FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

USS~マレ-鉄道縦断編(13)

2010年5月6日
シンガポ-ル



今春ソフトオ-プンしたユニバ-サル・スタジオ・シンガポ-ル、
略して、USS。
出発前偶然その存在を知り、今日の日を心待ちにしていた。

バスとモノレ-ルを乗り継ぎ、観光アイランド・セント-サ島へ渡った。
モノレ-ルを降り、表示に従い進むと見えてきました。
USSの文字を抱えた巨大なア-スのモニュメント。
大音響も流れ、2人の気分は自ずと最高潮に達してきた。
朝食_convert_20100523153448
ホステルでは毎朝朝食が付く
P1050807_convert_20100526125823.jpg
パン3枚とゆで卵、紅茶は飲み放題
USS_convert_20100523153756.jpg
USS


ソフトオ-プン期間は一部のアトラクションやショ-がまだ営業されていない為、
施設内で使える5S$分の買物券と10S$分の食事券が1日券に付いてくる。
これはかなりお得と言える。

ゲ-トを抜けショップの並ぶ通りを進んで行くと、パ-ク中央の大きな池に行き当たる。
それを囲むように、各ゾ-ンが所狭しと配置されている。
ハリウッド、マダガスカル、シュレック、ロストワ-ルド、古代エジプト、SFシティ、ニュ-ヨ-ク・・
これら計7つのゾ-ンに19個のアトラクションがあり、
そのほとんどが”世界初のアトラクション”という売り文句。

ソフトオ-プンの為、4個のアトラクションはまだ営業しておらず、
その内の3個は絶叫系の一番の呼び物と思われる。
又、営業しているアトラクションも一つでトラブルが発生したようで、
列に並んで待っていたが、已む無く解散となった。
パ-ク自体、まだ試行錯誤の状態のようだ。

営業を開始していないアトラクションの前には係員が立ち、客の対応に追われている。
いつなら乗れるのか尋ねてみると、
「We don´t know!」
「Future!」
皆良く教育されており、とても口が堅い。

客層は中国系、インド系がほとんどを占めている。
その為、案内放送は英語の後に中国語が必ず続く。

シュレックの4D劇場では、正面の巨大スクリ-ンに合わせ客席の椅子が揺れ、
風や水しぶきとの音響効果も相まって、登場人物と同じ世界を体感出来る。
2度鑑賞し、すっかりシュレックのファンになってしまった。
P1050683_convert_20100523154108.jpg
シュレック4D
P1050684_convert_20100523153857.jpg
ロストワ-ルド
ランチ_convert_20100523153535
ランチ

ウォ-タ-ワ-ルドでは、正面前列に座った為、
役者が客席目掛けてまき散らす水に何度も見舞われ、全身ズブ濡れとなった。
ショ-公演前のこのパフォ-マンスはかなり盛り上がった。
ずぶ濡れ_convert_20100523153715
ウォ-タ-ワ-ルド

古代エジプトのジェットコ-スタ-では、
暗証番号式の最新鋭のコインロッカ-に荷物を預け、穂乃花と共に2度乗車。
穂乃花の身長制限は大目に見てもらいクリア。

このコインロッカ-、30分を越えると料金がかかるという曲者。
その上開く際、予め登録しておいた生年月日や好きな色だけでなく、
ロッカ-の番号は?
意表を突いたこの問いかけには焦ってしまう。
勿論この作業は自分のロッカ-とは離れた一定の機械で行なっている。
何とか番号が合致したから良かったが、こんな事を訊くのはどう考えてもおかしい。
P1050694_convert_20100523154202.jpg
古代エジプト

パ-ク内のレストランで食事を取り、ショップで買物を終えると、
夜も7時を過ぎ、アトラクションはクロ-ズとなった。
レストランとショップは夜9時頃迄開いているようだったが、
大満足でUSSを後にする。
P1050707_convert_20100523154018.jpg
ディナ-、1人10S$のセット
フランケン_convert_20100523153619
フランケン

セント-サの玄関口ハ-バ-フロント、ここも遅くまで大変賑やかだ。
マレ-シアでも見かけた興味深いアレを発見、お土産用に早速購入。
MRTに乗りブギスの宿に戻った。

ソフトオ-プンという未成熟のテ-マパ-ク。
”この先大きく成長して欲しいな”
こう願わずにはいられなかった。


シンガポ-ル・ハワイホステル泊-38S$



ブログランキングに参加中。『子連れ旅行』バナ-のクリックをお願いします。→にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



| '10マレ-鉄道縦断編 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/188-fa4f5bf2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT