FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

出勤前に笹の子山へ

今年もこの季節がやって来た。効率の良い淡竹(はちく)に熱が移ってはいるが、やはり笹の子には笹の子の魅力が(たぶん)ある。僕はそう願っている。移動に費やす時間と燃料代、採取に流す汗、潜む危険性、料理の手間・・。これらを重々承知の上で、今年もいつもの笹の子山に入った。1年に1回くらいは・・。このノルマ的な考えが大半を占めているが、あの見つけた時の喜び、ポキッとへし折る時の感触が、僕を未だに引き寄せているのだろう。
004_convert_20150531135035.jpg
山頂から望む飛騨の山々  ※笠ヶ岳(写真左端)、大キレット、穂高連峰(右端)

土日を跨ぐと誰かに荒されそうだったので、金曜日の朝、山に入った。5月29日、朝4時起床、4時50分入山。この日僕が一番乗りだったが、下山までの間に2名の男性と山中で会った。いずれも地元風の年配者で、見るからにプロの井出達。今年はどうや・・とは最初の方。昨年と違って今年は丁度いいですよ・・と返す僕。今年は少ないな・・とは次の方。そうですか、結構ありますよ・・と返す僕。そこはさっき僕が入った場所です・・とは言えなかった。まだ荘川の方が採れるな・・と仰っていたが、あまり遠い所までは行きたくない。移動に時間さえかければ、わんさか採れる場所も僕は知っている。それでもしぶとく4時間採取に励み、まずまずの収穫量を得た。
011_convert_20150531135052.jpg
4時間の収穫
014_convert_20150531140818.jpg
比較的豊作だった

餅は餅屋ということで、僕は採取に専念し、料理は全て母に任せている。しかし端的に言って、採取の手間くらいは別に大したことはない。その先料理の手間にかなりの時間がかかるようで、夕食の時間までほぼ1日がかりの大仕事となっている。やはりこの点も、完全に淡竹の方に軍配が上がる。何せ笹の子は小さ過ぎて、コストパフォ-マンスが悪過ぎる。食べるだけの人はスリムな笹の子の方を好むだろうが、採る人、料理を作る人にとっては、結構厄介な位置付けにある。
019_convert_20150531135239.jpg
山の恵みに感謝


040_convert_20150531135654.jpg
天ぷら(笹の子、ウド、雪の下)
044_convert_20150531135740.jpg
蕗の煮物、茹で笹の子、ニラ納豆
024_convert_20150531140831.jpg
味御飯(笹の子)
028_convert_20150531140844.jpg
味噌汁(笹の子、ワラビ)
042_convert_20150531140903.jpg
卵とじ(笹の子)
043_convert_20150531140915.jpg
おかか和え(笹の子)
046_convert_20150531140025.jpg
ニラ(自家製)玉炒め
045_convert_20150531140010.jpg
ウドの和えもの

057_convert_20150531140040.jpg
箱入り息子も間もなく3歳
スポンサーサイト



| 笹の子 | 15:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/703-66a71015

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT