FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

雪路


・・前回の続き


新聞少年は、やがて高校生になった。
『昭和』の時代が終り、時は新たな元号『平成』へと移り変わっている。
その移り変わりの日は、テレビでは昭和特集ばかりが流れ、子供にはとても退屈だった。

少年の家から高校までは、約20㌔の距離。
入学当初は他の学生と同じように汽車で通っていたが、いつの頃からか少年は自転車で通うようになっていた。
別に自転車が好きな訳でもないし、特別体力がある訳でもない。
家の長男坊だったその少年は、自分の家が貧しいということを子供心にも気にかけており、その経済的負担を減らそうと思ったのかもしれない。

そして少年が自転車通学に切り替えたもう一つの理由に、皆と同じように、毎日のほほんと汽車に揺られているのが心底嫌になったこともあった。
俺は俺、皆と一緒にしないでくれ・・という反骨心的な感情は、この頃から芽生え始めていた。
”その他大勢”ではなく、一つの個。
少年は決して人に流されることはなかった。

高校までは通常であれば片道1時間も自転車を漕げば着いたが、大変なのは冬場だった。
ここは雪国、豪雪地帯。
普通の感覚で言えば、冬に自転車に乗る人などいないし、そもそも乗ることすら出来ない。
しかし少年は片道2時間かけ、冬の間も自転車で通学した。
2時間のうち半分はサドルに跨ることなく、自転車を押し歩いていた。

冬の自転車通学の過酷さは、想像を絶するものがある。
歩道は完全に雪で埋まり、自ずと雪で狭まった車道を走ることになる。
しかしその車道ですら雪に覆われ、前後の車輪には直ぐに雪が詰まり、タイヤが回らなくなる。
その為、傘が必需品だった。
冬場の傘は差す為に持つのではなく、車輪に詰まった雪を先端で突き落す為のものである。

大雨の日も大雪の日も根気に自転車を漕ぎ続け、無事3年間の高校生活を終えた。
近所の爺さんや、少年の母親が勤める土建会社の社長さんは、少年が最後まで自転車で通い続けたことに感銘を受け、自分のことのように人に自慢していた。
少年にとって自転車通学は確かに大変だったかもしれないが、誰にも気兼ねすることもないし、少年の性格には合っていたのだろう。

サイクル



つづく・・
スポンサーサイト



| 思い出 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/1227-a8ae10f8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT