FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

蝶ヶ岳(2)

【山域】蝶ヶ岳(2677m)、蝶槍、大滝山(2614m)
【日時】平成22年10月23日~10月24日
【天候】晴れ、曇り
【岳人】穂乃花(小3)、僕


2日目

蝶ヶ岳ヒュッテ・幕営地(6:30)  昨晩は穂乃花の『パパ、ウンコ!』に夜中起こされたが、防寒対策万全で挑んだ甲斐あって快適な睡眠を取る事に成功した。アラ-ムの音に気付かず10分寝過ごし、朝5時、今度は『パパ、シッコ!』の呼びかけで朝を迎える。テントの中で湯を沸かしコ-ヒ-、ス-プで一日を開始。飲み終え外に出ると、まだ薄暗いの夜空に一本の赤筋が引かれていた。間もなく太陽が昇ってくるのだろう。出そうで出ない太陽。日の出の時刻を把握していなかった為、30分くらい無駄にソワソワしてしまう。結局6時過ぎ、期待していた朝日は雲に隠れその姿を見せてはくれなかった。澄んだ空気の中、雲の上に浮かび上がる富士山の姿がとても印象的だった。今日は大滝山。準備体操をしてテント場を出発。大滝山分岐まで一旦下る。そこから渋い森歩きが続く。景色も全くない地味な登山道をせっせと進む。”この標高まで来て森はないだろう”と嘆いてもどうにもならない。根気良く歩いていると池のある草原が現れ、その後ようやく森を抜け稜線に出た。ここまで来れば景色が良い。振り返れば蝶ヶ岳のテント場も目視出来、その後ろには穂高・槍がそびえている。しばらく右に焼岳、左前方には富士山を従え歩く事になる。
P1080565_convert_20101026171811.jpg
テント場の朝  ※右端が富士山
P1080567_convert_20101026171900.jpg
朝靄
P1080569_convert_20101026171948.jpg
大滝山分岐
P1080570_convert_20101026172038.jpg


鍋冠山分岐(7:28)  鍋冠山への分岐道標を越えると5分で大滝山荘に到着。既に閉館されており閑散としている。山荘前を左に進み、森を抜けると5分で大滝山に到着。
P1080577_convert_20101026172147.jpg
大滝山荘

大滝山(7:39、8:10)  通路上にある山頂には三角点があり、その上に割れた石の山頂プレ-トが置かれていた。斜面側の開けている側には富士山が正面に見える。蝶ヶ岳や穂高槍の山並みはハイ松が邪魔で背伸びしないと望めない。山頂の先、尾根道は上高地目掛けての下りとなるようだった。
P1080579_convert_20101026172257.jpg
大滝山
P1080583_convert_20101026173217.jpg
眺望  ※正面に富士山
P1080587_convert_20101026172418.jpg


蝶ヶ岳ヒュッテ・幕営地(9:21、10:45)  片道2時間近く予定していたが、身軽な事もあり、片道分の時間で往復出来てしまった。テント場に戻ると既に客人は誰もおらず、僕等のモンベルが1張寂しく風を受けていた。すぐ近くの蝶ヶ岳山頂に出向き、大滝山を振り返る。『あそこの森を歩き、稜線に出て、尾根分岐を越え、右に回り込み終点が大滝山山頂か・・。その背後にはくっきり富士山も見えるぞ。そして上高地の方へ下って行くんだったな・・』。温かい飲み物を飲み、テント撤収にかかる。風が強く油断出来ない。以前ここで誰かのテントが空高く舞う姿を目撃している。奇跡的にテントは同じ場所に落ち難は逃れたが、その時の当事者は焦っただろう。穂乃花と協力し、強風にさらわれないよう慎重に作業に取り組む。にも係らず貴重なビニ-ル袋が1枚、風に乗り消えて行った。
P1080592_convert_20101026172507.jpg
稜線の右端が大滝山  ※富士山も見える
P1080598_convert_20101026172550.jpg
静電気
P1080599_convert_20101026172625.jpg
何想う

下りは順調に高度を下げ、最終ベンチ、2350mベンチ、蝶沢、2000m標識と次々と要所を越えて行く。風も強く、雲行きも怪しい。休まず一気にまめうち平まで駆け下りた。
P1080604_convert_20101026172715.jpg
標高2000m
P1080605_convert_20101026172758.jpg


まめうち平(12:20、12:38)  ベンチに座り昼食におにぎりを頬張る。冷えて硬く、あまり食も進まない。いよいよ最後の1時間となった。しかし穂乃花に睡魔が襲う。カクンカクンと首を縦に折れ、歩き方も危なっかしい。休むか・・、と心配をするが、『いい!』と怒った様な言葉が返ってくる。そんな頃、奇妙な木が目に付いた。なんでこんな所に石が置かれているのだろう・・、ヘンなの!軽く通り越し、ふと左に目を移す。ウォ~、スゲェ!それは見事に宛がわれた恐竜テラノザウルスの横顔であった。歯や目、触覚や角まで細工され完璧な出来栄え。機嫌の悪い穂乃花に教えてあげると、一気に眠気は覚めニコニコモ-ド全開に。気の利いた山荘の人が作ったのだろうか。そう言えば先程から道標にも何か面白いフレ-ズが一言添えられていたな。
P1080606_convert_20101026172849.jpg
まめうち平
P1080608_convert_20101026172949.jpg
恐竜  ※考えた人にアッパレ!

三股駐車場(13:51)  最後まで雨も持ち堪え、今回の楽しい山行は無事終了。帰り際、道中にあるほりで-ゆ-四季の郷(大人500円、子供300円)でゆったり温泉に浸かる。体も充分温まり、施設を出ると丁度雨が大きく降り出してきた。
P1080611_convert_20101026173029.jpg
駐車場



ブログランキングに参加中。『登山』バナ-のクリックをお願いします。→にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



| '10山行記録 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/258-fee1fbe8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT