FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

驚くべき、積水の断熱効果

積水ハウスのダイン住宅に住み、間もなく半年が経つ。
夏。我が家にク-ラ-などない(地域柄、ある方が少ない)が、窓を開けておくだけでも充分に涼しく過せていた。扇風機すらいらない、大変心地良い夏。さすがだな・・、積水の品質に驚きを隠せなかった。

そして、冬。予期しなかった結露の発生で、一度は失った積水への信頼。しかしそれは単に間抜けな施主が自ら招いた現象。結露についての知識を深め、温度湿度計を買い色々試してみた。結果、就寝時のみ除湿機を焚くだけで結露は見事に消えた。窓もサッシもサラリ、気分爽快な朝を取り戻す事に成功した。そして驚くのが、室温。外は氷点下10度の冷え込みでも、主寝室は10度前後を維持している。外との気温差、なんと20度。これは勿論、暖房器具なしでの話である。除湿機を結露セ-ブ運転で入れると、室温は徐々に上昇し15度くらいまで上がる。結露も防げ室温も快適、まさに一石二鳥。お陰で2台目のファンヒ-タ-は、買ったが出番はほとんどない。

驚くべき、積水ハウスの断熱効果。いつか他の施主が興奮気味で語ってくれた、その熱弁の意味が僕にもようやく分かってきた。最低気温氷点下10度、最高気温でも氷点下2度3度の冬らしい日々が連日続いているが、この家にとって外気温は全くの無縁。この極寒の雪国で暖房器具なしで過せている信じ難い毎日、しかしこれが現実である事が恐ろしい。毛布と布団だけで充分暖かい睡眠も得られているし、以前の家で使っていた電気敷毛布や湯たんぽの類も全て不要となり、嬉しい悲鳴を上げている。
08_img_001_20130117094853.jpg
ぐるりん断熱  ↑画像クリックで拡大


P1130667_convert_20130121182623.jpg
赤ちゃんもご機嫌
スポンサーサイト



| アフタ- | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/556-f7bca19c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT