FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

世界遺産ポトシの大銀脈~南米編(28)

2016年1月11日
ポトシ~スクレ



039_convert_20160309161452.jpg
世界遺産 ポトシ市街 (1987年登録)  ※2014年危機遺産にも登録


世界遺産の町ポトシ、世界で一番標高の高い都市(標高4090m)として例えられているボリビアの山岳都市だ。
この町に聳えるポトシ山で、1545年に大銀脈が発見された。
16世紀に開かれた鉱山からは、銀の他にスズ、タングステンが次々と発見され、”富の山(セコ・リコ)”と呼ばれ一時代を築いた。
ポトシ市街は1987年に世界文化遺産に登録されたものの、奴隷制度の象徴として、2014年には負の世界遺産として危機遺産登録もされている。


ポトシで待望の朝を迎え、今日は精力的に歩き回りたいところだ。
しかし嶺花の高山病は一向に直る気配はなく、時折、頭がズキンズキン痛むと言い出してくる。
元気はないし、本人は既に観光する気を失っている。
この町に対する欲が、まるでないのだ。
023_convert_20160309161212.jpg
高山病を患う娘

陽が昇り、辺りは明るくなってきたが、どの施設もオ-プンは大概8時か9時と遅い時間である。
町の中心となる11月10日広場のベンチに座り、ここでしばらく時間を潰すことにした。
町は新たな一日を迎え、確実に活気付いている。
たいしてすることもないので、毛布を二人の膝にかけ、少し目を閉じた。
025_convert_20160309161229.jpg
カテドラル

オ-プンの時刻を見計らって、ラ・コンパニ-ア・デ・ヘススの塔へと向かった。
ここから眺めるポトシの町並みは抜群で、せめてここだけでも嶺花に見せてあげたいと、無理に連れてきた。
ポトシ山の鉱山を背景に、日干しレンガと瓦屋根の家々が所狭しと建ち並ぶこの光景こそ、この町のイメ-ジと言える。
027_convert_20160309161240.jpg
ラ・コンパニ-ア・デ・ヘススの塔  ※眺望は抜群に良い
035_convert_20160309161422.jpg
パリ・オルコ (西の眺望)
036_convert_20160309161438.jpg
ポトシ市街 (南の眺望)
037_convert_20160309170723.jpg
旧国立造幣局やカテドラル (東の眺望)
040_convert_20160309161506.jpg
大銀脈を持つポトシ山

嶺花を11月10日広場のベンチで休ませ、一人見学に回った。
サン・ロレンソ教会、サンタ・テレサ修道院、サン・フランシスコ教会、旧国立造幣局・・。
外観を見た程度の急ぎ足での観光となったが、遠越しに垣間見る鉱山の存在が、確実にこの町の中心にあるんだと感じた。
042_convert_20160309161529.jpg
11月10日広場  ※嶺花は町歩きを避け、ここで静養
041_convert_20160309161517.jpg
旧国立造幣局
044_convert_20160309161554.jpg
サン・ロレンソ教会
045_convert_20160309161604.jpg
女性達のデモ行進
047_convert_20160309161616.jpg
サンタ・テレサ修道院
050_convert_20160309161710.jpg
デモに占拠されたカテドラル

11月10日広場に戻り嶺花と合流後、市バスに乗って新バスタ-ミナルへと向かった。
ここは驚く程立派な建物で、一見ショッピングモ-ルのようでもあった。
旧バスタ-ミナルがただの路上だっただけに、そのギャップには参ってしまう。
051_convert_20160309161721.jpg
新バスタ-ミナル (Nueva Terminal)
052_convert_20160309161735.jpg
旧バスタ-ミナルとは雲泥の差

長距離バスに乗り、次の町、古都スクレへと向かった。
ポトシから約165km、バスでは3時間半の距離となる。
(11:25ポトシ発、14:50スクレ着)

スクレ到着後、無事宿も決まり、これでようやく心身とも楽になった。
町は大変賑やかで、町歩きがとても楽しめそうだ。
観光は明日に取っておくことにし、ウユニで食べられなかったアヒルの丸焼きに挑戦した。

ウユニの町では1羽Bs.80だったけど、ここではBs.50で食べられる。
これまで幾つかの国で鶏(チキン)の丸焼きは何度も食べているが、アヒル(ダック)の丸焼きは初めての経験だ。
チキンより若干大きく、肉は柔らかくて食べ易かったが、味はチキンの方が上かな。
054_convert_20160309162020.jpg
グリル食堂
056_convert_20160309162104.jpg
アヒルの丸焼き(1羽880円)、ライス(90円×2)
055_convert_20160309162053.jpg
身が剥がれ易い

ボリビアは物価が安いので、町歩きが最高に楽しいな。
中央市場でパパイヤを買い、ホテルへと戻った。
今日は久々にゆっくりと眠れそうだ。
アラ-ムを全てオフにし、床に就いた。
062_convert_20160309162118.jpg
部屋でパパイヤを食す


スクレ・Hostal Charcas泊-Bs.80


ヘススの塔(Bs.10×2) ポストカ-ド(Bs.2×2) アイス(Bs.2) バス(ポトシ~スクレBs.20×2) トイレ(Bs.1) タ-ミナル使用料(Bs.2×2) バス(スクレ~ラパスBs.180×2) ホテル(Bs.80) 夕食(アヒル丸焼きBs.50、ライスBs.5×2) パパイヤ(Bs.6)  計Bs.577
スポンサーサイト



| '16南米編 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/770-e09acd69

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT