FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

強風吹き荒れて~東南アジア周遊編(27)

2014年1月14日
~ニャチャン



CIMG2711_convert_20150202173952.jpg
ニャチャンの隠れた穴場
CIMG2717_convert_20150202171049.jpg
ホンチョン岬

12時間に亘るバス移動だった。

バスは古いが、車内は広く、そこそこ快適なスリ-ピングタイプ。
車内はエアコンが効き過ぎて寒いくらいだが、毛布1つ与えられない。
バックから毛布を取り出し、何とかその場をしのいだ。
相変わらず車内にトイレはなく、最近下痢気味の我が身には、それは堪える移動となった。


ホイアンからの夜行バスで到着したこの町も、生憎の雨模様だった。
傘を差し、町を歩く。
現在地をつかもうと道を訊きながら南下しているが、今一現在地がよく分からない。
30分歩いたところで声を掛けてきたのが、バイクタクシ-。
『10㌦のホテルがあるから、この2台に乗りな!』

・・ウム。
これはいかん、ホイアンと同じパタ-ンだ。
無視して歩き去ろうとすると、そのうちの1台が後から付いてきた。
『OK!1台10000D!』

おっ、それは安いじゃないか・・。
金額を念押しして、バイクに跨る。
こうして連れてこられた1軒のホテル、入り込んだ場所にあり自力では知り得ないだろう。
部屋は意外と良く、受付の青年の好印象もあり、即決でここに決める。

1泊10㌦を値切り9㌦に、値切ることは既に僕等の旅の大前提となってきた。
部屋にはTV、トイレ、ホットシャワ-が付いている。
TVもシャワ-もホイアンと違い、見かけ倒しでなく調子もいい。

そして何よりエアコンが、最終的に一番役に立った。
蒸し暑く感じる室内、風が強く体感温度を一気に奪ってしまう部屋の外。
この難しい体温調整を、エアコンが上手くこなしてくれる。

まずはシャワ-を浴びた後、嶺花に昨日の日記を書かせ、ようやく町に出る。
ビ-チで海水に足をつけ、直ぐにバスの予約オフィスへと向かった。
何とか予約オフィスを見つけ出し、最後の町サイゴンへのバスを無事確保。
CIMG2697_convert_20150202170825.jpg CIMG2698_convert_20150202170836.jpg
ニャチャンビ-チ                       南国リゾ-ト
CIMG2680_convert_20150202170759.jpg CIMG2684_convert_20150202170811.jpg
波はかなり大きく                       悲鳴を上げ逃げ回る
CIMG2700_convert_20150202170848.jpg
波に立ち向かうのが、ここでの楽しみ方

朝の充実した食事に大満足し、食後はコ-ヒ-屋台へ。
この町にはコ-ヒ-屋台が多く、わざわざこちらから探す必要もない。
どこも1律10000Dと、値段も決して高くはない。
僕はいつもミルク入りのアイスコ-ヒ-を頼んでいる。
濃厚で深い苦みがあって、実に美味い。
前日の日記を書きながら、ちびちび飲むのが最近の日課となっている。
CIMG2689_convert_20150202170553.jpg
朝食(BBQ、目玉焼き、ライス)

ベトナムではビアホイに期待していたが、ハノイ以来、一切目にしていない。
時代の経過とともに、ベトナムも良くも悪くも変化しつつあるようだ。
高いビ-ルでは飲む気にはなれず、このコ-ヒ-の存在が僕にとっては重要となる。

ビ-チ沿いを歩きひたすら北上、4km離れたホンチョン岬を目指し歩いている。
海沿いは風が強く、メガネは直ぐに砂埃で曇ってきた。
気候は温暖でTシャツに半ズボンでも充分、久々に半ズボンの登場となった。

波は大きくうねりを上げた直後、浜辺の砂を洗い、静かに消えていく。
水着姿の観光客は背丈大の高波を、果敢にも真正面から受け、流されることを楽しんでいる。
このビックウェ-ブでは、泳ぐなんてことは、まずもって無理な話だ。

大きな橋を渡ると、岬は近い。
陸からひょっこり突き出た小さな岬には奇岩が多く、自然が造り上げた光景に目が忙しい。
昼になり、風が一層強まってきた。
CIMG2721_convert_20150202171103.jpg
猫の手
CIMG2746_convert_20150202174345.jpg
怪獣の足
CIMG2745_convert_20150202171346.jpg
サイコロ石

昼食をとるのが遅くなってしまった。
15時半、先程食堂で買っていた持ち帰りのおかず飯を、バインセオ屋台で取ることとする。
こうして場所を提供してもらってはいるが、この昼食の中でバインセオの存在は薄い。
CIMG2750_convert_20150202171542.jpg
バインセオを焼く
CIMG2748_convert_20150202171522.jpg
昼食(食堂のおかず飯と汁、屋台のバインセオ)

ポ-・ナガル塔。
ここは、9世紀初めに建立されたチャンパ寺院の遺跡である。
夕方になると風も更に強まってきて、もうこの薄着姿では外に立っていられない程だ。
CIMG2752_convert_20150202171746.jpg
ポ-・ナガル塔
CIMG2756_convert_20150202171800.jpg CIMG2761_convert_20150202171849.jpg
祈る人々                             男のシンボル
CIMG2759_convert_20150202171922.jpg CIMG2757_convert_20150202171904.jpg
彫刻                                鮮やかな女神像

帰りは別の橋を渡り、市街地を散策しながら、さまようように町を南下した。
観光客の集まる南部とは違い、北部はロ-カル食が色濃く、安食堂も多かった。
夕食をとり、夜のネオン輝くチャンフ-通りを歩き、ホテルへと戻った。
CIMG2770_convert_20150202172019.jpg
川の中に岩2つ
CIMG2773_convert_20150202172034.jpg
夕食(肉、卵、野菜、ライス)

とにかく、風が強い。
これは海沿いに限らず、昼を過ぎると町は強い風に終始さらされていた。
日が暮れるにつれその勢いは増し、これが日常だとすればこの町の人は大変だろうな・・
半分他人事のように、心の中で思った。
CIMG2775_convert_20150202172047.jpg
イルミネ-ション
CIMG2777_convert_20150202172058.jpg
夜のチャンフ-通り


ニャチャン・KHANH BINHホテル泊-9$


バイタク(10000D) 朝食(おかず飯25000D×2) コ-ヒ-(10000D)  ホンチョン岬(入場料21000D、子供フリ-) 昼食(持ち帰りおかず飯20000D×2、バインセオ2000D×4) ポ-ナガル塔(入場料21000D、子供フリ-) ロッテリア(ソフトクリ-ム3000D×2) 夕食(おかず飯15000D×2)  計196000D
スポンサーサイト



| '14東南アジア周遊編 | 06:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/636-2bc78889

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT