FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

城壁の町、アビラ~ジブラルタル海峡を越えて編(30)

2015年1月17日
セゴビア~アビラ



1532_convert_20150414190813.jpg
世界遺産 アビラ旧市街と城壁外の教会群
1552_convert_20150414191409.jpg
サンタ・テレサ広場で城壁を眺めながら夕食


クアトロ・ポステス。
4本の柱と十字架が立つこの町外れの展望台からは、アビラの町が一望出来る。

サン・ビセンテ門より城壁へと上り、カテドラルを背に西へと進んでいく。
所々に塔があり、そこから見渡す町の景色はどれも素晴らしいものであった。
町は赤レンガ屋根で統一され、道路は全て石畳。
中世そのままの面影を残す旧市街は、上から見渡してみると違った表情を見せた。

クアトロ・ポステスからぼんやりと城壁を眺め、間もなく沈みゆく太陽を右後方に受けている。
もちろん、傍らにはワイン。
僕にとってこの国では水の存在価値はないに等しい。
代わりに朝昼夜関係なく、ワインが僕の喉を潤してくれる。

スペインと言えば、誰もがバルを思い浮かべるかもしれない。
バルも確かにいいのだろうが、絶景とは無縁だろう。
こうして町一番の景色を前に飲むワインは、それが0.59€の最安ワインであっても、いかなる高級ワインも敵わない。


1435_convert_20150414185452.jpg
宿の朝食
1438_convert_20150414185513.jpg
水道橋にお別れ
1445_convert_20150414185533.jpg
熱気球

アビラという町の名は、僕は全く知らなかった。
セゴビアが有名なだけに、逆に隣町のアビラの知名度は低く、実際セゴビアからアビラに向かうバスは9時と18時の1日2本しかなかった。
そしてその9時のバスでさえ、乗客はほとんどおらず、バスが2本なのも妙に納得したものだ。
そんなアビラではあるが、歴史は古く、見所も多い。
訪れて良かったと満足している。
1449_convert_20150414185555.jpg
城壁と列車型の観光バス
1452_convert_20150414185614.jpg
城壁をくぐり旧市街へ

宿は、旧市街のカテドラル近くに決めた。
受付の若い女性に英語が全く通じず、僕は少々焦っていた。
泊まりたい・・という意思を理解してもらうのに、どれだけ時間を要したことだろう。
宿なんだから、それ以外に一体何を求めているというのだ。

しかし、部屋はまずまずであった。
小さなベランダは抜けそうで怖かったけど、道向かいにバルを見下ろし、左手にカテドラルも眺められる。
正午前にチェックインし、昼食はこのベランダでとった。
毎日朝昼晩と変化のない食事だけど、お腹一杯食べれるし、2人とも飽きも不満も一切ない。
1456_convert_20150414185757.jpg
部屋は広く、バス・トイレ付き

バルの店主や客と目が合い、ワイングラスを持ち上げて、乾杯の気持ちを表現した。
眼下には通行人、その後ろにはカテドラルが聳えている。
テレビからラジオの洋楽を流し、気分は既に出来上がっている。
1455_convert_20150414185625.jpg
カテドラルを眺めながら昼食

この町の観光案内所は、利用価値が高い。
トイレが利用出来ることはもちろんだが、ホテルやス-パ-の情報も大いに役に立った。
今の僕等の優先順位を挙げるなら、まずは宿探し、次にス-パ-マ-ケット、そして観光といったところか。

案内所で教わった近くのス-パ-で、明日用のワインや今日用のサンドイッチ食材を仕入れ、一旦宿へ置きに戻る。
次の町にス-パ-があるか分からないので、ワインは翌日分も常に買い込んでいる。
ほとんどアル中のようだが、モロッコで我慢した分、これは仕方ない。
そしてようやく観光、世界遺産見物となる訳だ。
地方の町での観光は、昼過ぎくらいからのスタ-トで丁度いい。
1481_convert_20150414190127.jpg
観光案内所近くのス-パ-マ-ケット
1483_convert_20150414190142.jpg
買い出しも楽しい

カテドラル。
12世紀に建てられた大聖堂で、重厚な趣が静かな町に溶け込んでいる。
聖堂内をよく見ると、赤い斑点入りの砂岩が目につく。
これは大変珍しいものらしく、一見の価値はある。
1459_convert_20150414185819.jpg
カテドラル
1474_convert_20150414190026.jpg
赤い斑点入りの砂岩
1462_convert_20150414185840.jpg 1464_convert_20150414185858.jpg
1467_convert_20150414185952.jpg 1470_convert_20150414190008.jpg
内部はどこも同じ

サン・ビセンテ門から城壁の上に登る。
この城壁は1090年から9年かけて築かれ、全長2.5km、平均高さは12mとなっている。
幅は3mあり、歩いていて恐怖感はない。
所々に塔があり、そこから眺めるアビラの赤い町並みは、どれも違う表情で印象的だった。
1501_convert_20150414190316.jpg
中世の色
1510_convert_20150414190333.jpg
城壁ウォ-ク
1511_convert_20150414190345.jpg
見晴らし抜群
1512_convert_20150414190439.jpg
城壁終点付近

カモやアヒルが優雅に泳ぐアダハ川を渡り、クアトロ・ポステスを目指す。
城壁からはその場所を確認することが出来なかったが、近付くにつれ、次第にその全容が明らかになってきた。
裏側は道路と面し、地元の若者は車で乗りつけていた。
城壁歩きも楽しかったが、城壁はこうして遠くから眺めてこそ、その大きさがよく分かる。
1519_convert_20150414190457.jpg
転倒直前
1524_convert_20150414190634.jpg
馬はいい  ※これには2人とも大爆笑
1527_convert_20150414190654.jpg
クアトロ・ポステスから旧市街を望む
1535_convert_20150414190835.jpg
夕暮れの色は
1536_convert_20150414190924.jpg
昔から変わらない

城壁に囲まれた旧市街を通り、サンタ・テレサ修道院へ。
ライトアップされた城壁の外を散策し、アルカサル門前の広場に辿り着く。
光り輝く城壁を眺めながら、サンドイッチを作り夕食とした。
とても寒い町だけど、町はとても美しい。
1542_convert_20150414190944.jpg
サンタ・テレサ修道院
1545_convert_20150414191201.jpg
夜の広場
1548_convert_20150414191236.jpg
光る城壁

人通りは多くはないが、誰もが洗練された井出達で、町の雰囲気と上手くマッチしている。
町中の誰もが、映画に登場するエキストラのように。

宿は暖房が利いており、玄関の扉を開けた瞬間から外の寒さを忘れてしまう。
セゴビアの宿もそうだったが、ロビ-、廊下、部屋の全てにおいてオイルヒ-タ-が稼働していて、屋内は実に快適だ。
部屋の湯船にゆっくり浸かり、今日の白ワインを完結させた。
1日1本(1㍑)とノルマを決めているが、どの町も大変素晴らしく、このノルマは実に容易い。
1560_convert_20150414191421.jpg
いい湯だ

僕の背中には、いつもバックパック・・。
そしてそのバックの中には、いつもワインボトルが入っている。
この国ではもう必須である。

(※紙パックの1㍑ワインは一度開封すると持ち運べない為、空のボトルに詰替えている)


アビラ・Hostal SanJuan泊-30€


バス(アビラ~サラマンカ6.69€×2) 宿代(30€) ス-パ-マ-ケット(レタス1.29€、ポテトチップス0.79€×2、ワイン1㍑0.75€、マヨネ-ズ1.2€、食パン1€、ハム1€、チ-ズ0.8€) カテドラル(大人5€、子供フリ-) 城壁(大人5€、子供フリ-) ポストカ-ド(0.3€)  計61.3€

スポンサーサイト



| '15ジブラルタル海峡を越えて編 | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/680-3fbcef18

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT