FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

土地家屋調査士、だから逃げる

P1120392_convert_20121001102152-.jpg
赤トンボ

畑も青々と実ってきた。黒土は雑草が多く、手入れがかなり大変だ。外溝業者の監督は予めこの事態を予測し、赤土を強く勧めてはくれていた。週末1回の草むしりで何とか持ち堪えてはいるが、かなり手強い相手は僕の随分先を行っている。待ちわびたほうれん草も徐々に収穫時期を迎え、ほうれん草と言えばコレ、を食べてみた。生まれが違う妻の学校給食には出てこなかったようだが、僕は給食でこれが一番好きだった。今でも給食にはこの料理が出るようで、味のイメ-ジが湧かない妻は長女の助けを借り、試行錯誤調理してくれた。見た目は完璧だが、味は少し違うかな。自分で育てた野菜を摘み、休日の食卓に上がる。非常にいい事だし、これが僕が望んだ過し方でもある。
P1120549_convert_20121001114334.jpg

P1120567_convert_20121001114558.jpg
ほうれん草、ベ-コン、コ-ンの酢和え

最近は週末の度、自宅で勉学に励んでいる。昼過ぎには必ず一度睡魔が襲い、その都度畑に出て一汗流す。畑に熱中し過ぎ、疲れてその後勉強にならない事が多いが、このパタ-ンが定着しつつある。夕方外出したとしても、せいぜい近所のホ-ムセンタ-かス-パ-くらい。子供を連れて山にでも行きたい心境だが、前後にかかる時間を考えると躊躇ってしまう。週明けからはいよいよ最後の庭工事が始まる。涼しくなるのを待ち、ようやく9月下旬ゴ-サインが出た。庭には植樹や芝が張られ、敷地の外枠は植栽で覆われる。そうなる前に一応逃げとくか・・。という事で、今日が最後のチャンス。妻に手伝ってもらい、引照点の逃げを設置した。引照点(インショウテン)とは、境界を復元する為に設けるその土地の基準点のこと。擁壁天端やブロック天端のコンクリ-トに数点刻みを入れ観測、これで完全に僕の掌握に入った。この土地の当初測量時に設けた自らの登録引照点1つは外溝業者に配慮してもらい何とか守っている。しかし数年の間に1つ飛んでおり、他に2つ存続するが万一の備えはあった方がいい。最近僕の事務所では、境界紛争がらみの難しい案件が増えている。依頼主が隣地とのストレスで入院したり、筆界特定で市を相手方としたり。せいぜい自分の屋敷くらい、調査士として万全の状態で維持しておきたいものである。
P1120637_convert_20121001113600.jpg
興味津々
P1120662_convert_20121001113717.jpg
かろうじて守った登録引照点、と逃げ
スポンサーサイト



| | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/531-32df243c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT