FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

真夜中の日本人~中欧周遊編(35)

2019年1月21日
~西安経由~上海



DSC00076_convert_20191212214031.jpg
真夜中の日本人


深夜0:39、気が付くと既に日付が変わっていた。
上海の空港へと降り立ち、楽しみにしていたファミリ-マ-トでの夕食。
物価の高い空港内にあるが、町のコンビニと価格は同じで、更に中国のコンビニは安い。
その上24時間開いているし、カ-ド払いも出来るので、乗り継ぎでも気軽に利用出来るのが嬉しい。
上海でコンビニに立ち寄る度に、来年こそは中国に行きたいな・・といつも思ってしまう。
おにぎりやカップラ-メン等、帰国後叶えたかった夢は大概ここで叶った。

カップ麺にお湯を注ごうと給湯器の前で使い方に迷っていると、同じ境遇の日本人らしき男性が隣に立っていた。
すかさず『日本人ですか?』と日本語で尋ねてみたら、やはりそうだった。
ここでは軽く挨拶や立ち話をしただけで終え、直ぐにナナの待つベンチに戻り、待望の食事へと至る。
食事を終え、先程出会った日本人男性の座るベンチへと移動し、隣に座り長話が始まった。

訊くところ、彼はスペインのカナリア諸島で3ヶ月間パラグライダ-をしていたらしい。
沖縄でサトウキビ採りをしたり、僕の地元である高山でもキノコ狩りをしていたそうで、何だかとても興味深い方だった。
珍しい者同士互いに興味を持ち、色々な話をしていたら、知らぬ間に2時間以上が経っていた。
ナナは隣で終始ニコニコしながら耳を傾けており、自分も一人前の旅人だという自覚が、その表情から溢れ出ていた。
その証拠に、こんなに遅い時間だというのに、珍しく眠そうにしていない。

一向に話は尽きなかったが、名残惜しく彼と別れ、3階の出発ロビ-で今宵の寝床を探す。
そして1:13、床に寝転がり目をつむった。
正しく”寝床(ねどこ)”、寝る床である。

DSC00079_convert_20191212214135.jpg
今日の寝床


昨夜21:20にチェコのプラハを発った、チャイナ・イ-スタン(中国東方航空)MU786便。
窓側の2人掛け席をナナと各々使えたのは良かったが、やはり中央の4人掛けシ-トを一人で占領し足を伸ばして熟睡している人を見ると、争奪戦に破れた悔しさが沸々と込み上げてきた。
その鬱憤を晴らすべく、離陸後最初の機内食では最初にビ-ルを2本まとめてもらい、食後の引き上げの際も1本もらった。
DSC00042_convert_20191213120217.jpg
機内食
DSC00043_convert_20191213120229.jpg
最初にビ-ル2本
DSC00044_convert_20191213120242.jpg
トレイの回収時に追加でもう1本

深夜0時を回り、ようやく寝に入る。
一応横にはなれているが、2席では体を伸ばし切れず、どこか不自然な格好になってしまう。
そして何時間か経過し、二度目の機内食が運ばれてきた。
ナナは僕の前の席に座っており、初めて自分一人で英語での対応をこなしていた。
DSC00045_convert_20191212213525.jpg
機内食
DSC00047_convert_20191212213543.jpg
頼れる翼、チャイナイ-スタン  ※以前は全く頼りなかった

食事を終え、やがてシ-トベルトサインが出た。
しかしそれは乱気流突入によるものではないことが、次第に周りの雰囲気から読めてきた。
どうやらこの機体は西安(シ-アン)に向っているようだ。
航空券の購入先でも、飛行機のチェックインの際も、乗り継ぎの話なんか全く聞いておらず、てっきりプラハから上海まで直接行くものと思っていた。
それに実際、往路がそうだった。

そして13:43、西安に到着。
僕はチャイナイ-スタンを利用することが多いので(大概一番安いので)、この飛行機を利用する場合は、北京、上海、青島、西安、昆明のいずれか1都市(或いは複数)乗り継ぐことになる。
中国への入国審査は知らぬ間に厳しくなっており、僕は顔写真で疑われ(昨年顔のイボを除去した為)、僕だけ両手全指の指紋まで取られ、本格的に怪しまれていた。
顔認証や指紋採取の機械が日本語で話しかけてきた時は時代の流れに驚いた。
DSC00051_convert_20191212213600.jpg
何故か西安  ※搭乗券は上海行きだし、乗り換えの話なんて全く聞いていない
DSC00052_convert_20191212213617.jpg
一度中国に入国し、国内線に乗り換える

その後の荷物検査もいつもと違って厳しく、どうしたんだ中国・・と似つかぬ対応に面食らう。
そして上海に向け、15:56テイクオフ。
結局飛行機は先程と同じ機体で、これならわざわざ飛行機を降りて面倒な手続きをしなくても、機内待機でもいいようなものだった。
込み合う機内で、今度は本来の自分の席に着く。
映画を鑑賞するが、フライト時間が短い為、敢え無く最後まで見終えることは出来なかった。
機内食は一度出たが、ビ-ルを頼んでも、『ない!』とあっさり断られた。
さすがはチャイナイ-スタン、以前はこれが当たり前だった。
DSC00054_convert_20191212213628.jpg
結局は同じ機体に、降りて乗る
DSC00055_convert_20191212213637.jpg
機内食
DSC00056_convert_20191212213705.jpg
間もなく上海

そして18時、上海浦東(プ-ドン)国際空港に到着。
到着ロビ-にてナナに2日分の日記を書かせ、3時間程過ごす。
楽しみにしているファミマがまだ開いているか心配だったが、結局24時間営業のようで、クレジットカ-ドも使えたので、ここぞとばかりに爆買いをした。
上海の空港はお湯や飲用の温水があるし、最近では以前のように夜中暖房を消されることもなく、空港泊に弊害はない。
以前よく寝ていたベンチは何やら食堂街になるようで、工事中だった。
適当な寝床を見つけ、足を伸ばして横になる。
周りさえ気にしなければ、床に寝転がるのが一番いい。
DSC00059_convert_20191212213732.jpg
上海浦東(プ-ドン)国際空港
DSC00060_convert_20191212213748.jpg
今日の日記
DSC00078_convert_20191212214041.jpg
ファミリ-マ-ト(全家)  ※中国のコンビニは利用価値大
DSC00061_convert_20191212213758.jpg
安くて
DSC00064_convert_20191212213832.jpg
美味い  ※日本ではセブンのコ-ヒ-くらいしか利用しない
DSC00065_convert_20191212213845.jpg
堪らず爆買い
DSC00069_convert_20191212213913.jpg
カツカレ-(14.2元)
DSC00071_convert_20191212213922.jpg
麻婆豆腐チキン(11.8元)
DSC00072_convert_20191212213932.jpg
さすが中国、飯だけは世界一
DSC00073_convert_20191212213943.jpg
カップ麺最高!  ※中欧のス-パ-では高くて手が出なかった


上海浦東国際空港泊-フリ-


ファミリ-マ-ト(カツカレ-14.2元、麻婆豆腐チキン11.8元、カップ麺6.8元×2、おにぎり3.5元×2)  計46.4元
スポンサーサイト



| '19中欧周遊編 | 10:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/1127-892c05e3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT