FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

公園~ラオス編(3)

2011年4月28日
タイ・バンコク~



バンランプ-船着場周辺は公園として整備され、バンコク市民憩いの場所となっている。
プラスメン砦は白く輝き、チャオプラヤ-川を跨ぐ大きな架橋は何本もの支線を垂らしている。
大変魅力の多いバンコクではあるが、この時期かなり蒸し暑く町歩きはしんどい以外にない。
この公園は安宿が多く集うカオサン界隈にもほど近く、
一日の観光を終え疲れ果てボ-トで帰って来た身にとって、心安らぐオアシスとなっている。
P1110445_convert_20110527161913.jpg
バンランプ-船着場にある公園は、カオサン周辺の数少ないオアシスだ

現在夕方の4時。
ここで見送る夕日の美しさは十分承知しているが、今宵はあまりのんびりもしていられない。
あと少しこのベンチで休んだ後、宿周辺で早めの夕食を取り、
今夜の夜行バスに乗り、いよいよラオスの首都ビエンチャンへと向かうのだ。
日影のベンチに座り涼しい風を受けていると、地獄のような暑さからしばし解放される。
何だか大音響の音楽がかかってきたぞ。


昨夜の疲れもあったのだろう、穂乃花は今朝方死んだように深々と眠っていた。
宿を10時にチェックアウト、いつものように不要な荷物は1階の階段下に置かせてもらう。
宿近くで店を構える旅行者に人気の路上レストランで、昼食兼用の遅めの朝食を取った。
しかし、これが物足りない。
結局ビエンタイホテル前にあるいつもの屋台で、再度10バ-ツラ-メンの朝食を取る事になる。

やはりバンコクの朝飯はここが一番だ。
屋台のおばちゃんも、毎年この時期になると顔を出す僕等親子の事を覚えてくれていた。
何と言ってもこの安さは、屋台天国バンコクと言えどそうそうあるものではない。
それに味もシンプルで美味しく、料理を作るおばちゃんのひたむきな姿がいい。
P1110394_convert_20110527160556.jpg
ベラベラハウス  ※寺裏地区はカオサンと比べ静かで品がある
P1110399_convert_20110527160658.jpg
朝の定番 10バ-ツラ-メン
P1110406_convert_20110527160757.jpg
カオサン通り
P1110407_convert_20110527160855.jpg
ドリアン屋台  ※フィリピンで一度失敗しているだけに、食べる勇気はない

予定していたスネ-クファ-ムは移動だけでも疲れそうなので中止、近場の寺院巡りに変更。
ワット・ボウォ-ニウェ-ト、ワット・マハン、ワット・スタット、ワット・ラ-チャボピット・・、
これら黄金色に輝くタイ寺院を見学し、汗だくになり歩いた。
P1110409_convert_20110527160957.jpg
ワット・マハン
P1110411_convert_20110527161059.jpg
仏具通りの店の軒先  ※近づいても本物のお坊さんにしか見えない
P1110415_convert_20110527161220.jpg
ワット・スタット
P1110419_convert_20110527161326.jpg
路地裏の修理工場

とにかくとてつもなく蒸し暑く、歩いているだけで通常の2倍は疲れてくる。
暑いのが大嫌いな雪国に住む僕にとって、この気候は地獄以外の何ものでもない。
P1110422_convert_20110527161451.jpg
王宮近くで見かけた自転車の無料貸出し  ※いつの間に出来たんだ
P1110425_convert_20110527161552.jpg
右の黄色のアイス、まさかドリアン味だとは・・

タ-ティアンの船着場より渡し舟に乗り、すぐ目の前に広がる対岸へと渡ってみる。
ここは”ワット・アルン”、かつて王室寺院とされ、エメラルド仏も祀られていた。
王の死後、王室寺院の座もエメラルド仏も有名なワット・プラケオに持っていかれたが、
三島由紀夫の小説『暁の寺』の舞台となり、日本人にも馴染み深い寺となっている。
バンコク4度目にして、今回始めて訪れてみた。

中央で天高く聳える大仏塔は、中段くらいまでは自由に登る事が出来る。
しかしこの階段、斜度は限りなく垂直に近く高所恐怖症の僕の足はかなりすくんでいた。
さすがに上からの眺めは抜群で、バンコク一帯を見渡す事が出来た。
黄色の布が塔の中段をぐるり囲み、訪れた世界中の観光客が各々メッセ-ジを記していく。
P1110442_convert_20110527161817.jpg
ワット・アルン
P1110432_convert_20110527161713.jpg
大仏塔からの眺め  ※対岸に王宮も見える

時節柄、”がんばれ日本、がんばれ東北!”といった日本語の熱いメッセ-ジも多く目にした。
異国の地へ旅行に来ながらも、母国の被災者の事が気がかりなのは誰も同じようだ。
ゆっくり見学を終え、再び渡し舟に乗りタ-ティアンの船着場へとチャオプラヤ-川を渡った。
そして高速船に乗って、バンランプ-の船着場まで戻って来た。

風は非常に心地良く、木陰のベンチに座っていると、一瞬ここがどこだったか忘れてしまう。
公園に響き渡るタイミュ-ジックのサウンドも、何だか哀愁があっていい。
現地の子供達は楽しそうに園内を走り回り、
地元の大人達はのんびりと、日向ぼっこに多くの時間を費やしている。
バンコクにあって、ここだけが唯一のんびり出来る場所。
それは、暑い所が大の苦手な僕だけではなく、暑さに慣れている地元のタイ人も同じようだ。

P1110448_convert_20110527162007.jpg
宿近くにある大人気の路上レストラン ※手前のトムヤム、グリ-ンカレ-は定番のタイ料理
P1110450_convert_20110527162100.jpg
バス待ちは長らく続いた


夜行バス(バンコク~ビエンチャン)泊


朝食(グリルチキン50B、焼きそば40B、水5B) 再度朝食(ラ-メン10B×2) ミロ(大20B) ワット・スタット(大人20B、子供フリ-) カップアイス(15B×2) 棒アイス(5B×2) 渡し舟(3B×2) ワット・アルン(大人50B、子供フリ-) 渡し舟(3B×2) 高速船(タ-ティアン~バンランプ-25B、子供フリ-) 水(6B) 夕食(トムヤム50B、グリ-ンカレ-40B、肉卵飯50B、水5B) 水(5B) 夜食・ドライブイン(ソ-セ-ジ12B、缶ビ-ル30B、コ-ラボトル15B) 計495B



ブログランキングに参加中。『子連れ旅行』バナ-のクリックをお願いします。→にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



| '11ラオス編 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/336-9d28b112

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT