FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

城壁巡り~中東編(27)

2010年1月10日
イスラエル・エルサレム



・・・前回の続編


旧市街は8つの門とそれを結ぶ城壁によって囲まれている。
その城壁の上を歩く”城壁巡り”をしてみた。
例えるならば、
門を山の頂上、城壁を山の稜線とし、それらを縦走するようなもの。

所々階段のアップダウンもあり、
そこで暮らす庶民の生活を垣間見る事も出来た。
稜線(城壁)を境に、旧市街、新市街とに分かれており、
変わりゆく景色を眺めながらの散策、とても爽快であった。
P1040746_convert_20100209125136.jpg
ダマスカス門より城壁巡りスタ-ト
P1040749_convert_20100209125524.jpg
朝方嘆きの壁で見かけた正統派の男性
P1040750_convert_20100209125605.jpg
団体客の豪華なランチ
P1040751_convert_20100209125644.jpg
マリア永眠教会を過ぎると
P1040753_convert_20100209125724.jpg
岩のド-ムが見えてきた!


城壁巡りを終え、見所の集うシオン山付近を歩いてみる。
ダビデ王の墓、マリア永眠教会、を見学。
シンドラ-の墓、最後の晩餐の部屋、は随分探したが場所が分からなかった。
P1040755_convert_20100209125806.jpg
ダビデ王の墓
P1040759_convert_20100209125847.jpg
お菓子屋(量り売りのグミ)

エルサレムでの常食となったファラフェル・ピタを食べた後、
宿近くの聖墳墓教会を再び訪れた。

夜が近いこともあり、昼間と違って人も非常に少なく、
ゆっくりと見学する事が出来た。
教会を出て石の上に座り、薄く光るこの教会をじっと眺めた。
何だか不思議な気分。
クリスチャンでなくとも、西暦やクリスマス等、
現代人は誰もが、イエスと深い係わりを持っている。

明日はイエス聖誕の地ベツレヘムを訪れてみる。


エルサレム・ヘブロンホステル泊-80NIS



ブログランキングに参加中。『子連れ旅行』バナ-のクリックをお願いします。→にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



| '10中東編 | 08:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

中東の旅、たくさん周られたみたいで良かったですね。
国境も無事に通過されて、何よりです。
私もアラブ諸国はずいぶん楽しかったし、色々考えさせられることも多かったので、またゆっくりと行ってみたいって思います。
もうすぐ日本へ帰国しますが、私たちも夢追人さんのように
年に1度は長期で旅に出れたらな~って2人でいつも話してます。
なかなか難しいことかも知れませんが。。。

次はマレーシアですよね。楽しみですね!

| まゆ | 2010/03/05 09:58 | URL |

こんばんは

夢追人さんのブログをたまに拝見させてもらって
いますが、中東というところは本当に魅力のある
ところですね。夢追人さんのブログを見なければ
中東は争いごとのある地域にしか思っていなかった
です。これからもテレビなどの報道にはないような
中東の様子を伝えていただけることを楽しみに
しています。

| たけちP | 2010/03/05 20:43 | URL |

まゆさん、こんにちは。
夫妻のブログはかなり僕の中東の旅に影響しました。
”イスラエルは絶対行った方がいい!”
その通りでした。
たまたまお会いした名前だけヒルトン。
あの出会いがきっかけで、僕は今ブログを更新しています。
残りの日数も悔いの残らないように頑張って下さい。
僕も22、23の頃彼女と海外を回っていていつも思っていました。
”今が人生のハイライトだな!”って。
あの頃の事は今でも鮮明に覚えています。

| 夢追人 | 2010/03/06 10:26 | URL |

たけちPさん、こんにちは。
中東についてはフセインやビンラディンの印象しか持っていなかったけど、
実際回ってみると、御覧の通りかなり魅力的な地域です。
僕を含め多くの人がアラブの事を”危険な国”と勝手に思い込んでいるんだなと
つくづく感じました。

| 夢追人 | 2010/03/06 10:47 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/142-eb3adb25

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT