FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

黒部源流の峰々(3)

【山域】三俣蓮華岳(2841m)、鷲羽岳(2924m)、ワリモ岳(2888m)、水晶岳(2986m)、赤牛岳(2864m)、祖父岳(2825m)、双六岳(2860m)
【日時】平成22年8月6日~8月8日
【天候】晴れ
【岳人】岳登(小5)、僕


3日目

三俣キャンプ場(5:30)  3時半起床。昨日汲み上げた黒部源流で僕はコ-ヒ-、岳登はココアをいれる。”黒部源流でコ-ヒ-” このどうでもいいような事が一つの目的でもあった。テントを畳んでいると、素晴らしい朝焼けにしばし目を奪われた。三俣蓮華の方には虹が架かっている。出発が少し遅れたがキャンプ場を後に。そして三俣峠からは槍を背に一登り。  
朝焼け_convert_20100810103311
朝焼け  
P1070314_convert_20100810104009.jpg
三俣蓮華への登り

三俣蓮華岳(6:13、6:23)  朝の山頂からは周囲一帯の山が一望出来た。一昨日登った時には分からなかった山も、今なら『あれが鷲羽で、あれが水晶、そしてあの奥が赤牛・・』 といった具合に自分の経験と共に頭に刻まれた。黒部五郎への分岐を越え、緩やかな稜線を進んで行く。
三俣蓮華岳_convert_20100810103650
三俣蓮華岳  ※後方は硫黄尾根と槍ヶ岳
P1070320_convert_20100810104046.jpg
タカネヤハズハハコ

双六岳(7:23、7:33)  双六岳に到着。視界はすこぶる良好で、ここからも一通りの山を望む事が出来る。誰かの声に反応し、その方向に顔を向けてみる。黒部五郎の上には薄い彩雲が架かっていた。
双六岳_convert_20100810103514
双六岳
黒部五郎と彩雲_convert_20100810103805
黒部五郎と彩雲
槍穂目掛け_convert_20100810103353
槍穂目掛け

双六小屋(8:07、8:25) 

鏡平山荘(9:42、9:57)  相変わらず多くの登山者がかき氷を美味しそうに頬張っている。少し羨ましがここも我慢。先行者をグイグイ追い抜き、石の上を跳ねながら下っていく。今日は調子がいい。毎週登っているだけあり、体も慣れてきたのだろうか。半分むきになりグイグイ追い越していく。追い越した人、新に下から登ってくる人を合わせると100人はくだらないだろう。凄い数の登山者がこの登山道を歩いている事になる。

秩父沢(10:48、10:54)  沢で顔を冷やし、再びむきになり下り出す。結局、小池新道は終始急ぎ足で下った事になる。そして苦手な林道、ペ-スが落ちたのは言うまでもない。

わさび平小屋(11:38、11:50)
左俣林道_convert_20100810103732
左俣林道

新穂高温泉(12:43)


久々に無料(寸志)の”新穂高の湯”に浸かってみた。橋からの見物客も多く少し恥ずかしいが、疲れを癒すには充分である。栃尾では気になるものを発見。この地でドラゴンフル-ツを作っている事は知っていたが、まさかソフトクリ-ムがあるとは。ワッフルの中にヨ-グルトアイスが注がれ、その上にゼリ-状のドラゴンフル-ツのシロップがかけてある。店の人によってシロップの量が違う事はさておき、味は絶品だった。是非お試しあれ。国道沿にある杖石に登った後、回転寿司で満腹になり今回の山を終えた。
新穂高の湯_convert_20100810103557
新穂高の湯
ドラゴンフル-ツソフト_convert_20100810103854
ドラゴンフル-ツソフト(400円→350円)
P1070352_convert_20100810104229.jpg
杖石



ブログランキングに参加中。『登山』バナ-のクリックをお願いします。→にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



| '10山行記録 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/230-c78d385f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT