FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カマクラのすいとん汁

001_convert_20150203114324.jpg
今年は雪が多い(2月3日撮影)

1月31日、2月1日と2夜連続で、カマクラの夜を楽しんだ。今年は雪が尋常でなく多い。僕が小学生だった頃に体験した五六豪雪は今でも記憶に残っているが、今年はそれ以来とも、それ以上とも言われている。雨混じりの重たい雪質は、山の樹木をなぎ倒し、道路、線路は幾度となく寸断された。倒木に起因する停電も多く、日常生活にも多くの影響が出た。12月での雪下ろし(実家)は久々だったが、雪は腰以上はあった。自宅新築以来初めて車庫の雪も下ろした。積雪1.5m対応のはずだが、下ろさずに1ヶ月も旅に出る気にはなれなかった。積水ハウスの母屋についてはそれ自体は安心だが、雨樋いだけが心配である。

そんないつもと違う冬、雪かきばかりしていてもつまらない。雪に遊ばれるばかりじゃなく、雪を楽しんでやれ・・。この逆転の発想がいつも僕の中にある。毎冬の恒例イベントとなりつつある、カマクラの夜。庭は腰超の雪に覆われており、容易には近付けない。自ずと今年も玄関アプロ-チ脇に作ることとなった。屋根から下ろした雪ならかなり大きなカマクラも作れるが、雪かきで下から放り投げた雪では高さ的に限界がある。思った程大きなものは作れなかったが、それでも例年よりは大きいかなと思う印象だ。2時間の苦労は果たして報われるだろうか・・。

そして土曜の夜、中高生を除く家族5人がカマクラの中に集った。年々、思春期組は不参加となってくるが、ちびっ子組には未だに大好評である。そしてカマクラで迎える、夕食タイム。妻の作ってくれたダゴ汁(すいとん)はとても美味しく、心までもが温まってきた。食後は、大量に買い込んだお菓子をつまみ、ワイン、ジュ-スを飲み、旅の話を披露する。心地よいラジオの音楽とともに、楽しい夜はしんしんと更けていった。カマクラは鮮度が命。日々天井の高さは低くなり、1週間後に座っていられるかその保証はない。翌日、今宵もと再びカマクラに集まった。今日は豚汁すいとん。更に美味しく、とても思い出深い連夜となった。
001_convert_20150202085143.jpg
カマクラの外
002_convert_20150202085156.jpg
ナナ(小1)とタイ(2歳)
014_convert_20150202085230.jpg
レイ(小5)


・カ・擾スク・励・螟彑convert_20150202100507
5年前  ※2010年1月17日(嶺花6歳の誕生祝)
スポンサーサイト



| | 10:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/635-70b86e87

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT