FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

遥かなる木曽駒

【山域】将棊頭山(2730m)
【日時】平成23年7月9日
【天候】晴れ
【岳人】岳登(小6)、僕


桂小場(2:39)  昨年のリベンジを果たす為、再び桂小場にやって来た。将棊頭山、木曽駒、宝剣岳を経て、最奥の三ノ沢岳まで辿る標準コ-スタイム18時間半のロングコ-ス。天候も何とか持ちそうだし、岳登の調子も悪くない。いいかげんに今回で決めるぞ!気合充分で暗闇に飛び込んで行く。歩き始めて17分、最初の水場となる因縁のぶどうの泉を通過。その後もしばらく暗闇の登山道を黙々と歩き、野田場の水場へと到着した。
P1120985_convert_20110711124204.jpg
桂小場登山口
P1120987_convert_20110711124256.jpg
ぶどうの泉

野田場(3:45、4:01)  日はまだ昇ってこない。地べたに腰を据え、朝食のおにぎりを頬張る。暗闇に突如浮かぶ僕等のヘッドライト目掛け、ここぞとばかりに虫が僕等の額に集まってくる。虫達も必死なのだろうが、あまり気持ちのいいものではない。その先幾つか分岐道標を迎える度、駒ヶ岳方面へと進路を取る。既に太陽は昇ったようだが、深い森の中、その明るい陽射しはまだ完全には届いてくれない。
P1120990_convert_20110711124431.jpg
横山分岐
P1120991_convert_20110711124517.jpg
馬返し
P1120992_convert_20110711124612.jpg
白川方面分岐

大樽避難小屋(4:50、5:00)  大樽避難小屋に着く頃には周囲は明るくなり、ヘッドライトをようやく撤収。ここの看板には”水飲み場2分”とあるが、無駄な体力は使わない事にした。小屋の先、胸突八丁の辛い登りが待っていた。高度計をちらほら見ながら何度も顔をしかめ、ようやく稜線まで登り切った。ここが”胸突の頭”、信州南アルプスの峰々が雲の上に浮かんで見えた。
P1120993_convert_20110711124710.jpg
大樽避難小屋
P1120995_convert_20110711124811.jpg
信大ル-ト分岐
P1120997_convert_20110711124905.jpg
朝の眺望
P1120998_convert_20110711134404.jpg
将棊頭山が見えた
P1120999_convert_20110711125016.jpg
チングルマ
P1130001_convert_20110711125109.jpg
御嶽山と飛び虫

西駒山荘(6:39)  山荘の直ぐ下には豊富な水場があった。こんな高所ではとても貴重な水場となる。まずは将棊頭山を目指し進んで行くが、どれがそれなのだろう。おかしいと思った時には随分通り越し、目の前には木曽駒の山小屋が見えてきた。
P1130004_convert_20110711125220.jpg
西駒山荘の水場は、水量はかなり豊富
P1130005_convert_20110711125305.jpg
南アルプスの峰々


八合目手前稜線(7:17)  少しペ-スは遅いが、8時半には木曽駒に着くだろう。そして11時半までには折り返しの三ノ沢岳に着いて、正午には復路に向けて発つ。桂小場へは何とか明るい内に下りれそうだな。そんな事を考えながら前に進んでいたが、アクシデント発生。岳登負傷。頭から血が流れている。傷は深いのか・・。これはかなりヤバイ事になった。大き目のバンソコウを傷口に張り、包帯で頭部を締め付ける。運良く血は止まってくれたのだが、先に進むのは正しい判断ではないだろう。様々な想いを胸にここで撤退。”どうせ百高山なんか登って何になる、もうやめだ!” そうと決めたら、後は生きて帰るだけだ。『おいガク、這ってでも気合で下りれよ!』
P1130008_convert_20110711134900.jpg
頭部挫創  ※傷は深いようだ、木曽駒目前で無念の撤退

将棊頭山(7:44、7:53)  先程見逃していた肝心の百高山、将棊頭山の頂には帰路無事立つ事が出来た。今のところ痛みはないようだし、血は順調に止まっている。苦労して登り切った稜線に早々と別れを告げ、念ずるように下山にかかる。『おいガク、頭揺すんなよ、もっと膝使え!』、『おいガク、生きとるか!』、何度も声を掛け慎重に下る。行きに通過した要所を確実に越え、何組もの登山者とすれ違う。時々巻き付けた包帯を点検しては、赤色に染まっていない事に胸を撫で下ろす。
P1130010_convert_20110711125645.jpg
将棊頭山  ※血は止まったようだ、生きて下りるゾ!
P1130014_convert_20110711125743.jpg
稜線を行く
P1130020_convert_20110711125843.jpg
津島神社

大樽避難小屋(9:29、9:44)  いい調子だ、傷口よ持ち堪えてくれよ! 
P1130022_convert_20110711125943.jpg
大樽小屋徒歩1分の水場は細い
P1130026_convert_20110711130055.jpg
野田場は水量豊富
P1130029_convert_20110711130200.jpg
ぶどうの泉も水量豊富

桂小場(11:03)  ついに無事下山。木曽駒はやはり僕等にはほど遠く、今回も登頂はならなかった。悔しさや悲しさ、自分に対する醜さや憤り・・、これまで二人で共に歩いた数ある中で、最も忘れる事の出来ない山行となった。”何としても今年中に岳登を百高山に登らせてあげたい”。これまで岳登が山で流した汗や涙の分だけ、常に隣りにいた僕は余計にそう思った。 
P1130030_convert_20110711130436.jpg
桂小場駐車場  ※東屋や簡易トイレもある
P1130031_convert_20110711130303.jpg
包帯と血  ※怪我なんて直ぐに忘れるこの図太さが、岳登の長所であり短所でもある

元祖ソ-スかつ丼 青い塔
折角の伊那、ソ-スかつ丼を食べず帰るのも、あまり僕らしくない。”ひげのとんかつ”の愛称で親しまれている、伊那ソ-スかつ丼発祥の店”青い塔”に帰路立ち寄ってみた。行きつけにしている信濃路と比べ、客数は断然多い。味は最高に上品でかなり美味い。僕も包帯姿の岳登も満腹を待たず、腹七、八分目で早々と食べ終えた。互いに相手のかつ丼を狙う始末。『オイ、食べ過ぎて腹壊すといけないから、オレが食べてやろうか・・』。やはり僕等には信濃路の方が性に合う。簡単に食べ切れるサイズのかつ丼は、どれだけ美味くてもインパクトがない。男らしくスプ-ンで喉の奥までブチ込み、どうあがいても器半分が食べ切れず惨敗。パックに詰めた持ち帰りをぶら下げ、満足気に店を出る。そんな学生肌の信濃路が、僕のイメ-ジする伊那のかつ丼となっていた。
P1130033_convert_20110711130533.jpg
元祖ソ-スかつ丼 青い塔
P1130040_convert_20110711130943.jpg
ロ-スかつ丼(味噌汁、お新香付き)980円  ※かなり美味いが僕等親子には全く足りない
P1130050_convert_20110711131035.jpg
傷だらけの丁稚(でっち)  ※帰宅後、地元の救急外来で軽く1針縫う



ブログランキングに参加中。『登山』バナ-のクリックをお願いします。→にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



| '11山行記録 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/359-952c68b4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT