FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

世界遺産 富岡製糸場~長野・富岡の旅(2)

【日時】平成26年12月8日(月) 旅行2日目
【場所】戸倉上山田温泉~富岡~自宅



119_convert_20150213193412.jpg
碓氷第3橋梁(めがね橋)
157_convert_20150213200346.jpg
世界遺産 富岡製糸場


旅行2日目。起床後まずは朝飯前に一風呂浴びてくる。朝食ももちろんバイキング、これでもかというくらい腹に納めておいた。カラオケに卓球、温泉に夕食朝食のバイキング・・。夕食にはズワイ蟹やアルコ-ルも好き放題。これだけ楽しませてもらい、1泊2日大人6800円(割引券1000円分利用)、小学生6800円、幼児4900円という驚きの価格。夕食の食べ放題飲み放題が4000円だろ、朝食バイキングが1000円、温泉に2度入り1000円、カラオケが800円。・・ってことは、宿泊費はどこいった? ついこんな計算をしたくなるのも無理もない。どう考えたって安過ぎる。
103_convert_20150213193142.jpg
朝食バイキング

時として我が家のカ-ナビは、不適な場所に僕等を誘導する。誰も通らないような峠道に迷い込み、異変に気付いた時にはもう遅い。後戻りしたのでは距離的に時間的に馬鹿馬鹿しく、結局はこのまま行くしかないという結論に至る。そして今回もそんな峠道に僕等は誘導された。これがとにかく凄いスゴイ峠道だった。山国で暮らす僕でさえ、信じ難いカ-ブの数。100、200ものカ-ブ(番号がついていた)が連続し、擦れ違う車はほぼ皆無。堪らず終盤、妻は車内で濁音を上げる。車内は大変なことになったが、世の中そう悪い事ばかりではない。こんな僻地だからこそ、と思える場所に救われた。

碓氷(うすい)第3橋梁。通称、めがね橋。国指定重要文化財にも指定されている。峠に負かされた妻と興味心を失せた長女の二人を駐車場に残し、車道脇の歩道を下り、橋の上へと登って行く。駐車場に設置されていた看板(峠路探訪 碓氷峠周辺ガイド)によると、ここをアプトの道と呼ぶらしい。その昔機関車が通っていた廃線跡を、今では人が自由に散策出来るというもの。JR横川駅近くを始点とし、トンネルを10個抜け、熊ノ平までを往路2時間、復路1時間半のコ-スが整備されている。トンネル内は意外と明るく、探検気分も味わえそうだ。時間があれば是非全コ-ス歩いてみたい。
104_convert_20150213200918.jpg 110_convert_20150213201410.jpg
碓氷峠周辺ガイド ※画像クリックで拡大         使用当時の写真 ※画像クリックで拡大           
106_convert_20150213193224.jpg 114_convert_20150213193308.jpg
説明板 ※画像クリックで拡大                 トンネル内部
109_convert_20150215091619.jpg 112_convert_20150215091948.jpg
標識                               アプトの道 ※画像クリックで拡大 
111_convert_20150215092550.jpg
5号トンネル(手前)の先に、メガネ橋と6号トンネル
108_convert_20150215091456.jpg
6号トンネル

ここは群馬県第5区、小渕優子さんの地元のようだ。先日金銭がらみで失態を招いただけに、この選挙で進退が問われることだろう。しかしこれだけの知名度や人気からして、負けることは想像しにくいが。
122_convert_20150213193450.jpg
小渕さん


123_convert_20150213193504.jpg
世界遺産決定(号外)

旧富岡製糸場。2014年に世界文化遺産に登録され、同年、繰糸(そうし)所、東置繭所、西置繭所の3棟は国宝にも指定されている。そんな今最もホットな場所に来るのが、今回の旅最大の目的でもあった。近代日本の夜明け。明治政府の掲げた二大国策が、富国強兵と殖産興業。その一翼を担うべく、明治5年(1872年)に日本で最初の官営模範工場として富岡製糸場が誕生した。江戸時代末期に鎖国政策を変えた日本は外国と貿易を始め、当時最大の輸出品が生糸だった。富岡付近は養蚕が盛んで生糸の原料の繭(まゆ)が確保出来るなどの利点があり、明治3年フランス商館勤務のポール・ブリュナによりこの地が工場地に選定された。
124_convert_20150213194144.jpg 130_convert_20150213194202.jpg
旧富岡製糸場表門                      西繭倉庫
132_convert_20150213194232.jpg 140_convert_20150213194251.jpg
逆光                               検査人館
134_convert_20150213194311.jpg 141_convert_20150213194337.jpg
赤レンガ                             繰糸場外観

富岡製糸場は、殖産興業を推進する為に国が建てた大規模な建造物群。繰糸場は長さ約140.4m、幅12.3m、高さ12.1mと、当時世界的にも最大規模であった。 工場建設は明治4年(1871年)から始まり、翌年完成。全国から集まった工女たちの手によって、本格的な器械製糸が始まった。時を経て、器械製糸の普及と技術者育成という当初の目的は果たされ、官営工場は明治26年(1893年)に三井家に払い下げられる。その後、合名会社への譲渡や独立、 合併を繰り返し、戦中・戦後と長く製糸工場として稼働した。しかし生糸値段の低迷などにより、昭和62年ついに操業を停止することになる。
136_convert_20150213194351.jpg
次男タイシ
147_convert_20150213194527.jpg
繰糸場
152_convert_20150213194702.jpg 155_convert_20150213194752.jpg
女工                                片倉診療所
154_convert_20150213194737.jpg 156_convert_20150213194814.jpg
繰糸場に並ぶ繰糸機                     第一教室と洋裁室
164_convert_20150213194837.jpg
レトロな東繭倉庫内

久々に家族で観光したな、という清々しい気分になった。それにしても、明治期の建造物を世界遺産に推すなんて、日本も在庫が底をついているようだ。峠の釜めしで有名な『おぎのや』の富岡製糸場前店で休憩とする。シルクソフトやたいやき、釜めしおやきを食べ、ご当地を満喫。路地に連なる土産物屋で土産をたくさん買い込み、楽しかった富岡を後にする。
170_convert_20150213195306.jpg
おぎのや富岡製糸場前店

こんにゃくパ-ク。富岡に来たなら是非ともここに来るべきだろう。事前に妻が何かで見つけていた場所であるが、今回の旅行を一層思い出深いものにしてくれた。味噌おでん、糸こんにゃく、レバ-風、刺身風、ラ-メンやスイ-ツ・・。これらこんにゃくの創作料理を無料バイキングで腹一杯味わうことが出来る。やはりこんにゃくは、味噌をつけて普通にこんにゃくとして食べるのが一番美味しかった。素晴らしいアイデア料理に感心しきりで、逆に無料では恐縮してしまう。おみやげコ-ナ-も充実しており、群馬名産のこんにゃくを安くたくさん買い込んだ。無料バイキングの意図に、少しは応えられたかな。僕自身師走のかなり忙しい時期ではあったが、2日間時間を割いただけの有意義な家族旅行となった。
177_convert_20150213195343.jpg
バイキングコ-ナ-
176_convert_20150213195325.jpg
様々なこんにゃく料理が全て無料
179_convert_20150213195400.jpg
詰め放題 1回500円
181_convert_20150213195417.jpg
こんにゃくパ-ク
スポンサーサイト



| 日本の旅 | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/647-206ba9cf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT