FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

塩見を経て蝙蝠へ~後編

【山域】三伏山(2615m)、本谷山(2658m)、塩見岳(3052m)、北俣岳(2920m)、蝙蝠岳(2865m)
【日時】平成23年10月29日
【天候】晴れ
【岳人】岳登(小6)、僕


・・前回の続き

蝙蝠岳(10:10、10:38)  広々とした蝙蝠の山頂に立つ。眺望が良い事は今更言うまでもない。標柱から少し離れて三角点がひっそりと鎮座、直ぐ裏に富士山も見える。山頂直下にはテント跡が見え、真っ先に飛騨山脈赤牛岳を思い出した。そう言えば、あの山も山頂直下にテント跡があった。小屋や付随したテント場のない奥深い長大尾根の場合、幕を張る場所に少なからず悩むところだ。充分山頂を満喫、長居も出来ないので帰路に向け発つとする。ハイマツを潜り、樹林帯を抜ける。振り返ると蝙蝠が徐々に遠ざかっていく。今日は朝から栗を食べながら歩いている。先日岳登と栗拾いしたものを、茹でて持込んでいるのだ。山栗は小粒だが甘く、退屈な林道歩きや辛い登りの気も紛れ、何かと都合が良い。
P1150318_convert_20111030115348.jpg
蝙蝠岳  ※後方は荒川、赤石岳方面
P1150329_convert_20111030115547.jpg
蝙蝠三角点
P1150330_convert_20111030115645.jpg
白峰南嶺
P1150331_convert_20111030115745.jpg
白峰三山  ※写真左下には蝙蝠山頂直下のテント跡
P1150332_convert_20111030115843.jpg
荒川三山
P1150336_convert_20111030115936.jpg
蝙蝠を背に
P1150337_convert_20111030120037.jpg
富士山に励まされ
P1150339_convert_20111030120133.jpg
北俣岳(右)、岩峰(中)、塩見岳(左)と順に目指す
P1150343_convert_20111030120230.jpg
大展望  ※仙丈、甲斐駒、間ノ、仙塩尾根の各ピ-ク
P1150344_convert_20111030120341.jpg
急峻な岩場  ※北俣岳~岩峰間

岩峰(12:15、12:30)  この蝙蝠尾根を直進して、登り詰めた先が尾根の終点北俣岳。西に聳える塩見岳へは、左へ回り込む形となる。北俣岳からの眺望は特にいい。この先、急峻な岩場を越え、無名の岩峰へと立つ。休まず一気に塩見岳まで進んでおきたかったが、堪らずここで休憩。休憩後重い腰を上げ、何とか塩見東峰まで登り切る。そして西峰からの岩場を慎重に下り、塩見小屋へと到着した。  
P1150347_convert_20111030120435.jpg
岩峰から蝙蝠岳への稜線
P1150348_convert_20111030120525.jpg
木曽山脈  ※左中央のピ-クに塩見小屋

塩見小屋(13:49、13:57)  小屋前の広場では敷物が干され、FMラジオの下、小屋番の女性が小屋の後片付けをしていた。休憩も程々に樹林帯へと下る。通常復路は下りで楽なものだが、考えが甘かった。お陰で蝙蝠山頂で見積もった下山スケジュ-ルも大幅に遅れている。行きに印象すら残らなかった本谷山までのこの区間、やけに長く感じ、ラジオから流れる笑い話にも心から笑えない。『次の川柳です。”苦労して育てた息子が、ニュ-ハ-フ。”』 一瞬頬の線が緩んだが、辛い現実は変わらない。前に進むしかないのだ。一旦コルまで下り、最後の長い登りには本当に参った。
P1150351_convert_20111030120640.jpg
樹林帯が長い
P1150352_convert_20111030120741.jpg
塩見岳を見上げる

本谷山(15:15、15:25)  ようやく本谷山。今日の行程で一番辛かった。岳登との立場は既に逆転している。朝は暗くて見えなかったが、ここからも塩見岳を遠方に望む事が出来た。再び下り、そして登る。この無駄な登り返しが非常に辛い。折角苦労して下ったのに、又登らなければならない。何という苦行だ。
P1150356_convert_20111030120834.jpg
本谷山標柱

三伏山(16:09、16:24)  そして三伏山。西の空は次第に夕暮れ色に染まってきた。日没前に林道まで下り切るという目標は既に絶望的。しかしここまで来れば、もう一切登りはない。後は下り一辺倒なのだ。休憩後、長らく楽しませてもらった稜線との悲しき別れ。赤石山脈(南ア)の山々をこんな具合に望むのも、今回でもう最後かもしれない。何だか名残惜しい。三伏峠の冬期小屋に立ち寄り、偵察がてら覗き見。大所帯のパ-ティ-が輪を囲み、楽しそうに食事を取っていた。僅かに残っている力を振り絞り、最後の下りに入る。眩しいまでの夕焼けは森を大きく包み込み、その中にいる僕は不思議な気分になってきた。何という美しい光景だ。何度も山を訪れている筈なのに、初めて見る光景だった。僕は思わず言葉を失い、夢中でシャッタ-を切った。森の中は直ぐに暗くなるだろう・・。その想いとは裏腹に、自然の明かりは遅くまで道を照らし僕等を後押ししてくれた。
P1150359_convert_20111030121008.jpg
夕日に染まる三伏山  ※塩見岳は既に遥か彼方
P1150363_convert_20111030121102.jpg
三伏峠冬期小屋
P1150367_convert_20111030121205.jpg
茜色

豊口山間のコル(17:26、17:33)  コルの直前まで何とかライトに頼らず歩行が出来た。神秘的な夕焼けに高揚し僕の体力も既に回復、駆け下りるように一気にここまで下ってきた。ここからが用心だ。この鳥倉ル-トのコルよりも下部、裾野が広く、視界がないと誤って別方向に下っていきそうである。足場が悪いと思ったら念入りに足元を確かめ、慎重にル-トを取る。そして林道の看板が目に入った時には、思わずガッツポ-ズが出た。
P1150370_convert_20111030121237.jpg
豊口山間のコル

鳥倉登山口(18:03、18:08)  ザックから残りの栗を全て取り出し、岳登が剥いてくれた甘い実を味わいながら林道を歩く。空には満天の星、スタ-ト時に見上げていたものと同じ星空だ。
P1150372_convert_20111030121311.jpg
鳥倉登山口

鳥倉林道ゲ-ト(18:43)  早ければ17時、遅くても20時とゴ-ル時刻を予想していただけに、まずまずの到着時刻だろう。二人共、余力は弱冠残っている。明日は朝から柔道の大会だ。小1から習っている岳登の小学校生活最後の大会となる。僕が山ばかり連れ出している為練習は週一しか出られず、大事な大会前日には3時間睡眠で17時間も歩かされている。まぁ柔道は弱くたって、何事も続ける事が大切だ。子供の頃の僕だってたいして強くなかった。だけど柔道を続けた甲斐あって、大人になり窃盗逃亡犯(高山市)と強盗犯(ペナン)を投げ飛ばし捕まえる事が出来た。おいガク、明日は悔いを残さぬよう思う存分戦ってこい!
P1150374_convert_20111030121344.jpg
鳥倉林道ゲ-ト駐車場



ブログランキングに参加中。『登山』バナ-のクリックをお願いします。→にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



| '11山行記録 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/408-c5d9cb2e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT