FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

遠いダッカ~黄金のベンガル編(1)

2011年12月22日
名古屋中部国際空港~中国青島~北京~昆明



再び新たな旅が始まった。

ここは真夜中の昆明(クンミン)。
目的地バングラデシュの首都ダッカではなく、中国南部の都市である。
何故かまだ、僕達は本来の目的地に辿り着いていない。


朝9時、青島経由北京行きのMU744便は、中部国際空港を予定通り発った。
ダッカへの乗継地である北京へ行く為には、青島(チンタオ)で一度中国に入国、
そして再度同機に乗り直す必要がある。
中国東方航空(チャイナ・イ-スタン)の退屈な機内で、岳登も時間を持て余している。
各座席にモニタ-はなく、ひたすら前席の背もたれを眺める事しか彼にはする事がない。
P1070024_convert_20120128115513.jpg
中部国際空港

飛行機がようやく安定気流に乗ると、朝食が配られてきた。
期待を込めてビ-ルを頼んでみる。
しばらくして渡されたのは予感的中のチンタオビ-ル、それもキンキンに冷えていた。
いつもなら軽く3本は遠慮せずに頼むところだが、チャイナ・イ-スタンでは自ずと気が引ける。
何せ乗客への対応が、他の航空会社に比べ飛び抜けて悪いのだ。
P1070026_convert_20120128115605.jpg
機内食とチンタオビ-ル

3時間弱のフライトで青島に到着。
ここでイミグレを通り中国に入国、パスポ-トに無駄な入出国履歴だけが増えていく。
『ペイジン!ペイジン!』と叫ぶ係員に導かれ、乗客は皆搭乗口へと移動した。
先程と同じ座席に腰を下ろし、いよいよ乗継地北京を目指す。

わずか1時間の国内線フライトではあるが、昼食が出てきたのは嬉しい限りだ。
北京での乗継が非常に悪く、夜のフライトまで食事は当てに出来なかった。
機内食を食べ終えると、もはや北京首都国際空港に着いていた。

空港の敷地は広く、飛行機を下り移動用のバスに乗り、しばらくしてタ-ミナルビルに到着。
次のフライトまでは7時間半の待ちとなる。
この乗り継ぎの悪さ、到着時刻の悪さが格安航空券の特徴であり、これは仕方がない。
建物内を一通り散策してはみたが気の引くような場所はなく、何だか僕の体調が宜しくない。
出発前から心配していたが、家族の風邪がうつっていたようだ。
P1070028_convert_20120128115715.jpg
北京首都国際空港で時間潰し

歩くのもしんどく、長椅子に横たわりしばらく目を閉じる。
こんな時に限って決まって時間の経つのは遅く、既に日本に帰りたい。
頭が痛み、気も相当落ち込んでいるようだ。

そして、ようやく昆明行きフライトの搭乗が始まった。
飛行機に乗り込み、しばらくすると夕食が配られてきた。
お腹が空いていたので丁度良い。
限られた僅かな分量を何度も噛み締め、大切に喉の奥へと流し込む。
ビ-ルを頼んでみたが、無い・・との返答は早かった。
頭痛薬を飲み、一瞬の深い眠りに就くとする。

真夜中の昆明。
広い空港の敷地内をバスに乗り移動。
タ-ミナルビルの階段を上がり、国際線の出発ロビ-目指し係員の後をつけて行く。
建物内は既に一日の業務を終え、閑散と静まり返っている。
乗客一行は建物の外に導かれ、待機していた大型バスに乗せられた。
何故だろう・・。

そうか、国際線は別のタ-ミナルビルから出発するんだな・・。
この時、僕はそう解釈した。

しかしバスは僕の理解とは裏腹に、市街地へと向かっているように見える。
そうか、きっと別の空港から飛び立つんだな・・。
僕の解釈も、都合のいい方向へと変わっていく。
バスは暗闇の市街地を走り抜け、ネオン輝く大きな建物の前でエンジンを止めた。

『・・酒店?』
もしかして、ここで出国の手続きでもするのか・・。
タイからラオスへ越えた時がこんな感じだった。
あるいは、ここで夕食でもご馳走してくれるのだろうか・・。
P1070030_convert_20120128115837.jpg
云武温泉酒店

受付ロビ-に我先にと並んだバングラ人は搭乗券を提示し、何やらカ-ドを受け取っていた。
これで完全に読めた。
今日はこの先飛行機が飛ばず、”このホテルに泊まれ”という訳だ。
随分昔にもロ-マで似たような体験はあるが、そう常々あるものではない。
少し意表を突かれたが、これでダッカの空港で予定していた野宿は不用となった。

部屋にはトイレにシャワ-、TVまであり、僕等の安宿のランクを明らかに上回っている。
しかし前客が使っていたままで部屋は荒れ放題、汚らしさが居心地をかなり悪くしてくれた。
無銭宿泊であるが故の粗末な扱いなのかと思ったが、単に掃除忘れという事を後で知る。
P1070031_convert_20120128120011.jpg
部屋は前客が使用したまま

今回のドタキャン劇の一部始終の詳細はおろか、明日の出発時刻も知らされていない。
空港行きのバスが来たら部屋に電話を入れる、と言っているがどうも心配だ。
いつ起こされるか分からない・・という不安を抱え、深夜1時旅の初夜を終える。

ここは中国、昆明。
目的地ダッカはかなり遠い所にあるようだ。
何せ丸一日かけても辿り着く事は出来なかったからな。

岳登最後の旅。
これは想像通りに手強い幕開けとなった。


昆明・云武温泉酒店泊-フリ-




ブログランキングに参加中。『子連れ旅行』バナ-のクリックをお願いします。→にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



| '12黄金のベンガル編 | 13:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/418-09d3388d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT