FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

遠い木曽駒

【山域】ちりめん坂
【日時】平成22年8月14日
【天候】曇り
【岳人】岳登(小5)、僕


桂小場(2:57)  6月のリベンジを果たしに再び木曽駒ヶ岳に挑む。前回は木曽駒高原より福島Bコ-スを登り、木曽駒ヶ岳、将棊頭山、茶臼山へと縦走する周回コ-ス。しかし前夜から降り続く雨は朝になっても一向に降り止まず、強風も相まって入山を諦めた。そして今回登山口を変え、桂小場から将棊頭山、木曽駒、三ノ沢岳と日帰りするロングコ-スに挑む。標準コ-スタイムで18時間半の行程だが、これくらいなら少し余力を残しゴ-ル出来る距離だ。前夜現地入りし明日に備える。翌朝2時20分起床。今のところ雨は降っていない。今日も雨の確立は半々。雨が振り出す前に稜線まで上がってしまおう、と静まり返った暗闇の中気合を入れる。
P1070357_convert_20100815123049.jpg
桂小場

ぶどうの泉(3:19)  このル-ト上には水場が多く、背負う水もいつもより少なくて済む。普段が大抵6ℓなら、今回は4ℓ。先程から岳登が『少し腹が痛い・・』と訴えてきている。僕には彼の痛みは分からないので、どんな事でも体に異変が起きたら言うように指示。行けそうか尋ねると、『何とか大丈夫・・』と言うので再び歩き出す。三ノ沢が無理そうなら木曽駒で引き返してもいい。それも無理なら稜線まで上がり、将棊頭山で引き返したっていい。それも無理そうならこのまま引き返したって構わない。いずれにしても自分の体調の事は自分自身にしか分からない。山で動けなくなったら、それは”遭難”を意味する。岳登の体調を伺いながら先へ進む。
P1070358_convert_20100815123131.jpg
ぶどうの泉

撤退(3:35)  そして岳登は終に力尽きた。嘔吐したのだ。死にそうな顔をし、百戦練磨の彼にしては珍しく泣き出してしまった。僕は迷う事なく向きを変え、登山を中止した。丁度一年前の折立でも同じような事があった。その時も入山直後に嘔吐し、3泊4日のテント行を諦めた。結局病院で気管支炎と診断されたが、今回もたぶん同じだろう。幸い山の奥深く入り込む前に分かり易く嘔吐してくれるので大事には至っていない。前夜や出発前に兆候が感じられないだけに判断が難しいところでもある。
P1070360_convert_20100815123239.jpg
嘔吐
P1070362_convert_20100815123452.jpg
引き返す

桂小場(4:00)  登山口まで戻ってきたが、岳登に元気はない。   
P1070363_convert_20100815123421.jpg
登山口

下山後、再び車内で眠りを取り直す。数時間後起床、岳登はすっかり元気になっている。東屋で朝食。予定では明日は戸谷から鋸岳への日帰りも計画していたが、今回は全て取りやめとする。山は少しでも迷いがあったなら撤退した方が無難である。山は逃げない。これが山と長く付き合う為のキ-ワ-ドだろう。
P1070366_convert_20100815123611.jpg
東屋


みはらしの湯。
気を取り直し、今日は”信濃路”に全てを託す事にした。ここは予め調べておいたジャンボカツ丼の人気店。開店は12時らしいので温泉で時間を潰す事にした。しかしこの温泉も10時開店とまだ1時間先。隣接にある”みはらしファ-ム”で時間を潰す。ここではブル-ベリ-が特産のようだ。早速ソフトクリ-ムも味わってみる。とても美味しく、値段も手頃。岳登はすっかり元気になったようで、『ケの病気は治ったかい?』 等からかったりする。勿論岳登は仮病なんかではない。撤退の時の死にそうな顔を見ればそれは分かる。10時になり、隣接する温泉施設に入場。大人600円、子供300円のこの温泉はまずまずの泉質であった。何とか2時間近く時間を潰し、いよいよここから程近い信濃路へ車を走らせる。
P1070367_convert_20100815123655.jpg
ブル-ベリ-ソフト、イチゴソフト(各250円)

まつくぼ。
朝方場所を確認に訪れた時には”準備中”の札が入口に掲げてあった信濃路。そして昼の開店時間に再度訪れた時には、その札は”臨時休業”にすり替えられていた。かなりショック!それならと予備に調べていたもう1軒の店を目指す。辰野町の国道153号線沿いにあるこの店は直に分かった。リサ-チ通り、バイクも多く停まっている。店内にはバイクに跨ったお客さんの写真がズラリ。僕はこの店の代名詞である特製カツ丼、岳登はチキンカツ丼をオ-ダ-。出てきたそれは思ったよりも小さく2人共完食。これでこの値段は高いな。やはり大本命の信濃路には到底及ばないようだ。店内には鳩山前総理が来店された時の写真が誇らしげに掲げてあった。
P1070376_convert_20100815123932.jpg
特製カツ丼(1500円)
P1070377_convert_20100815124226.jpg
チキンカツ丼(1300円)
P1070384_convert_20100815124132.jpg
まつくぼ

中山道・奈良井宿。
妻籠宿、馬籠宿と並び有名な中山道の宿場町。その通りは1kmと最長であり、道幅はかなり広い。中村邸の移転話がきっかけとなり、奈良井の宿場町全体が保存されるに至ったという歴史を持つ。この中村邸。うなぎの寝床のような狭い間口で奥行きがかなり長い。妻籠や馬籠と併せて見学するととても興味深いだろう。
P1070397_convert_20100815124838.jpg
奈良井宿
P1070389_convert_20100815124735.jpg
二百地蔵



ブログランキングに参加中。『登山』バナ-のクリックをお願いします。→にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



| '10山行記録 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/232-3f7f464a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT