FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

世界最大のス-ク~ジブラルタル海峡を越えて編(18)

2015年1月7日
マラケシュ



734_convert_20150321103910.jpg
世界遺産 マラケシュのメディナ
746_convert_20150321104255.jpg
革なめし職人地区


マラケシュ2日目。
今泊まっている宿、HOTEL AFRIQUIA。
深夜までお祭り騒ぎが続くフナ広場から近いのだが、実に静かな所だ。
宿泊客は他にはほとんどおらず、それが静けさに更に拍車をかけている。
12時間近く眠り、体調はほぼ回復したと言っていい。
720_convert_20150321103439.jpg
護身のシンボル ファティマの手
721_convert_20150321103503.jpg
青年オマ-ル
722_convert_20150321103524.jpg
お勧めホテル

軽い朝食を済ませ、昨日出向いたツア-オフィスへと再度向かう。
昨日一応約束はしていたが、胡散臭さが気にかかり、その後の約束はすっぽかしていた。
しかしその後も再三勧誘の男に町で出会うし、逃げるに逃げれなくなった。
オフィスで明後日からの2泊3日サハラ砂漠ツア-を申し込み、料金を支払った。
723_convert_20150321103541.jpg
蛇を囲む足
725_convert_20150321103602.jpg
ツア-オフィス  ※少し胡散臭いが結果的にグッド

今日は移動がなく時間もあることだし、とことんス-クを彷徨うと覚悟を決めた。
縦横無尽に延びる路地を、気の向くのまま、一切方角は気にせず無心で突き進む。
『コンニチワ、オゲンキデスカ、アリガトウ、サヨナラ・・』
余程日本人が多いのか、こんな言葉が路地の至る所から僕等に投げかけられる。

いい加減彼等の相手に疲れ、無視して通り過ぎようとすることがある。
すると、背後から声が届く。
『ナニカ・・オトシタヨ!』
その言葉に反応し、ふと後ろを振り返る。

彼等はニコリ、笑顔で手を振っている。
何かを落としたなんてことはなく、彼等にまんまと騙されたのである。
コリャ、完全に一本取られたな・・。
不思議と後味は悪くない。
727_convert_20150321103626.jpg
買い物をするイスラムの婦人
729_convert_20150321103643.jpg
ス-ク

店の前に立ち止まり気になる商品に見入っていると、どこからともなく、こんな言葉が届く。
『イクラナラカウ?』
インド商人勝りの日本語だが、モロッコの彼等が使うとやけに新鮮で心地良い。
砂漠ツア-の勧誘にしても、『ラクダ、ラクダ・・』とひたすら同じ単語ばかり連呼している。

『イイジャ、ナイノ~』
どこで覚えたか、こんな流行のフレ-ズで日本人の受けを狙ってくる者までいる。
彼等は自分の言っている日本語を、おそらくほとんど理解していないだろう。
ただ日本人のリアクションを楽しんでいるように見える。
しかし嫌な日本語を発する者はおらず、それが、彼等が好印象に映る要因なのだろう。


マラケシュ博物館。
ここは、19世紀後半に宮殿として造られた。
1956年のモロッコ独立後には、マラケシュで最初の女学校として使われていたという。
730_convert_20150321103711.jpg
マラケシュ博物館のパティオ

ベン・ユ-セフ・マドラサ。
1565年に建てられたイスラム神学校で、1956年まで使用されていた。
マグレブ諸国のマドラサの中で最も規模が大きく、アラブ・アンダルシア建築の最高傑作といわれている。
建物の大部分を占めるのは学生達の寄宿舎で、130もの小部屋に900人を収容していた。
742_convert_20150321104053.jpg
ベン・ユ-セフ・マドラサ
731_convert_20150321103735.jpg
凝った装飾
736_convert_20150321103927.jpg
130もの小部屋が整然と並ぶ

メディナ内を東へと進み、革なめし職人地区へと迷い込んでいく。
しかしこの地区、相当たちが悪い。
頼んでもいないのにガイドまがいの男が勝手に付きまとい、行く手を遮り、離れようとしない。
何とか振り切ってようやく自由になれたと安堵しても、今度は別の男が現れる。
勝手にガイドしておいて、高額なチップを巻き上げようとする魂胆だ。

おそらく職人と勝手ガイドは、全く関係していないと思う。
職人は快く見学していけと手招きしてくれ、お金をせびる素振りは一切見せない。
黙々と自分の仕事だけに没頭し、正しく”これぞ職人”といった感じである。

この職人達があってのこの地区なのだが、職人とは無縁のチンピラが勝手に卑屈な商いを行っている。
それも威圧的に威張り腐っているのが、無性に腹立たしい。
自称ガイドなら、せめてガイドくらいしてくれるだろうが、このチンピラはそれもない。
ただ先導するだけで、金をよこせと言いやがる。
749_convert_20150321104310.jpg
見た通り治安は良くない
750_convert_20150321104330.jpg
作業場
753_convert_20150321104348.jpg
職人

居心地の悪い場所での長居は禁物である。
帰路、魚を揚げる一軒のおんぼろな店で昼食を取る。
これまで海沿いの町を旅してきたが、魚を食べれなかっただけに悔いを残していた。

こうして焼き魚にかぶりついてみると、最高に美味しかった。
しかも、1匹10DHと安い。
箸もスプ-ンも、フォ-クもない店だが、レモンを絞り、塩を手でまいて食べる。
755_convert_20150321104433.jpg
揚げたての魚は美味かった
757_convert_20150321104454.jpg
猿回し

夜のフナ市場には、今夜も至る所に大きな輪が出来ていた。
その中心にいる大道芸人は昨日とは異なって見える。
各地から一攫千金を夢見て、この広場へ集まってくるのだろうか。
770_convert_20150321104657.jpg
クトゥビアに残るモスク基礎部分
773_convert_20150321104745.jpg
夜毎賑わうフナ広場
772_convert_20150321104725.jpg
空き瓶釣り

毎晩深夜2時まで続いている各種屋台には、各々に番号が振られている。
暇そうなオレンジジュ-ス屋台の客引きが、見ていて実に面白い。
偶然旧知の友人に再会したかのような驚きと、満面の笑顔で手招きされ、それが何軒も続く。
たとえ屋台との距離が数十m離れていたとしても、一瞬でも目が合えば笑顔を振りまいてくる。

安くて美味しいハリラ屋台は、客引きなどせずとも、いつだって大繁盛。
二度と行きたくない10DHのエスカルゴ屋台はやはりリピ-タ-が来ないようで、今も客引きに必死である。

料理屋台はどれも同じかと思っていたが、内容に違いがあることが分かった。
よく見れば噂の人気屋台だけ、やけに混んでいる。
明日はマラケシュ最終日。
この人気の料理屋台でマラケシュの味を存分に堪能してみたい。


マラケシュ・ホテルAFRIQUIA泊-120DH


朝食(焼きパン3DH×2) サハラ砂漠2泊3日ツア-(750DH×2) 土産(キ-ホルダ-5DH×3) マラケシュ博物館・マドラサ(共通券大人60DH、子供30DH) クリ-ムパン(2DH×2) 昼食(焼き魚10DH×2、ス-プ1DH×2、パン1.5DH×2) ポストカ-ド(2DH×2) 土産(しおり6DH) ソフトクリ-ム(2DH) 宿代(120DH) ド-ナツ(2DH×2) 夕食(サンドイッチ8DH×2、ハリラ3DH×2) 光り飛ぶ羽根(5DH、言い値20DH)  計1804DH
スポンサーサイト



| '15ジブラルタル海峡を越えて編 | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/667-a1bb1529

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT