FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

石を売る少女~中東編(15)

2010年1月1日
ヨルダン・ワディム-サ



謹賀新年。
2010年の新たな年が始まった。
ここ数年は岳登と異国でこの日を迎えており、家族に申し訳ないと思う。

ホテルでの朝食。
中東では安宿と言えど、朝食の付く宿が実に多い。
ここのホテルの朝食は、中々豪華であった。
パンにゆで卵、
シャ-イ、コ-ヒ-は飲み放題。
P1040340_convert_20100130165353.jpg
ホテルの朝食

他の宿泊客を見ていると、ペトラゲ-トまで送迎してもらっている。
何だそうなんだ!
朝食後、僕等も早速身支度を整え、
ソファ-に座っている大柄な宿の主人に送迎を依頼する。
『ユ-ゴ-トゥ-・ペトラゲ-ト?』
しかし主人は億劫そうに言い返してきた。
『ゲ-トには行かないよ。近いんだから歩いて行きな!』
実際それ程近くはなく、30分程かかるだろうか。
この後、広い遺跡内を歩き回る事を考えると、体力を温存しておきたい。

『他の客は皆、送ってもらっていたゾ!』と反論すると、
大柄の主人は、ようやく渋々重い腰を上げてくれた。
昨日尋ねた時も”送迎はない”と言われ、ゲ-トまで歩く事になったが、
この主人は客を見て対応を変えているようだ。


ペトラ観光2日目。
今日も精力的に、遺跡内をくまなく歩いた。
シ-クを抜けると目の前に突如現れるエル・ハズネ。
もう言葉はいらない。
P1040345_convert_20100130171419.jpg
何度見ても
P1040349_convert_20100130170023.jpg
鳥肌が立つ

犠牲祭壇。
ロ-マ劇場手前より、狭い石の階段を30分程登りようやく到着。
結構な登りであったが、眺望はまずまずであった。
P1040353_convert_20100130170110.jpg
犠牲祭壇への登り
P1040354_convert_20100130170154.jpg
犠牲祭壇からの眺望

ライオンのモニュメント、庭墓、トリクリニウム、ロ-マ兵の墓を通り、
大寺院の裏手を抜け、大きな1本柱へ。
遺跡内では、3色模様の天然石を売る少年少女を多く見かけるが、
1個1JDと異常に高く、探せば自分でも見つけられる。
その為、岳登は下ばかり向いて歩いている。
P1040364_convert_20100130170349.jpg
石を売る少女

ル-トに沿って歩いていると、凱旋門の裏手辺りを登る道がある。
やがて岩山の頂上に城跡・エルハビス城があった。
ここからはメインル-ト近辺の遺跡が一望。
先程登った犠牲祭壇の山頂も確認する事が出来た。

ここまで来る人は誰もいない。
”静かで最高の展望台”
正に穴場である。
P1040367_convert_20100130170438.jpg
エル・ハビス城からの眺望


つづく・・・



ブログランキングに参加中。『子連れ旅行』バナ-のクリックをお願いします。→にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



| '10中東編 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/129-6800c9eb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT