FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

裏銀座(3)

【山域】烏帽子岳(2628m)、三ッ岳(2844m)、野口五郎岳(2924m)、真砂岳(2862m)、南真砂岳(2713m)、湯俣岳(2378m)
【日時】平成22年7月17日~7月19日
【天候】晴れ
【岳人】岳登(小5)、僕


3日目

晴嵐荘(8:50)  4時半起床。岳登は気持ち良さそうにまだ隣りで眠っている。1人朝風呂に入る。1時間ゆっくりと貸切の露天風呂に浸かった。湯を沸かし温かい飲み物が出来た頃、岳登を起こす。朝食後、今度は岳登と2人で再び1時間湯に浸かった。昨日3時間、今日2時間の計5時間も湯俣の湯に浸かった事になる。大満足。そろそろテントを撤収し帰るとするか。
P1060879_convert_20100721112821.jpg
朝風呂
P1060881_convert_20100721113358.jpg
整備された登山道

名無避難小屋(9:43、9:53)  整備された高瀬川沿いの登山道を進む。所々アップダウンはあるが、ほぼ平坦と言える。水量豊富な沢を渡ると名無避難小屋に到着した。古びた建物の中には4帖の畳間と同じく4帖程の土間がある。薪スト-ブや登山ノ-トも備え付けてあった。畳は汚く横になるには抵抗がある。この先やがて広い駐車場が現れ、そこからは車道となる。通行出来るのは管理者の東京電力の他、山小屋や工事関係の車両くらい。12分かけ長い高瀬トンネルを抜けると、見慣れた景色が飛び込んできた。
P1060882_convert_20100721112901.jpg
名無避難小屋
P1060892_convert_20100721112947.jpg
高瀬トンネル

高瀬ダム(11:33、11:43)  ダム天端ではタクシ-が何台か待機していた。わざわざ公衆電話で呼ぶ必要もなさそうだ。だが僕等は迷わず七倉に向け、自らの足を進める。上りで苦労した折り返しカ-ブも下りは楽なものだ。大小3つのトンネルを抜け最後の山ノ神トンネルに入り込む。一昨日はゲ-ト開門前だったので通行車の心配はなかったが、今日はタクシ-がバンバン走っている。ヘッドライトを点灯し、僕等の存在を示す。
P1060895_convert_20100721113042.jpg
高瀬ダム
P1060897_convert_20100721113122.jpg
最後のトンネルに入る
P1060900_convert_20100721113205.jpg
山ノ神トンネル

七倉ゲ-ト(13:09)  トンネルを抜け無事山行は終了。駐車場には多くの車が駐車していた。”裏銀座、秘湯・湯俣温泉”。大変な目にも遭ったが、僕と岳登にとって生涯忘れないであろう貴重な経験となった。
P1060905_convert_20100721113310.jpg
七倉駐車場


P1060907_convert_20100721113522.jpg
龍神湖
P1060910_convert_20100721113714.jpg
スイカ ※左の四女の表情に注目



ブログランキングに参加中。『登山』バナ-のクリックをお願いします。→にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



| '10山行記録 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/221-78cc1447

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT