FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

パナム・ノゴルの芸術家~黄金のベンガル編(26)

2012年1月15日
ダッカ(ショナルガオ)



ダッカ郊外に佇む古都、ショナルガオ。
ヒンディ-語では”黄金の都”の意味を持ち、ダッカに都が移るまで東ベンガルの中心都市として栄えていた。
ダッカのグリスタンバスタ-ミナルから直行バスで70分、ショナルガオの町は幹線道路を中心に活気に満ち溢れていた。

初めて訪れる町、これだけ混んでいては進むべき方角が定まらない。
取り合えずリキシャに乗り、領主の館・ショドルバリへと向かう事にした。
イギリス植民地時代の1901年に建築された館が、現在は民族博物館として公開されている。

高い塀で囲まれた広い敷地内には、目玉となるショドルバリの他、真新しい博物館、ボ-トが浮かぶ大きな池、土産物屋や食堂、手作り遊園地まであり、家族連れやカップルを中心に人出もそれなりに多い。
P1080090_convert_20120420113636.jpg
毎朝通った食堂  ※道路向いが宿泊ホテル
P1080091_convert_20120420113741.jpg
ここのベジとルティは安くて美味い
P1080092_convert_20120420113845.jpg
露天の切符売場
P1080094_convert_20120420114041.jpg
ショドルバリ
P1080099_convert_20120420114149.jpg
飲み物はどこも高くて手が出ない


続けて町を北上、パナム・ノゴルへと歩いて向かう。
観光地のショドルバリの中やその周辺は食堂の値段が高い、僕等は賑わう界隈を避け、道中の狭く汚い食堂に入った。

このような店では英語は全く通じず、店内の鍋の蓋を開け、指を指して『コトタカ?』と値段を問う事になる。
1~20のベンガル語は覚えたのでその返答も理解出来、一応会話は成立する。

店の奥ではムスリムの汚い親父が豪華にフイッシュカレ-(30Tk)やダ-ルをライスにかけ、テ-ブルを汚し右手だけでがむしゃらに食べていた。
僕等は相変わらず最も安いベジ(5Tk)を頼んだが、この店の味は見た目通り、イマイチだった。

パナムノゴルには一本の細い路地の両脇に、ヒンドゥ-教徒の古い邸宅がズラリと並んでいる。
その数は50軒にも及ぶが、現在はほとんどが鍵のかかった空き家として放置されている。
ムスリムの女学生の帰宅風景、行き交うリキシャやCNG・・。
この場所は歴史的、異国情緒に溢れ、訪れた者を退屈させない。
P1080103_convert_20120420114314.jpg
パナム・ノゴル
P1080111_convert_20120420114844.jpg
朽ちた豪邸
P1080113_convert_20120420114948.jpg
この町のリキシャ
P1080116_convert_20120420115044.jpg
CNGの間から

その中の一つで足を止めた。
町の絵描きが通りを見つめ、大きなキャンバスに絵を描いていた。
僕等がじっくり立ち止まって眺めていると、自ずと次第に見物客も集まってくる。

絵描きは時折、後ろで見つめる僕に英語で語りかけてきた。
彼にしても、目の前の題材よりも僕等異国の親子に対しての興味の方が勝っているようだ。
そして突如彼は書き終えていた1枚の絵を息子にプレゼントしてくれた。
これにはさすがに驚いたが、この旅のいい思い出としていつまでも大切にしようと思う。
田舎の散歩道を歩き、次の目的地へと向かう。
P1080108_convert_20120420114540.jpg
絵描きをずっと見ていたら
P1080109_convert_20120420114644.jpg
貰った

ゴアルディ・モスジットは500年前のもので、田園地帯の中にポツリと建っている。
モスジットの正面右脇には一本の大木があった。
岳登はその木に成っている実を見つけ、ジャックフル-ツの木ではないかと言い出した。

そんな筈はない。
あんなに大きな果物がどうやってこの細い幹にぶら下がるの言うのだ。
P1080120_convert_20120420115146.jpg
鶏小屋
P1080140_convert_20120420115248.jpg
ジャックフル-ツ  ※まだこんなに小さいが、いずれは顔ほどに成長する
P1080145_convert_20120420115437.jpg
ゴアルディ・モスジット  ※ジャックフル-ツの大木が興味深い

先程からこちらの様子を伺っている老人に尋ねてみた。
『カタ-ル、カタ-ル!』、老人は僕等にそう教えてくれた。
どうもこれは本当に岳登の言うジャックフル-ツの木のようである。

鼻をくっ付け、臭いを嗅ぐと確かに甘い香りが漂っていた。
是非とも収穫の時期にもう一度見てみたいものである。

1時間程かけ、バザ-ルまで歩いて戻る。
ダッカ行きのバスに飛び乗り、定員超えのロ-カルバスに揺られ、帰路につく。
P1080146_convert_20120420115531.jpg
バナナの木
P1080148_convert_20120420115640.jpg
子供同士仲がいい
P1080151_convert_20120420115733.jpg
ショナルガオのバザ-ル

ダッカ市内の大渋滞をようやく抜け、降ろされた場所はどうもサエダバッドのようだった。
バスはボロボロのくせに乗車賃は高い。
運転手はいかれているし、おまけに目的地もずれていた。
散々なバスに乗ってしまったものだ。
P1080152_convert_20120420115824.jpg
ダッカはいつだって大渋滞
P1080158_convert_20120420115911.jpg
どこも過剰

30分歩き、本来降りる予定だったホテル近くのグリスタンバスタ-ミナルまで辿り着いた。
ホテルで疲れた体を休め、今夜も賑やかな夜の町に繰り出した。
期待していたビリヤニの老舗は休業日のようで残念だったが、仕方なく昨夜に続き、チキンのフルを味わってきた。
P1080160_convert_20120420120006.jpg
豆スナック


ダッカ・バイタスサミ-ル泊-550Tk


朝食(ベジ、ルティ35Tk) バス(グリスタンBT~ショナルガオ70Tk) リキシャ(2
0Tk) ショドルバリ(100Tk×2) チャ-(5Tk×2) 昼食(ベジ、ダ-ル、ライス33Tk) ガム(1Tk×2) バス(ショナルガオ~サダエバッドBT100Tk) マンゴ-(10Tk×2) 郵便局(エアメ-ル22Tk×2) 豆スナック(5Tk) 夕食(チキンFULL250Tk、ルティ15Tk×2)   計819Tk
 
 


ブログランキングに参加中。『子連れ旅行』バナ-のクリックをお願いします。→にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



| '12黄金のベンガル編 | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/457-4ac9b4a1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT