FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アルハンブラ宮殿~ジブラルタル海峡を越えて編(2)

2014年12月24日
~グラナダ



041_convert_20150223091709.jpg
世界遺産 アルハンブラ宮殿
066_convert_20150223092451.jpg
グラナダア-ト


グラナダに着いたのは、朝6時半だった。
バスの車内はそれ程広くはなかったが、背もたれが利き、室温は適温に保たれ、疲れた体を癒すには十分であった。

静まり返った早朝のバスタ-ミナル。
次の町への出発時間を調べ、窓口の女性に翌朝セビ-リャへ行きたい旨を申し出る。
しかし無愛想な女曰く、2人で58.7€とべらぼうに高い。
僕が”明日のチケット”と申し出た時の、女の驚きの表情も真意が掴めない。
この金額の高さと、何か関係しているのかもしれない。
明日の朝でも買えそうな気配を感じ、ここは一先ず購入を見送るとする。

タ-ミナルの外には、市バスの停留所があった。
しかしどうやら市中心部へと向かうバスはないようで、誰もいない闇の中、僕等はいきなり路頭に迷った。
それでも何とか中心部に近づくらしいバスを見つけ出し、1人1.2€を払い強引に乗り込む。
隣の乗客に助けてもらい、彼女の教えてくれた場所で下車。
やけに近いと思ったが、ここが目的地ではなく、ここで乗り換えろということらしい。
その先乗ろうとしたトラム型の車両は車内でチケットが買えず、停留所の自販機で乗車前に買っておくことになる。

しかしこの機械使い方が難しく、終いにはどこの機械も壊れていて硬貨を受け付けてくれない。
地元の人は皆定期券を持っていて自販機には頼らない、これも僕等を苦しめた要因だった。
何人かに頼んでみたが誰が試しても結果は同じ、挙句の果てに停留所をたらい回しにされる。

そうこうしている内に、そもそも歩けない距離でないことが分かり、道を訊きながらカテドラルを目指して歩き出すことにした。
やはり旅の基本は歩くことだ。
バックパックを背負う者は、常に1時間、2時間歩くことくらい覚悟しておかなければならない。

それにしても、朝8時でこの暗さは何なんだ。
通行人はほとんどおらず、一体いつになったらこの町は目覚めるのだろう。
しばらく歩いたところでガイドブックに載っている宿を見つけた。
ここに来て、ようやく現在地を把握。
更に先へと進み、次に見つけた宿の扉を開ける。

スペインでは宿代に2人30€くらいの予算をみているが、一番安い部屋でも45€するという。
いきなりこの高額の出費は痛いが、先程見つけた宿へ戻ってもこれより安い保証はない。
更に、この先で見つかる保証もない。
これは仕方ない、この金額を受け入れるしかないようだ。

部屋はカ-ド式でテレビやエアコンを完備、バスタブがついているのが一番嬉しかった。
ユ-スホステルのドミトリ-だと疲れはとれないし、何より料金が安宿のダブルとたいして変わらない。
この15€の差額は風呂代だということで、自分を納得させた。


身支度をし、外に出る。
町は新たな一日を迎えていた。
宿を得たことで少しは緊張の糸が解け、ヨ-ロッパの重厚な街並みに見とれる余裕も出てきた。

20年程前に妻とスペインを旅したことがあるが、アルハンブラ宮殿の記憶は何もない。
今と違ってデジカメもない時代、ネガ写真は余程気に入った町で1枚撮ったかどうか。
そして時を経て今度は娘と再度この宮殿を訪れたのだが、やはり印象は何も残らなかった。
030_convert_20150223091502.jpg
マンホ-ルにもアルハンブラの文字が
031_convert_20150223091537.jpg
サンタ・マリア教会
032_convert_20150223091549.jpg
魔除け
053_convert_20150223092203.jpg
グラナダ最古の町並みが残る アルバイシン
038_convert_20150223091650.jpg
深彫のアラビア文字
045_convert_20150223091827.jpg
円柱のア-チ
046_convert_20150223091844.jpg
二姉妹の間
049_convert_20150223092058.jpg
ライオンの中庭
051_convert_20150223092122.jpg
壁の装飾
052_convert_20150223092139.jpg
宙に浮く
054_convert_20150223092232.jpg
顔入れ
056_convert_20150223092302.jpg
貴婦人の塔
062_convert_20150223092403.jpg
アセキアのパティオ
063_convert_20150223092430.jpg
町を一望

アルハンブラ宮殿からの帰路、運良く小さなス-パ-マ-ケットを見つけた。
ここでフランスパンと安物のワイン、ジュ-スを買い込む。
今日はまだ何も食べていないので、二人ともかなり腹ペコだった。

ワインのコルクは、通りすがりのバルに頼んで開けてもらった。
広場のベンチに座り、寒空の食事タイムとする。
ワインのビンを逆さにし、赤い血液を体内にぐいぐいと流し込む。
今更言うまでもなく、最高の瞬間。

物価の高いヨ-ロッパにあって、僕等の食生活は今後ス-パ-マ-ケット抜きでは無理だろう。
ワインが安いことだけが、せめてもの救いである。
20年前に成し得なかった夢”バルに行くこと”は、こんな感覚では今回も無理のようだ。

世界遺産を見ても感動しないし、食生活は大変ひもじい。
そして何より、僕等は町の雰囲気にマッチしていない。
そのくせ、お金だけは驚く勢いで飛んでいく。

やはり僕等にはこういった洒落た国は向いていないようだ。
早々とアフリカ大陸を目指そうと思う。

067_convert_20150223092513.jpg
ミカンの木
068_convert_20150223092537.jpg
せめてワインでも
071_convert_20150223092604.jpg
カテドラル
035_convert_20150223091631.jpg
バスタブ


グナラダ・アテナス泊-45€


市バス(1.2€×2) ホテル(45€) アルハンブラバス(1.2€×2) アルハンブラ宮殿(14€、子供フリ-) ポストカ-ド(2枚1.5€) フランスパン(0.7€×2) ス-パ-(フランスパン0.6€×2、オレンジジュ-ス1.5㍑0.6€、赤ワイン1.33€、袋0.04€)  計69.87€
スポンサーサイト



| '15ジブラルタル海峡を越えて編 | 11:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/650-e3a6931b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT