FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

チキン・マハラジャ・マック~インド編(34)

2011年1月17日
ジョ-ドプル~



世界各国を旅していて、その楽しみの一つに”マクドナルド”がある。
いつもはロ-カルな安食堂や屋台で、現地の人と同じ食事を取る事にしている。
その為、旅行者の集まるレストランとは比にならない程安く上がる。

15年前のインドには、首都のデリ-ですらマクドナルドはなかった。
せいぜいコンノ-トプレイスに、インドのハンバ-ガ-屋があるくらいだった。
しかし今では多くの大都市でマクドナルドを目にするようになった。
デリ-、カルカッタ、ジャイプル・・、そして今日ジョ-ドプルでも偶然この店を見つけた。
あまり金をかけない旅行を心がけている僕だが、そこでしか食べられないものには目がない。
インドに来て3度目となるチキン・マハラジャ・マックを堪能する機会が突如現れた。

カウンタ-に並び品定めをしていて、いつもビックマックがない事に首をかしげていた。
『あっ、そうか~!』
ふと気が付いた。
ビックマックはビ-フだったな・・、と言う事は”牛”。
それでメニュ-にも載せていないのだ。
ヒンドゥ-教徒が8割を占めるインドにおいて、牛は神様。
さすがのインド人も神様を食べる訳にはいかないようだ。

このマハラジャマック、
”チキン”と冠が付いていなければ、何の肉だか味だけでは判別出来ない。
インド風の味付けがなされ、なかなか面白い味に仕上がっている。
決して、とてつもなく美味しい訳ではない。
P1100397_convert_20110406120555.jpg
チキン・マハラジャ・マック
P1100398_convert_20110406120639.jpg
マックソフト(10Rs)


ここジョ-ドプルの旧市街周辺は、信じられないくらい安食堂や屋台がない。
多くあるのは、値の張るホテルの屋上レストランくらい。
その為、食生活はマンネリ化している。

朝は屋台で10Rsのプ-リ-。
昼はヴィッキ-の店で15Rsのプレ-ンオムレツを食べ、ジュ-ス屋で10Rsのシェイクを飲む。
夜も仕方なしにヴィッキ-の店で15Rsのプレ-ンオムレツか、屋台でスナックをかじる。
今日は頼みのプ-リ-屋台もやっておらず、仕方なく朝からヴィッキ-の店に通った。

大通りを歩き、ロ-カルバスに乗って郊外のマンド-ルガ-デンへ出掛けてきた。
ここはかつてマ-ルワ-ル王国の首都であったが、
今ではその面影は少なく、市民の憩いの場として開放されている。

整備された公園にはマハラジャの墓廟があり、最大のものになると施された彫刻も見事である。
遠くから眺める様は、タイのアユタヤ寺院群のようでもあった。
しかしその他に見所はなく、時間を潰すにはあまりにも退屈な所だった。
P1100385_convert_20110406115920.jpg
まるでSF映画の世界
P1100386_convert_20110406120026.jpg
マハラジャの墓廟群
P1100387_convert_20110406120120.jpg
凝った彫刻
P1100389_convert_20110406120215.jpg
エロチックな彫刻はカジュラホのようだ
P1100390_convert_20110406120317.jpg
前を向くマハラジャ
P1100391_convert_20110406120413.jpg
マンド-ル公園

マンド-ルのバススタンド前の安食堂で、久々のタ-リ-を食べ取り合えず大満足。
食べ終えると、直に町へ戻るバスに乗り込んだ。
バスの車内はかなり混雑していたが、岳登が車窓から思いもよらぬものを見つけた。
バスを降り、早速向かったのがマクドナルド。
さすがに3度も同じものを食べれば、もういいだろう。
P1100394_convert_20110406120507.jpg
タ-リ-を喰らう

ブル-な町に別れを告げ、19時半発デリ-行きの夜行列車を待っている。
これがいよいよ最後の鉄道移動となる。
振り返れば、どれも大変な移動ばかりだった。
夜行列車は今夜も冷え込み、あまり眠れないだろう。
果たして1ヶ月ぶりのデリ-は、僕等親子の事を覚えてくれているのだろうか。
P1100401_convert_20110406120737.jpg
ジョ-ドプル駅
P1100403_convert_20110406120814.jpg
夜行列車
P1100404_convert_20110406120903.jpg
寝台車両  ※僕等のベットは下段の相向かい

いよいよインド最後の町。
僕に限っては、この先再びインドの地を踏む事はもうないかもしれない。
そうなると、明日からの3日間がインドで過す最後の時となる。
何だかとても寂しい気がするが、
この寂しさは時が経つにつれ、次第に良い思い出となっていく事を僕は知っている。
インドとはそんな不思議な魅力を持った国だという事も・・。


夜行列車SL(ジョ-ドプル~デリ-)泊


朝食(プレ-ンオムレツ15Rs×2) インドコ-ラ(7Rs) バス(市街地~マンド-ル13Rs) 甘スナック(2個5Rs) アイス(5Rs×2) マンド-ル(フリ-) 昼食(タ-リ-30Rs) 甘スナック(2個5Rs) アイス(5Rs) バス(マンド-ル~市街地13Rs) 夕食(チキンマハラジャマック2セット257Rs) マックソフト(10Rs×2) リクシャ(ホテル~鉄道駅20Rs) チャイ(5Rs×2)  計425Rs



ブログランキングに参加中。『子連れ旅行』バナ-のクリックをお願いします。→にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



| '11インド編 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/312-4fd6ca32

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT