FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

3等座席~マレ-鉄道縦断編(4)

2010年4月30日
タイ・バンコク~


定刻通りバンコクのファランポ-ン駅を15時10分に発車した列車は、
真暗闇の中、タイ南部最大の町ハジャイを目指し突き進んでいる。

エアコンの効いた寝台車両ではなく、4号車のシ-トNo.39とNo.40。
これが僕等にあてがわれた貴重な居場所。
最も安い車両の3等座席、何と2等寝台の4分の1程の乗車賃となる。
P1050342_convert_20100511121352.jpg
ファランポ-ン駅
P1050346_convert_20100511121511.jpg
構内電光掲示板
P1050349_convert_20100511121609.jpg
ハジャイ行き列車


現在20時。
だんだんと、このクラスの良さにも慣れてきた頃だ。
3等座席と言っても、故郷の在来線と大して変わることはない。
明らかに異なるのは、熱帯特有の暑苦しさ。

天井で旋回するファンは慰め程度で、地獄の車両と化している。
その後、日が沈むにつれ今度は全開の窓から容赦なく吹き込む風を受け、
窓側に座る乗客の顔は、はちきれそうになる。
暑いので、当然窓を閉める訳にはいかない。
P1050353_convert_20100511121653.jpg
駅弁(30B)

途中から乗ってきたナンとオバマ(仮称)、二人の兄弟と向かい合わせに座り、
通路を挟んだ隣りにはファランポ-ン駅から居合わせている2人組のイスラム女性、
途中から加わった中年女性と老婆。

穂乃花はずっと通路向かいの座席の方に体を向け、イスラム女性とじゃれ合っている。
それにしても正面に座る兄弟の兄の方は、オバマ大統領に良く似ている。
「ア-ユ-、バラク・オバマ?」
彼にこう尋ねてみると、周囲の皆は大爆笑。
彼は苦笑いしつつも、親指を立て「Yes、We-Can」と応えてくれた。
P1050360_convert_20100511121803.jpg
オバマ兄弟

3等には3等の良さがある。
エアコンの効いた寝台では味わえない、”鉄道の旅の良さ”があるような気がする。
このまま明日の朝まで過すのは大変だろうけど、蒸し暑さも一段落しそれ程恐れる事もない。

昼間からずっと考えているが、未だに答えが見つからない。
ハジャイから先、についての事だ。

鉄道でバタワ-スに向かうと・・
夜遅くの到着となり、駅か港での野宿となる。
そもそも切符が買える保証はかなり薄い。

バスとフェリ-を乗継ぎ、ランカウイ島へ行こうか・・
そこから再びフェリ-で、ペナン島に行く事が出来る。
だがランカウイ島には安宿はなさそうだ。

ツア-バスでバタワ-スへ行こうか・・
これが一番楽で現実的。
時間、お金、体力の消費も最小限で済む。
ただし鉄道のこだわりを一時的に捨てる事になってしまう。

それならペナンは諦め、ハジャイから一気にクアラルンプ-ルまで行ってしまおうか・・
いや、ペナンを捨てるのは惜しいな。

いずれにしても、正しい選択枝など何処にも無い。
自分がとった行動が、旅の一幕となっていく。
旅なんて、計画通りにはまずいかない。
行き先を変え、目的を変え、自ら作り上げていく。

今回の鉄道の旅で、痛いほどこれを痛感している。
それにしても、オバマに似ているな~・・
[広告] VPS


マレ-鉄道(3等座席)泊



ブログランキングに参加中。『子連れ旅行』バナ-のクリックをお願いします。→にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



| '10マレ-鉄道縦断編 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/176-8e383003

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT