FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

建方工事-外装1階部組立(1)

平成24年5月17日(大安)、建て方、外装工事1階部組立。

今日は待ちに待った建て方、1階部の組立である。”空飛ぶダイン”、これは間違いなく建築工事のハイライトとなるだろう。という事で、妻と末子、母との暇人総出でその一部始終を見学した。8時から9時に工事開始、と事前に現場を統括する建築長に訊いていた。工事開始に間に合うよう早めに家を出て、8時過ぎには現場入り。・・・・だが、既にダインは大空を飛んでいた。シマッタ!やられた。記念すべき第一パネルの飛行を見る、という大変意味ある目的は、残念ながら達成する事は出来なかった。作業員の方曰く、8時前から作業は開始していたようだ。外壁材を積載した大型トラックは計4両、いずれも奈良の発。距離が遠い分、到着時間が読めず、開始時刻にズレがあるのも仕方がないか。今日は臨月の妻とチビちゃん、母の為に椅子も用意してきた。これから空飛ぶダインを、目ん玉開けてじっくり見させてもらいます。
P1090719_convert_20120517132345.jpg
既に工事は始まっていた
P1090717_convert_20120517125040.jpg
外壁を積載したトラックは奈良発
P1090720_convert_20120517125250.jpg
空飛ぶ勝手口

積水ハウスが誇る厚さ190mmの高級外壁材、それがダインコンクリ-ト。防耐火性、耐水性は勿論、遮音性、断熱性にも優れ、その彫の深さは芸術性の美しさすら感じてしまう。僕が選んだのは、小端積タイプのセラミックホワイト色。最も無難、かつ最もダインらしい選択と言える。積水ハウスのダインコンクリ-ト住宅。家を建てるに当たって、他に選択肢はなかった。強いて言うなら、積水ハウスのビエナ。展示場で初めて3階建てのビエナを見た時、武者震いしたのを今でも良く覚えている。夢は叶わなかったが、こうして自分のダインが持てる事に充分満足している。ダインウォ-ルと呼ばれる複合壁体は、このダインコンクリ-トに鉄骨柱、100mmの断熱材、石膏ボ-ド等を組み合わせたものとなる。高精度な実証実験、徹底した品質管理を経た構造体は、震度7の大地震にも耐えうるとされている。一見、単なる箱物施工にも感じるが、ここでの組立に至るまでの経緯がハンパなく長く、非常に優れている事は今更言うまでもない。唯一積水に不満を挙げるとするならば、値段が他社に比べ高い事くらいだろうか。
P1090725_convert_20120517125628.jpg
防耐火性、耐水性は勿論、遮音性、断熱性にも優れた複合壁体(ダインウォ-ル)
P1090726_convert_20120517130333.jpg
空飛ぶダインコンクリ-ト
P1090735_convert_20120517131406.jpg
1階部組立
P1090744_convert_20120517131707.jpg
ボルト固定
P1090747_convert_20120517131924.jpg
積水ハウスの高級外壁材、それがダインコンクリ-ト
P1090730_convert_20120517130522.jpg
これ彫の深さ
P1090733_convert_20120517130734.jpg
しびれるぜ!
P1090750_convert_20120517132036.jpg
クレ-ン車による荷揚げ
P1090752_convert_20120517132210.jpg
家族の夢を乗せ大空へ舞い上がれ
[広告] VPS



つづく・・
スポンサーサイト



| 建方工事 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/472-9bf492f3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT