fc2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

駅~インド編(9)

2010年12月28日
ア-グラ-~



ア-グラ-カント駅を23時半発、バラナシ行きの夜行寝台(通称SL)。
シャンティロッジでロビ-を借り岳登の日記を仕上げ、オ-トリクシャで駅まで移動。
時刻はまだ20時前、発車まで随分時間が余っている。

駅に隣接する鉄道予約オフィスのベンチに座り、時間潰しを兼ね日記を書くとする。
ここは駅の構内とは異なり、とても静かで客層も幾分ましだ。
駅構内ではそこら中で列車待ちのインド人が毛布を広げ横たわり、
居場所もない程インド人、インド人で溢れている。

一歩構内を出れば、オ-トリクシャやサイクルリクシャが次から次へと声を掛け、
その相手をするだけでも疲れてしまう。
2日前にア-グラ-に到着した際、この予約オフィスから僕等のア-グラ-は始まった。
多くの思い出を胸に刻み、再びこのオフィスにてア-グラ-を離れる事になる。
P1090200_convert_20110202091934.jpg
プラットホ-ム
P1090202_convert_20110202092100.jpg
列車到着、急げ!


今朝も時間を気にせず、のんびりと起床した。
寒い中我慢して水シャワ-を浴びる。
ホテルをチェックアウトし、荷物を預ける。
P1090175_convert_20110202083244.jpg
部屋  ※シャワ-室は水はけが悪く、自ら桶ですくいトイレに流さないと部屋が危ない
P1090176_convert_20110202083412.jpg
シャンティ・ロッジ

ホテルを出ると玄関前の路上にラムがいた。
近くの屋台でビルヤ-ニ-(チャ-ハン)の朝食を取った後、
ラムの人力車に乗り、イ-ドガ-バススタンドへと向かう。
P1090177_convert_20110202083511.jpg
ビルヤ-ニ-屋台

ラムが自転車を漕ぐ後姿は変わらず哀愁が漂い、寂しげに見えてならない。
時折ハンカチで汗を拭い、ゆっくりゆっくりペダルを漕いでいく。
上り勾配で疲れてくるとさっと自転車から降り、無理してまで漕ごうとはしない。
大通りまで出ると、自転車通学の女学生の姿も多くなる。
P1090179_convert_20110202083615.jpg
人力車を押すラムの背中

人力車のこのスロ-なペ-スが丁度良い、と僕は思う。
移り行く景色も目の前をゆっくりと流れ、
隣りで自転車を漕ぐ女学生の会話のやり取りまで聞こえてきそうである。
ラムは今日も9kmという長い距離を非常に頑張り漕いでくれた。
ジャイプル出身のラム、3人の娘さんや孫達とお幸せにね・・。

別れを惜しんだのも束の間、
バススタンドで停車中のバスに乗り込むと、直にバスは発車した。
ファテ-プル・スィ-クリ-までの1時間強は寒さとの戦いであった。
閉まらない窓から吹付ける風は、僕の顔面目掛け容赦なく叩きつけてくる。

何とか苦しみに耐え、目的地到着。
ここファテ-プル・スィ-クリ-は世界遺産に登録されている。
ムガル帝国第3代皇帝のアクバルが5年をかけて建設した都だったが、
水不足が原因となり、その後14年で立ち去る事になる。
カトマンズを思わせる宮廷が広い敷地内に広がり、
”赤い都城”と呼ぶに相応しい壮大な建築物が集結していた。
だがタ-ジ・マハルやア-グラ-城に比べると明らかに外国人の姿は少ない。
P1090187_convert_20110202083817.jpg
ファテ-プル・スィ-クリ-
P1090189_convert_20110202083933.jpg
ディワ-ネ・カ-スの柱
P1090190_convert_20110202084036.jpg
地球の歩き方インド
P1090191_convert_20110202084548.jpg
ブランド門

見学を終え、バススタンド前に延びる賑やかなメインストリ-トを散策。
屋台に群がるインド人に交じりパイサンド(パイ生地の中に野菜が入っている)を食べてみた。
これはまずまずだったが、続いて頼んだハンバ-ガ-もどきは散々たる一品であった。
P1090192_convert_20110202091703.jpg
チャイ屋

バススタンドに戻り停車中のバスに乗り込むと、直にバスは発車。
席は往路の反省を生かし、窓の閉まり具合を確認してから決めた。
バスの中では係員の男がバス代の徴収にやって来る。
往路と同じ105Rsを手渡す。
するとつり銭が50Rs返ってきた。

エッ!

しばらく考え込むがどうも納得が行かず、係員に詰め寄った。
往路では同じこの係員に言われた通り105Rsを手渡したが、つり銭などなかった。
『おいお前、さっきのつり銭50Rsを返せ、コラ!』
満員の車内で係員に何を言っても、無駄であった。

バスはア-グラ-のイ-ドガ-バススタンドに到着。
バスの中では他の乗客もいたので押さえていたが、今度はやる気満々で係員に詰め寄った。
『50Rsよこせ!50Rsだ、50Rsだ、ア~ン!』
徹底的に戦う姿勢の覚悟に観念したのか、男は渋々50Rsを渡してくれた。

当然人力車のラムが、ここで待っている筈はない。
屋根なしの人力車を捕まえ、僕等はホテルへと戻って来た。
シャンティロッジの屋上に上りタ-ジの姿を目に焼き付け、最後の別れを告げる。
さすがにもう二度とこの姿を見る事はないだろうな・・。
P1090194_convert_20110202091833.jpg
怪しき看板

列車の時刻もだんだんと近づいてきた。
初めての夜行に備え、水やビスケット、バナナも大量に買い込んだ。
明日は定刻通りなら正午過ぎのバラナシ到着となるが、おそらく夕方にはなるだろう。

いよいよ岳登の出番が迫ってきた。
”ガンジス河でバタフライ”
頼むぜ、見せてくれよ!


夜行列車SL(ア-グラ-~バラナシ)泊


朝食(屋台マトンチャ-ハン20Rs×2) チャイ(4Rs×2) 人力車ラム(ホテル~イ-ドガ-BS40Rs) バス(55Rs) ファテ-プル・スィ-クリ-(大人260Rs、子供フリ-) 昼食(スナック10Rs×3) チャイ(2杯5Rs) バス(55Rs) 人力車(イ-ドガ-BS~ホテル40Rs) チャイ(4Rs×2) 人参ジュ-ス(10Rs) 夕食(屋台チョ-メン10Rs×2) リクシャ(ホテル~ア-グラ-カント駅50Rs) チャイ(4Rs×2) 買出し(水10Rs×2、ビスケット10Rs、バナナ30Rs) 夜食(玉子焼き15Rs) 計704Rs



ブログランキングに参加中。『子連れ旅行』バナ-のクリックをお願いします。→にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



| '11インド編 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/277-9695962f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT