FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

下呂富士から里山へ

【山域】中根山(767m)、里山(600m)
【日時】平成24年4月1日
【天候】曇り、雪
【岳人】穂乃花(小5)、僕


ロ-タリ-(9:53)  妻の里帰りに一人だけ置いていかれた穂乃花を引きつれ、日本三名泉で名高い下呂温泉へと車を走らせた。飛騨地方は未だ冬から完全に抜け切らず、昨日も吹雪いていたくらい。しかしさすがは温暖な南飛騨、ここまで来ると雪を探す方が逆に難しい。賑う湯之島館を過ぎ、道路終点にあるロ-タリ-に駐車。この地点で標高は実測515mだから、中根山の山頂まで約250mの登りとなる。果てなく続く真赤な鳥居とは6本で別れ、左へ入る。文学散歩道たる立看板があり、その脇に延びている道のような筋を辿り進む。突き当りを右に折れ、当面山を左に見てトラバ-ス気味に山を巻く。高度を弱冠上げながら進んでいるが、やがて巻きも行き詰まる。ここで折り返し、今度は山を右に見るように山腹を巻きトラバ-ス。
P1080850_convert_20120402100013.jpg
湯之島館裏の鳥居が起点
P1080853_convert_20120402095912.jpg
文学散歩道の立看板  ※中根山への導きは一切ない
P1080856_convert_20120402100114.jpg
道らしき道

ここまで微かに続いていた薄い筋道も完全に消え、ここからは自分の判断のみとなる。帰りに迷わぬよう、下りる方角をコンパスで確認。目の前に僅かに見える空目掛け、急な杉林の直登にかかる。途中2箇所山腹を巻くトラバ-ス道があったが、山頂に向かっているのか、作業の為のものなのか定かではない。急登に喘ぐ穂乃花より一先ず先に空に出た。そこは期待していた山頂ではなく、尾根道だった。だが尾根筋は明確で、所々木に目印の赤テ-プも巻かれている。尾根を登り切った先には、左方向に山頂らしきピ-クが見えてきた。
P1080862_convert_20120402100222.jpg
空目指し杉林を直登
P1080866_convert_20120402100345.jpg
尾根に出ると山頂が見えた

中根山(10:58、11:21)  予定通り約1時間で山頂に到着。山頂は広く、ふわふわの落葉の絨毯が心地良い。高い樹木が邪魔で、残念ながら眺望はない。三等三角点『大座古』が取り巻きの家来を抱え、堂々と中央に君臨していた。穂乃花と二人、ささやかな登頂をお菓子で祝う。遠方の妻に電話を入れ、次の山へと腰を上げた。
P1080867_convert_20120402100632.jpg
中根山(下呂富士)
P1080869_convert_20120402115050.jpg
広い山頂

順調に尾根道を辿り、高度を下げる。来た道はこの尾根のどこかで杉林に入っていくのだが、ここは明瞭な尾根道を進むとする。結局尾根には終始目印のテ-プが付いていた。そしてコル。ここでの標高は登山口並に下がり、ここから方向を定めて林に入れば登山口の駐車場に戻れるとみた。しかしここはテ-プに従い、尾根道を先へと登り返す事にした。登り切った先が里山の山頂かと期待したが、そうではないようだ。しかしそこから少し進んだ先、嬉しい山頂標識が立っていた。
P1080873_convert_20120402101027.jpg
尾根道の方が断然明瞭だ

里山(11:44、12:10)  当初の予定では一旦駐車地まで下山し、続けて里山へと登ろうと思っていた。だが中根山からの縦走路が延びており、しかも比較的明確な道しるべまであり大変驚いた。中根山を目指すなら杉林を直登するより、里山から縦走してきた方が分かり易くて不安も少なくて済む。先程から降り出している雪は大粒のものとなり、僕等は堪らず大木に雲隠れ。根元に座り、昼食をとる。久々となる山でのおにぎりはやはり格別だ。
P1080875_convert_20120402101130.jpg
里山

ここからは道標が多過ぎるくらいあり、山道というよりは遊歩道といった趣きであった。娘と過す大切な時間。ふかふかの絨毯を噛み締め、どこに出るのだろうと考えながら下って行く。ふと木々の間から車が見え、愛宕神社に出た。そして鳥居を潜るとロ-タリ-、無事駐車地へと戻って来た。
P1080877_convert_20120402101231.jpg
整備された遊歩道

ロ-タリ-(12:20)  中根山、里山と西回りに周回した、今回のこの山行。あまり登られていないこの二山、国道41号線の下呂トンネルが貫き、麓の温泉街からは高々と身近に聳えて見える。自分から調べないと名前すら出てこないような素朴な山ではあるが、下呂温泉には欠かすことの出来ない伝説を持っている。
P1080880_convert_20120402101331.jpg
愛宕神社の鳥居を潜り、駐車地のロ-タリ-へ


白鷺(しらさぎ)伝説。
ある日、湯ヶ峰に湧いていた温泉が地鳴りと共に突如止まった。温泉をよりどころとし、誇りとしていた下呂の村人はたいそう嘆き悲しんだという。そして幾月も経ったある日、毎日のように河原に飛んでくる白鷺を不思議に思った村人が、舞い降りた場所に行ってみるとそこにはなんと温泉が湧き出ていた。白鷺は薬師如来の化身で、温泉のありかを村人に教える為飛んで来たのだった。空高く舞い上がった白鷺は中根山中腹の松に止まり、その松の下には光り輝く一体の薬師如来が・・。これが下呂に伝わる白鷺伝説であり、温泉寺開創の由来である。
P1080887_convert_20120402101424.jpg
中根山の中腹に建つ温泉寺  ※薬師如来を本尊とする

下呂温泉。
有馬、草津と並び天下の三名泉と称えられる岐阜県南飛騨、下呂温泉。湯は確かに良い感触があり実に素晴らしいのだが、当たり外れが多すぎる。公衆浴場の幸乃湯で汗を流し、河川敷の無料露天風呂を覘いてみる。初めて入ってみたが、こちらの方が良質な湯が楽しめた。それに何よりここから眺める景色は、何ものにも代えがたい。実際先程まで歩いていた杉の急斜面、尾根道、コル、2つのピ-ク・・、僕等の目はその方角に釘付けだった。
P1080897_convert_20120402101518.jpg
噴泉池露天風呂  ※正面に里山(左)と中根山(右)を望む抜群のロケ-ション



ブログランキングに参加中。『登山』バナ-のクリックをお願いします。→にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



| '12山行記録 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/447-2ad6b5e1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT