FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

西岸を歩く~中東編(9)

2009年12月28日
エジプト・ルクソ-ル~



ルクソ-ルでのお気に入りの店。
鉄道駅からエベレストホテルに向うマンシェ-ヤ通り沿いに2軒並んでいる。
1軒目タ-ゲン料理(壷焼き)の店。
壷焼きセットで10LE。
セットにはライス、パン、サラダ、ス-プが付く。
チキンハ-フ20LEもなかなかだった。
この店に2日間で3度訪れ、壷焼き料理を堪能した。
安くて美味い、その上量も多い最高の店であった。

その隣りのジュ-ス屋が2軒目のお気に入りの店。
さとうきびジュ-スが1LE。
マンゴ-、オレンジ、ミックス(カクテ-ル)ジュ-スが
1杯2LEと値段も良心的。
他ではなかなかこの値段はなく、どおりで地元の人も多い。
P1040215_convert_20100122224906.jpg
JHON WALDER Red Label
 ※Johnnie Walker赤ラベルのパクリ?


今日はホテルで朝食後、シャワ-を浴びチェックアウト。
バックパックをホテルに預け、ナイル川の畔まで歩く。
そこから公共フェリ-に乗り、西岸へ渡る。
乗合バスを捕まえ、道路が交差するチケット売場まで。
値段は足元を見られ、5LEを要求してくるが、1人1LEで運んでもらう。
そこから歩いてハトシェプスト女王葬祭殿を目指す。

通常はホテルからのツア-バス、タクシ-、自転車で訪れる地区だが、
目的地を1箇所に絞り、歩いてみることにした。
山歩きに比べればたいした距離ではない。
歩かなければ見ることの出来ない、ゆっくりと流れる景色を味わい、
地元の子供達とサッカ-を楽しみ、共に汗をかいた。

西岸を歩く
P1040221_convert_20100122225322.jpg
国際交流

そう言えばタイの山奥でも、カレン族の子供達とサッカ-をしたし、
フィリピンの山奥では、イフガオ族の子供達とバスケをした。
スポ-ツを通じた異国の子供達との交流、
これも僕等親子の旅のスタイルだ。
三人の少年_convert_20100126125410
カレン族の少年(タイ)-2008.1.1
国際試合_convert_20100126125246
イフガオ族の少年(フィリピン)-2009.1.1

ハトシェプスト女王葬祭殿までは1時間もかからず到着。
巨大な岩盤を背景に、それは堂々とたたずんでいた。
カルナック神殿が”列柱”ならば、
ここは”岩盤”に圧倒された。
3200年前の壁画も綺麗に残っていた。
P1040225_convert_20100122225555.jpg
背後の岩が圧巻!
P1040227_convert_20100122225635.jpg
ハトシェプスト女王葬祭殿
P1040229_convert_20100126131802.jpg
壁画

帰りは大通りに出て直に乗合バスを捕まえ、
あっさりフェリ-乗り場に戻ることが出来た。
バス代はいくらか聞かず、黙って1LEコインを渡しそれで通った。
やはり行きはボリだったようだ。
対岸に渡りス-クで土産物を物色。
お気に入りの2軒に別れを告げ、ホテルに戻る。
P1040235_convert_20100122225718.jpg
ロ-カルフェリ-、対岸が東岸
P1040238_convert_20100122225756.jpg
ス-ク

カイロ行きの夜行バスは夜6時集合。
まだ時間が相当残っている。
ホテルのロビ-を借り、子供と共に日記を書いている。
2夜連続の夜行で一気にヨルダンを目指す。
少しハ-ドになりそうだ。
P1040242_convert_20100122225828.jpg
マンシェ-ヤ通り


夜行バス(ルクソ-ル~カイロ)泊



ブログランキングに参加中。『子連れ旅行』バナ-のクリックをお願いします。→にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



| '10中東編 | 08:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

どもども。

お久しぶりです!
エルサレム、マダバではお世話になりました!
タムラです!
一昨日、日本に帰ってきました。今年はたくさん雪が降っとりますな~。
空港から山手線に出る電車の車掌が、雪のため車掌の帽子にビニール袋をかぶせていました。
それを見て、「おまえは正統ユダヤ人か!」と突っ込みたくなったのはいたしかたないことと思いますがいかがでしょうか。
そんなことはさておき、その壷屋並びにジュース屋!僕も3日間ほど通いましたよ~。
あの最後までアツアツで食べられるのがまたいいですよね。も一回食べに行きたいな。。
またちょくちょく遊びにきますね◎

| タムラ | 2010/02/04 15:23 | URL |

正統派ユダヤ人

キムラタムラさん、どうもお帰りなさい!

マンス-ルで別れた後、いかがでしたか。
そろそろメ-ル来ないかな、と首を長くしてお待ちしておりました。
そうですか、タムラさんも壺焼きの店と隣りのジュ-ス屋のファンでしたか。
中東はとても良かったですね。
ウンムアルラサ-スからマダバへのヒッチハイクは大変でしたけど。
僕は最後の日に例のカナ-フェ(タムラさんに教わった店)、それもフルでも食べようと店に向いましたが、丁度お祈りの時間で閉まっており、心残りのまま帰ることになりました。
ブログ応援して下さいね。
きっとタムラさんも見覚えのある景色や店がたくさん出てきますよ。
又、コメント下さいね。

正統派ユダヤ人、懐かしいですね!

| 夢追人 | 2010/02/04 15:57 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/123-d4a14e5d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT