンドイッチ屋台はこの辺りで多く見かける。
具材は店毎に特徴があり、何軒かハシゴして食べ歩くのも楽しい。
僕等は結局2軒ハシゴし、僕は天ぷら系、チヂミ系、卵ソ-セ-ジの3つ、嶺花はハンバ-グ2つに、チヂミ系の3つを試した。
屋台には飲み物も揃っており、マカ茶なんかがお勧めである。
001_convert_20160329144210.jpg
サン・クリストバルの丘
002_convert_20160329144250.jpg
サンドイッチ屋台

ラ・インキシシオン(宗教裁判所博物館)。
1532年にインカ帝国を征服したスペイン人は黄金に目がくらんだ征服者であると同時に、キリスト教の宣教師集団でもあった。
彼等はこの地を植民地化すると、異教徒と疑われる者に残酷な拷問を行い、改宗を迫った。
1820年の廃止まで迫害は続き、その様子が等身大の蝋人形で生々しく再現されている。
その残虐さは、とても人間の行いとは思えなかった。
ここは入場無料であり、是非とも訪れておきたい。
010_convert_20160329144405.jpg
ラ・インキシシオン(宗教裁判所博物館)
009_convert_20160329154408.jpg 006_convert_20160329154251.jpg
スペインによる植民地時代、異教徒と疑われた者は投獄(写真右)されたり
007_convert_20160329154349.jpg 008_convert_20160329154358.jpg
残酷な拷問を受け(写真左、右)、キリスト教への改宗を迫られた  ※↑画像クリックで拡大

011_convert_20160329144447.jpg
キザだね
017_convert_20160329162909.jpg
サン・ペドロ教会
013_convert_20160329144607.jpg 016_convert_20160329144617.jpg
教会内部
018_convert_20160329144637.jpg
街角の靴磨き
019_convert_20160329144649.jpg
リマ大司教宮殿博物館

次に訪れたのが、1980年開館の中央準備銀行博物館。
入口で荷物を預け(カメラ持ち込み可)、パスポ-トを掲示する。
3つの階から成る館内には、植民地時代から現代に至るまでの展示物が多く展示されている。
その中でも、地下の展示が飛び抜けて素晴らしかった。
021_convert_20160329151357.jpg
中央準備銀行博物館

土器や壺等それだけでも驚いていたが、一際厳重に管理されている一画、そこはまるで潜水艦のような重厚な扉がフロアを仕切っていた。
ここにはプレ・インカ時代の金の面や装飾品等、見るからにその希少価値が分かるものばかり。
年代の表記がなく個々の詳細は不明だが、どれも国宝級の展示物であることは間違いない。
これだけ充実した博物館なのに何と入場は無料、これは絶対に行くべき場所である。
025_convert_20160329144956.jpg
硬貨コレクション(1階)
022_convert_20160329144909.jpg 024_convert_20160329144932.jpg
カラヒアの棺(写真左)やマチュピチュ(写真右)等、記念硬貨は市場への出回りは少ないが一応現役
023_convert_20160329170947.jpg 051_convert_20160329171001.jpg
植民地時代の硬貨(写真右)も大変興味深い  ※↑画像クリックで拡大
027_convert_20160329145026.jpg
絵画コレクション(2階)
026_convert_20160329145005.jpg 028_convert_20160329145018.jpg
19~20世紀にペル-で描かれた歴史的名画が並ぶ  ※↑画像クリックで拡大
033_convert_20160329145210.jpg
土器コレクション(地下1階)  ※見応えは充分
029_convert_20160329145141.jpg 030_convert_20160329145154.jpg
035_convert_20160329145230.jpg 036_convert_20160329145240.jpg
037_convert_20160329145251.jpg 038_convert_20160329145301.jpg
表情豊かな人物や動物の土器が年代ごとに並ぶ  ※↑画像クリックで拡大
045_convert_20160329145451.jpg
プレ・インカ時代の貴金属コレクション(地下1階別室)  ※ここが最大の見所
049_convert_20160329164110.jpg
さすが銀行だけあり、巨大金庫で厳重に管理されている
041_convert_20160329145410.jpg 042_convert_20160329145420.jpg
044_convert_20160329145431.jpg 046_convert_20160329145551.jpg
047_convert_20160329145602.jpg 048_convert_20160329165104.jpg
金の面、装飾品、壺等が惜しみもなく展示されている  ※↑画像クリックで拡大
050_convert_20160329145705.jpg
伝統工芸(1階)


つづく・・

スポンサーサイト



| '16南米編 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/784-f729588e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT