FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

家庭菜園-鍬入れ、種蒔き

大型ダンプ2台分の黒土で作り上げた我が家の家庭菜園。次の建物が建つまでの仮利用的な意味合いもあり、本当はもう少し土を入れたいところだが我慢している。本日8月4日、いよいよその畑に初鍬(くわ)を入れた。確か地鎮祭の時もそんな儀式があったが、その時は神主側の言いなりで実感もない。だが今回は自分の意志での鍬入れ、気合も入る。実家にあったレンガやブロックを母から譲り受け、丁寧にそれらを並べ区画を切る。『あの施主俺らにゃ細けぇくせに、この畑曲がっとるぞ!』、そんな職人の失笑を買わぬよう、距離を測り慎重に材を置いていく。有り合せの個数で賄った為、手前二辺を仕上げたとこで、レンガは尽きた。

今日は一人では大変心細く、経験者の母に手伝ってもらう事にした。ガチガチに固まった表土を鍬やショベルで掘り起こし、鶏糞を混ぜ、土を柔らかくほぐしていく。慣れない作業に手の平にはまめが出来、辛い態勢に腰も痛む。それでも根気に畝を作り、何とかそれらしくはなってきた。涼み始めた夕刻から暗くなるまで汗を流し、この日は半分の開拓で作業を終えた。見た目以上に馬力がいり、しんどい農耕作業。畑をする爺ちゃん婆ちゃんって、ホント凄いな。
P1110920_convert_20120830190704.jpg
8月4日 鍬入れ

鍬入れの翌週、残り半分の畝を仕上げ、大根とホウレン草の種を蒔いた。穂乃花はそれは喜んで種を蒔き、兄弟の誰よりも積極的に手伝ってくれる。その場でじっとしてられない元気な兄や妹と違い、一つの事を根気にコツコツやれるのが彼女の強み。草むしりを子供達に命じればそれは一目瞭然。直ぐに各々の性格が表れ、いつしか畑には穂乃花しかいない。気付けば僕は週末の度に畑に入り、いつも土で真っ黒け。お陰で手の指の土汚れは取れないが、人間の基本はやはり土だな・・。最近そんなふうに思うようになったのも、今こうして家を建て、少し落ち着いたからだろう。
P1120020_convert_20120830190944.jpg
8月11日 種蒔き
P1120093_convert_20120830191216.jpg
8月18日 草むしり
P1120268_convert_20120830191321.jpg
8月26日 草むしり
スポンサーサイト



| 家庭菜園 | 19:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

立派なお家の完成おめでとうございます。
とても素晴らしいお家ですね。
そして、子供たちとの日々の生活など、本当に素晴らしいなぁといつも感動させられます。
夢追人さんは本当に良いお父さんですね!いつも旦那と話してます!
お子さんたちもたくさんいて毎日楽しそうですね☆

| まゆ | 2012/09/04 17:06 | URL |

まゆさん、メッセ-ジ有難うございます。
こちらもたまにブログを拝見させて頂いています。

新しい家を建て、僕もかなり落ち着きました。
これまでは休みの日に家にいるなんて、まずありませんでした。
今では外出してもせいぜい近所のホ-ムセンタ-かス-パ-です。

家を持つ、ってそういうことなんですかね。

| 夢追人 | 2012/09/04 18:15 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/521-30c57223

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT