FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

再びこの山へ

6月6日、明日は我が家の第6子タイ君の1歳の誕生日。その記念すべきお祝いに華を添えようと、一人夜明け前の山に向かった。先週の笹の子だけではどうも満足仕切れず、シ-ズン終了前にどうしてももう一度山に入りたかった。前回来た時はあまり笹の子が見えず、手を動かしているより目や足ばかり動かしていた。結果、時間ばかりが刻々と過ぎていく。しかしここは笹の子山、絶対にまだ沢山ある筈だ。今朝も3時半起床、そして4時半には山に入った。今回はやる気満々で来ている、その為ザックの中の余計な荷物は家に置いてきた。笹の子だけでザック2つの容量を満たし、家に帰るつもりだ。
P1140344_convert_20130606113445.jpg
今日は採れるかな・・

さてと今日はどうかな・・。いつもと視点を変え、まずは中腹の左斜面に飛び込んでみる。笹の子は小さく見つけにくい。目が山の色に順応するまでには、少し時間がかかる。だが、目が慣れてくればもうコッチのもの。落葉に身をひっそりと潜めている笹の子達が、次から次へと僕の目に入ってきた。今日は足を動かさずして、目で探さずして、何とか採取出来そうだな。笹の子は探すものではない・・、確か誰かが言っていたっけ。1本良質な笹の子があれば、その周りには沢山笹の子が眠っている。折り跡の近くに残っているようなものは、せいぜい先客の採り忘れくらい。まだ誰にも侵されていない今シ-ズン未踏の場所を探し当てるのが、短時間で大量収穫する最善の策となる。深い竹藪の中に落ちていた鈴や携帯電話の落し物が、ハ-ドな竹藪漕ぎを物語っている。誰も歩きたくないような密集極める極藪は大概敬遠され、未踏である事が多い。
メインのザック大は拠点に置き、ザック小を背負い藪に突入。採れると確信した箇所を見つけたなら、そこにザック小も下ろし、匍匐前進で周囲一帯を這いずり廻る。この山は地形が単純で迷子の心配はないが、何せ密集した極藪地帯。足や手は当然ながら、頭部や顔面、時には目にまで木の枝が突き刺さってくる。掛けていたメガネに数度目を守られたが、かなり際どかった。来年からはゴ-グル(透明のもの)をしてこようと思う。こうして今回も4時間、山で心地良い汗を流してきた。前回母と2人で4時間かけて収穫した時よりも、今回の方が明らかに多い。笹の子採り・・、それは”未踏の地を探しあてること”に尽きる。
P1140347_convert_20130606114558.jpg
朝の収穫
P1140351_convert_20130606114408.jpg
今年も楽しかった

image_20130606153804.jpg
仕込み、は採るより大変だ ※後は妻に任せた
スポンサーサイト



| 笹の子 | 13:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/569-cd35f828

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT