FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

乗り継ぎの奇跡Ⅱ~東南アジア周遊編(33)

・・前回の続き


『エッ、名古屋行きはもう閉まりましたよ!』
『たぶんもう無理ですけど、一応Eチケットを見せてもらえますか・・』

この非情な返し言葉に僕もかなり焦った。
しかしサイゴンからのフライトが大幅に遅れたことは航空会社側に要因があり、僕に一切の否はない。
カウンタ-越の女性職員は、必死の形相で、僕等のチェックイン手続を進めてくれた。
既に搭乗は8時半から始まっているが、僕等は8時45分ようやくチェックインを終える。

日本人の男性職員に急かされ、手続きラインまで彼の背中を追って走る。
僕と嶺花は、男性職員から渡された紫色のシ-ルを胸に付けている。
これは、切羽詰まった状況を示している証、で空港関係者にはこのシ-ルの意味することが分かるらしい。
入国審査、荷物検査と並んでいる列を無視し、胸のシ-ルを指さし、強引に進んでいく。

無事出国審査を終え、搭乗ゲ-ト目指して全力で走る。
間に合ってくれ・・。
後ろをつける嶺花のことなど、一切気にかけている余裕はない。
慌てふためく僕等の姿に、ゲ-ト215番の職員が手招きをして叫び出した。
『ナゴヤ!ナゴヤ!』

搭乗ゲ-トでの最終チェックも無事終え、これで確実に飛行機に乗れると安堵した。
広い空港敷地内、タ-ミナルビルの外に出る。
遠く離れた滑走路でスタンバイする飛行機までは、専用のバスで移動する。
この時間に及んでも、まだ飛行機に乗っていない乗客がいたことが幸いした。

そして9時、飛行機に乗り込む。
9時13分機体はゆっくり動き出し、9時36分MU529便は名古屋に向けて離陸した。
CIMG3189_convert_20150210114518.jpg
なんとか間に合った
CIMG3193_convert_20150210114813.jpg
機内食

あの場面で何気ない一言を掛けなかったら、今頃まだ呑気にチェックインカウンタ-に並んでいたのかもしれない。
それに、もし預け荷物を持っていたら、まずこうして間に合わなかっただろう。
奇跡とは偶然か必然か・・。
僕等は寸前のところでフライトに間に合い、飛行機は何事もなかったように上海を飛び発った。

そして、現在12時30分。
飛行機は一気に高度を下げてきた。
間もなく、着陸体勢に入る。
CIMG3196_convert_20150210114828.jpg
日本だ!


サイゴンのコンビニで、パスポ-トや財布を盗まれたという日本人に出会った。
旅行者は常に狙われている。
子連れとなれば、尚更だ。
少しでも隙を見せたなら、いとも簡単に全てを失ってしまうだろう。
現地の人も、あまり信用しない方がいい。
親切の後には、たいていお金を要求される。

今回の旅で、いくつかの反省点。

ラオス入国後、2日程はドルで過ごしていた。
しかしドル払いだと、明らかに損をしている。
訪れることが確実な国くらい、最低1日分くらいの現地通貨を予め持参しておくべきだった。

これまでの旅の中で、日本円を持参して不都合だと感じたことはあまりなかった。
しかし今回、ラオスで通用度の低さには驚いた。
日本はここまで落ちてきたのか・・。
東南アジア諸国との差は確実に縮まっており、いつまでも”黄金の国ジパング”ではないことを身をもって体感した。

ラオスからベトナムへ渡る際、旅行者がほとんど通らない国境を越えた。
そして到着した夜の町ビンで、両替に苦労した。
英語はあまり通じず、已む無くバス係員に連れていかれた貴金属店で、1万円をドンに替えた。
レ-トは最悪だったが、他に選択肢はなかった。

ハロン湾ツア-で、高額な小舟に乗ったことも悔やまれる。
自分の英語力の無さが前提にあるが、もう少しゆとりを持って、周囲の空気を読むべきだった。
先手先手と急ぐことは時として失敗につながる、ということを学んだ。

ベトナムのオ-プンツア-バスは、いつだって町のどこだか分からぬ場所に到着する。
そして、結局はバイクタクシ-に頼わざるをえなくなる。
そういう場面で、彼等の言いなりになっていたことが僕は悔しい。
バックパッカ-なんだから、何時間でも歩く覚悟を持つべきだった。

ベトナムからビアホイはほぼ消えた、こう言っても過言ではない。
10年前を知る再訪者は、皆ベトナムの物価の上昇に驚いている。
僕にとってベトナムはただバイクが多いだけの国になってしまい、楽しみも半減した。

今回、初めて旅に出た嶺花。
僕がどんなに苦境に立っていたとしても、いつだって隣で楽しそうにしていた。
今起こっている事の深刻さが分かっていないからだろうが、この適応力は旅に向いている。
東南アジアを1ヶ月回り、娘にも相当免疫がついただろう。

来年はどこに行こうかな・・
次の旅は、もう始まっている。

CIMG3204_convert_20150210114844.jpg
名鉄 中部国際空港駅
CIMG3205_convert_20150210114857.jpg
JR鵜沼駅
CIMG3224_convert_20150210114959.jpg
鈍行の各駅停車
CIMG3208_convert_20150210114927.jpg
窓の外は雪景色


おわり
スポンサーサイト



| '14東南アジア周遊編 | 17:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/643-8105df3f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT